>
[Amazon] 麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
麦の海に沈む果実 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

麦の海に沈む果実

おすすめ!3.6 [3.6](33件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:135618位
  • Amazon価格:¥ 785
  • ユーズド価格:¥ 3
  • ISBN/ASIN:4062739275(講談社)
麦の海に沈む果実 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(33件) 3.6 [3.6]

北海道の湿原地帯、「青の丘」という山の上に全寮制の学園があった。 学園は三月に新学期が始まることから、通称「三月の国」と呼ばれていた。 学園には、とある噂がある。三月以外の転入生は破滅をもたらすとい… このレビューの続きを見る

3.6

麦の海に沈む果実

13:21:By 感想文

恩田陸先生の作品は今までもいくつか読んできたのですが、さすがというか、表現、描写に対しては凄いなといつも思わされます。 正直ストーリーはあまり好みではない事が多いのですが、心理描写の面でハラハラドキ… このレビューの続きを見る

麦の海に沈む果実

13:31:By planet17

内容(「BOOK」データベースより) 三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を… このレビューの続きを見る

「三月以外にやってくる転入生は、学園を破滅に導くだろう」 そんな伝説を持つ学園に、二月に転入してきてしまった謎の少女水野理瀬。 浮世離れした学校に、浮世離れした校長と生徒たち。 そして摩訶不思議な出来事… このレビューの続きを見る

ここは完璧に作り上げられた三月の国。 『麦の海に沈む果実』 恩田陸    この間読んだ、『朝日のようにさわやかに』の 一番初めの短編の元のお話。 読み始めて変な既視感。 どっかで読んだことあったけ… このレビューの続きを見る

旅行で釧路湿原に行くにあたって再読。 聖地巡礼ですが何か!(キリッ

3.6

麦の海に沈む果実

02:08:By egmmmwk

恩田陸という人がなんとなくわかった気がしました。読む人あっての小説です。まんまとのせられてしまった。

3.6

 

19:39:By しょんぼり灯るよ。

  昨日は仕事から帰ってきて本読んでたら、気づかないうちに爆睡(・ ω ・)ヌーン 今日はお昼にもそもそ起き出してシャワー浴びて、あったかい格好してゴロゴロしたり家のことしたりしてました。ほんとは買い物… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷いこんだ「三月の国」の秘密とは?この世の「不思議」でいっぱいの物語。

日付弄り再読。世界観が好き。寮生活、閉ざされた世界。優れた少年少女。恩田陸はホラーとかミステリとかいうよりファンタジーだと思う。だから好きな作品、興味を持てない作品にわかれるんだろうな…もっと彼女の書く青春ものが読みたい。

恩田作品、数作目にして初めてのアタリ。これはとてもおもしろかった。独自のワールドが展開されるが、ミステリーのようなファンタジーのような、で楽しめる感じ。舞台が学校だからファンタジーに感じるのだろうか。人が死ぬのに。理瀬ちゃんシリーズはほかにもあるらしく、先輩が貸してくれるそうな、楽しみ。今は東野圭吾の新参者を読んでいます。なかなかおもしろい。

記憶が交錯する幻惑的な雰囲気のプロローグと、少女趣味で閉じられた世界観のジュヴナイル風ミステリーの本編と、夢から醒めてしまったようなエピローグ。特に最後の種明かしとそれまでのギャップがすごい。理瀬の… このレビューの続きを見る

湿原に建てられた全寮制の学校。必要なものはすべて揃うゆえ、私物の持ち込みも限られていて、外泊にも理由が必要。陸の孤島。 生徒は「ファミリー」と名付けられたグループを中心に生活するのだが、理瀬が配属さ… このレビューの続きを見る

3.6

麦の海に沈む果実

07:31:By yucco

三月以外の転入生は学園を破滅にもたらすだろう。 そんな伝説のある学園に2月の最後にやってきた主人公、理瀬。 彼女の周りで巻き起こる事件たちの真相は? 三月の国の秘密とは? ----------------- 分厚いか… このレビューの続きを見る

読んでると妙な浮遊感を感じるというか頭だけ重くなって水につけられた感じ。 うっすらグロテスクな感情が見え隠れするところが(・∀・)イイ!

