>
[Amazon] 亡国のイージス 上 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

亡国のイージス 上 (講談社文庫)
亡国のイージス 上 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

亡国のイージス 上

おすすめ!3.6 [3.6](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:100392位
  • Amazon価格:¥ 751
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062734931(講談社)
亡国のイージス 上 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.6 [3.6]

【亡国のイージス [ 真田広之 ]】見ました   JUGEMテーマ:最近みた映画   アマゾン  

 このタイミングで読めて良かったのかも。 「守るべき形を失った国」「偽りの平和に侵された民」「よく見ろ日本人。これが戦争だ」などなどの言葉に、頭ぶん殴られた思いです。でも・・・。国を守るために末… このレビューの続きを見る

亡国のイージス

21:09:By 受賞本

 亡国のイージス  著者 : 福井晴敏  受賞歴 : 第122回直木賞 ノミネート         第53回日本推理作家協会賞 受賞         第18回日本冒険小説協会大賞 受賞         第2回大藪晴彦賞 受賞         2000年このミステリーがすごい! 3位         1999年傑作ミステリーベスト10 3位

 「GUSOH(グソー)」と呼ばれる毒物兵器を巡り、各国・各人の思惑が交差する。  戦争を忘れた日本人の主体性のあり方を問うている。口を開ければ「日米安保堅持」を唱える人たちに対しても、お題目のように憲法9条を唱えれば平和が訪れると勘違いしている人たちに対しても、日本を一体どういう国にしたいのか、主体的にその方向性を示せと言いたいんだと思う。読む者に覚悟を迫る。

   在日米軍基地で発生した未曾有の惨事。最新のシステム護衛艦“いそかぜ”は、真相をめぐる国家間の策謀にまきこまれ暴走を始める。交わるはずのない男たちの人生が交錯し、ついに守るべき国の形を見失った「楯… このレビューの続きを見る

在日米軍の基地に密かに隠してあった新兵器(国家機密!)が、北朝鮮のテロリストに渡り、そのゴタゴタに海上自衛隊のイージス艦が巻き込まれ・・・・・・。みたいな話です。 はっきり言ってスゴイです。もんのすごいで… このレビューの続きを見る

在日米軍基地で発生した未曾有(みぞう)の惨事。 最新のシステム護衛艦《いそかぜ》は、真相をめぐる国家間の策謀にまきこまれ暴走を始める。 交わるはずのない男たちの人生が交錯し、ついに守るべき国の形を見… このレビューの続きを見る

関連する商品