>
[Amazon] 火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)
火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

火怨 上 北の燿星アテルイ

おすすめ!3.6 [3.6](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:17712位
  • Amazon価格:¥ 907
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062735288(講談社)
火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.6 [3.6]

3.6

「火怨」

21:23:By 感想文

これは良い!かなりいい!胸熱とはこのことですね! 素敵な最期すぎて、溜息しか出ませんでした。 主人公の阿弖流為が天然の人たらしというか、 阿弖流為の言葉で、周りの人の心が動かされ、一つになり、決意し… このレビューの続きを見る

 獣同然と蔑まれながらも、陸奥の地で平和に暮らしていた蝦夷だったが、その地で黄金が採掘されたことが彼らの運命を変えた。黄金を求めて陸奥を支配しようと戦いをしかけてくる朝廷側に、蝦夷の若武者アテルイとその仲間たちが立ち上がる。朝廷軍の前線基地である多賀城、伊治城を焼き討ちし、蝦夷の平和と誇りを取り戻すための長い戦いの幕は落とされた…

「火怨 上」

20:43:By moji*lib

古代蝦夷の阿弖流為(アテルイ)を主人公に、坂上田村麻呂の蝦夷平定までを描く歴史ロマン・・・らしい。まだ上巻しか読んでないのでまだ田村麻呂さんは出てきません。 大仏建造のため、大量の金が必要となり、朝… このレビューの続きを見る

先月の読書本。 おもしろい!! 東北好きだと語ったら ひとから薦められた。 長編だけど飽きない。 面白いのは書きたいこと以外の瑣末なことは 全く描かれないこと。 例えば阿弖流為たちの恋愛とか。 人は特に好むんだろうけど、そこは さらっと程度でいつの間にやら子どもがいる。 その反面つらすぎるラストの描写は 全く容赦なく克明に書ききる。 なんて潔いんだろう、なんて思った。

最近、部長にやっと許可されて、念願の読書部に入部できました。 今月で解雇されないように、一生懸命投稿します。 しょっぱななので、個人的に大好きな火怨をご紹介します。 まずは、この本を読んだ反響を… このレビューの続きを見る

火怨

16:33:By 学(ぼ)ぶログ 

 蝦夷の英雄アテルイを描いた大作。20年以上にも渡った蝦夷と朝廷との闘いと蝦夷の魂が描かれている。惜しむらくは、蝦夷の生活観(食事、日々の生活)があまり描かれていないのと、この著者は女性を描くのが… このレビューの続きを見る

火怨

15:00:By 受賞本

 火怨  著者 : 高橋克彦  受賞歴 : 第34回吉川英治文学賞 受賞

辺境と蔑まれ、それゆえに朝廷の興味から遠ざけられ、平和に暮らしていた陸奥の民。八世紀、黄金を求めて支配せんとする朝廷の大軍に、蝦夷の若きリーダー・阿弖流為は遊撃戦を開始した。北の将たちの熱い思いと民… このレビューの続きを見る

関連する商品