 ≪内容≫ 三月以外の転入製は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷い込んだ「三月の国」の秘密とは?この世の「不思議」でいっぱいの物語。 背表紙より

麦の海に沈む果実 恩田陸 講談社 「三月は深き紅の淵を」第4章で 「三月」というタイトルの物語を書こうとして構成を練っている視点人物の語りとは別に 断片的に挿入されるエピソードに関連する物語。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日々徒然 理瀬という14歳の、事故で記憶を失った少女の学園王国での物語で 事件がたくさん起こるので、ミステリなのかもしれないけれど、 なんとなく非現実的な物語はファンタジーに近い気がする… このレビューの続きを見る

ミステリ色が強い…… もっと学園もの風味が強いほうが好きだ タイトル覚えられないwww 三月は〜も読んだほうがいいかしらん。

「三月は深き紅の淵を」に関連していて 時期的には「黄昏の百合の骨」の前。 理瀬シリーズとも言われる作品群の1冊目です。 危うくて、現実離れしていて、ドキドキしつつ、冷静。 登場人物も魅力があり、さす… このレビューの続きを見る

出版社/著者からの内容紹介 三月以外にやってくる転入生は、学園を破滅に導くだろう。 湿原に囲まれた全寮制学園。謎の失踪をとげる生徒たち。奇妙な学校行事と、図書館にあったはずの謎の本。──夜と昼をあやつ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 不思議な湿原の中にぽっかりと浮かぶ、全寮制の学園。 まず、この学園に惹かれてしまう・・・(笑) 外界から隔離されたこの学園、昔の修道院を改築した建物。 迷路のように複雑な… このレビューの続きを見る

三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつ… このレビューの続きを見る

≪内容≫ 三月以外の転入製は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷い込んだ「三月の国」の秘密とは?この世の「不思議」でいっぱいの物語。 背表紙から拝借

講談社文庫 / 2004年1月15日初版 / 714円 三月以外にやってくる転入生は、学園を破滅に導くだろう。 湿原に囲まれた全寮制学園。謎の失踪をとげる生徒たち。 奇妙な学校行事と、図書館にあったはずの… このレビューの続きを見る

三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。 二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。 閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。 生徒を集め交霊会を開く校長。 図書館から消えた… このレビューの続きを見る

読書期間:2007/8/3〜2007/8/5 三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷い込んだ「三月の国」の秘密とは?この世の「不思議」でいっぱいの物語。

とある全寮制の学園で繰り広げられる学園ミステリです。 主人公はそこの学園に新たに編入してくる少女で、 学園が舞台になってるので、学園モノが好きな人には 楽しめる内容になってるんじゃないかと。 雰囲… このレビューの続きを見る

いや〜もう一気に読みました。 さすがに恩田ワールド!! 恩田さんは「6番目の小夜子」といい 「ネバーランド」といい学園モノが素敵です('▽'*) 通称3月の王国と呼ばれる不思議な学校には 3月以外の新転入生はタブーであった。 そこに2月の最後の日にやってきた少女、理瀬。 周りのこの人たちは、そして自分は一体何者なのか…。 個人的に黎二がかなり好きでした 爆

友がイロイロまとめて貸してくれたのですが、前に読んだ本の続きと言うのか、関連があるようなので、まずこの本をチョイス。 前のを読み返してからにしようかなと思いつつ、読み始めてしまいました。 どう… このレビューの続きを見る

三月以外にやってくる転入生は、学園を破滅に導くだろう―― 『三月は深き紅の淵を』の外側第四章『回転木馬』で、なんの前触れもなくとぎれとぎれ挟みこまれていたエピソード「三月の国」の物語の完全版です。 その… このレビューの続きを見る

関連する商品