>
[Amazon] ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)
ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

ペルシャ猫の謎

3.2 [3.2](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:40000位
  • Amazon価格:¥ 596
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062734508(講談社)
ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.2 [3.2]

【有栖川有栖 講談社文庫】 帯。 「買いなさい。損はさせないから」 が、作中のアリスのセリフとは。 どうりで大胆な帯だと思った。 しかし、作中のアリスはあまり売れっ子ではないという設定のはず。 … このレビューの続きを見る

 本日、ペルシャ猫の謎を読了しました。  内容は短編集。切り裂きジャックを待ちながら、わらう月、赤い帽子や表題作ペルシャ猫の謎など異色作満開の作品ばかり。内容的に異色なのは表題作と二つの掌編でしょ… このレビューの続きを見る

最近読み始めた、有栖川有栖さん。 何かの短編集で気になって読み始めたのですが、 クセが強すぎず、すいすい読めて心地いい。 全部を書ききらず、重要な内容の終わり(事柄の終わりでなく)で 話が終わるのもうれしい。 無駄のない短編集です。 国名シリーズだとか。

ペルシャ猫の謎 有栖川有栖 講談社ノベルス/文庫 国名シリーズ第5弾。 短編集。 「切り裂きジャックを待ちながら」 「わらう月」 「暗号を撒く男」 「赤い帽子」 「悲劇的」 「ペルシャ猫の謎」 「猫と雨と助教授と」 以下微妙なネタバラシしてます。 未読の方は要注意。

出版社/著者からの内容紹介 「買いなさい。損はさせないから」話題騒然の表題作。「ペルシャ猫の謎」。血塗られた舞台に愛と憎しみが交錯する「切り裂きジャックを待ちながら」、名バイプレーヤー・森下刑事が主役となって名推理を披露する「赤い帽子」など、粒よりの傑作集。 〈国名シリーズ〉第5弾、火村・有栖川の名コンビはパワー全開!

関連する商品