>
[Amazon] 地下鉄に乗って (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

地下鉄に乗って (講談社文庫)
地下鉄に乗って (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

地下鉄に乗って

おすすめ!3.6 [3.6](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:14507位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062645971(講談社)
地下鉄に乗って (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 3.6 [3.6]

浅田次郎もう少し読もうと思いまして。 なぜか避けて来た「蒼穹の昴」が目標です。 6年前まではずっと地下鉄通勤だったんで、地下鉄に愛着あります。 全部が普通電車ですよね。  大阪のメトロは戦後構築だけど、… このレビューの続きを見る

永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去”に行った… このレビューの続きを見る

 永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは三十年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精 力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去… このレビューの続きを見る

地下鉄に乗って

10:09:By 受賞本

 地下鉄に乗って  著者 : 浅田次郎  受賞歴 : 第16回吉川英治文学新人賞 受賞

JUGEMテーマ:読書  浅田節、全開。 主人公は、キャバクラ嬢向けの下着を作っている弱小会社の役員。しかし、実は、有名アパレルメーカーの創立者を父に持つ。跡を継いだのは三男。長男は、高校時代に父に背… このレビューの続きを見る

うおおおおっ!! 面白かった(>v<) 未来の人が過去に干渉して、未来を変えるてゆところは 少し嫌だったけど なんとゆか・・・・おとーさんがめっちゃかっこよ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:本の紹介 地下鉄を通るとタイムスリップしちゃう話。 落ちが感動的というよりかは「そんなぁ」って感じ。

浅田ワールド炸裂です。 家族愛と、SFの要素。 今回は、いつもよりもまじめな感じがしました。村上龍の『5分後の世界』なんかを思い出したり。。。そういえば、浅田さん、時代ものも書いてたなぁと思いださせた作… このレビューの続きを見る

電車通勤が始ったので、読書ブームも再加熱 家で面白そうな本を見つけたので読んでみました。 浅田次郎さんの「地下鉄(メトロ)に乗って」です。 すごい読みやすかった だけどジワーっと切なくなります。 父と… このレビューの続きを見る

永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。 ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。 さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。 だが封印された“過去”に… このレビューの続きを見る

あまり意味もなく手にしてみました。レビューはのちほど。

 評価は定価通り。  あまりの凄さに唖然。  地下鉄に乗ったらタイムスリップという設定は良いとして、たったの1ページでタイムスリップしたことに納得してしまう主人公の人格は無いなあ。SFなので設定に… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;地下鉄に乗って 浅田 次郎 通いなれた駅。永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこには三十年前の風景が広がっていた。 ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れたが為に、真次は過去を変えようと… このレビューの続きを見る

母のお友達がこの映画のDVDを見て、あまりに面白くて本まで買っちゃった   ↓ その本を母が借りてきた   ↓ 私が借りた。 という経緯で読んだ本です。 ちなみに私、この映画はまだ観てません。 あま… このレビューの続きを見る

あぁ・・・期待してたのに。(意気消沈 何となく「ALWAYS 三丁目の夕日」的なのりで、 最後に「父さん、あなたを父親に持てて幸せでした!」とか、 主人公が臭いセリフを言っちゃうのかな?(妄想しすぎ) とか… このレビューの続きを見る

3.6

地下鉄(メトロ)に乗って

21:21:By

浅田次郎です。これがあたりだった。タイトルの雰囲気、映画化された雰囲気(見てはいないが、岡本綾がヒロインというのと堤真一という組み合わせがどう考えてもいただけなかった)がどう考えても私の好みではなか… このレビューの続きを見る

旧試願書用の証明写真が仕上がるまで空いてしまった時間をつぶすために購入。 簡単に言うと、主人公がタイムスリップし、自分が知らなかった若かりし父のと出会う…というストーリー。父子の愛憎と葛藤が巧みに描… このレビューの続きを見る

関連する商品