DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 13階段 - 高野 和明 のレビュー全31件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 13階段 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

13階段 (講談社文庫)
13階段 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

13階段

おすすめ!3.6 [3.6](31件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:2836位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:406274838X(講談社)
13階段 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(31件) 3.6 [3.6]

13階段

14:32:By DB Error: unknown error

犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。処刑までに残された時間はわずかしかない。2人は、無実の男の命を救うことができるのか。江戸川乱歩賞史上に燦然と輝く傑作長編。

3.6

息をもつかせぬ

23:12:By いちり帳

久しぶりに読書をしたなって感じがするくらい夢中で読みました。高野和明氏著「13階段」最近「ジェノサイド」とう小説が文庫化になったじゃないですか。以前から高野氏の本を読んでみたいと思っていたのですが、こ… このレビューの続きを見る

高野和明著「13階段」講談社文庫プールにちゃんと通い始め、電車の中で本を読む習慣が戻ってきた。この本はだんなさんの会社のおねえさんが貸してくれた本。カバーがかかっていたのであらすじを読まずに読み始め… このレビューの続きを見る

3.6

13階段

22:26:By ++ ヲチ後感想文 ++

映画「真夏の方程式」の原作の話をしていた私に、職場の友人が貸してくれた本。 うん、ザッツ・エンタテイメント。 3時間強で一気に読み切ってしまいました! 「金田一少年の事件簿」的な、色んな事件が主人… このレビューの続きを見る

  Blogに本の感想を書いていると 知り合いから「こんな本が面白いよ」とか声を掛けて頂き。 本を貸して頂く事が多いです。 これもBlogを通じた「マインドシェア」のおかげです。 貸して頂く本の殆どは自分が… このレビューの続きを見る

パパドルおもしろかった♪ 現在は、5LDKなぅ。TOKIO兄さんたち、最高に楽しい。 松岡くんは復帰したみたいだし。 今日のWSでみたよ。ちゃんと水分補給してサウナに入ってください。 また、今日も文庫本紹介ってこ… このレビューの続きを見る

ある死刑囚の冤罪をはらす為、 刑務官のおっちゃんと前科が有って仮釈放中の青年が 真実を見つける為に頑張るって話。 死刑囚は記憶を失ってるし 死刑執行まではもう時間ないし 凶器はまだみつかってないしで ハラハラドキドキ、死刑制度ってどうよ?? って内容でなかなか楽しかったです。 ザ・ミステリーですね。

13階段

22:32:By ★ Love * Smile ★

死刑執行目前の死刑囚の冤罪を晴らすために奮闘する人たちのお話です。 面白かったです。少しずつ真実に近づいているような・・ でも予想外に話は展開して引き込まれました。

  ドキドキするし、まさかの展開だし、社会的問題も混じってるし、 よくできていてあっという間に読めるけど、 あまりにも「できすぎていて」リアリティを感じられず。 そんな偶然あるー?とか、上手くいきすぎじゃーん?とか。 いや、面白かったんだけどね。 途中で、以前読んだことある、と思い出しました。

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆(3.5/5) あらすじ 犯行時刻の記憶を失った死刑囚。 その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。 だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った… このレビューの続きを見る

3.6

高野和明【13階段】

04:34:By

コレ読んだ当初はもの凄い衝撃を受けて人に勧めまくった気がする。どんどん読み進めてしまう展開力といい、ハッと思う仕掛けといい……。新人が書いたということも知らずに純粋に面白いと思った。そう考えるとコレがデビュー作って凄いことだなぁ。

非常によく調べられているし、話も練られている。伏線もうまく効いているし。三上の指紋が発見されたことについて、「成功報酬のために自分が代わりに真犯人になろうとしている」と思うところが不自然すぎる。ここの部分だけが残念な感じ。JUGEMテーマ:書評 

3.6

13階段

20:51:By

 東野圭吾を続けざまに読んで、”ある程度読者の想像にまかせる”的な本にちょっとモヤモヤしていた。ネット検索で”スッキリ ミステリー”で検索したところこの本が紹介されていたので読んでみた。私の中でけっ… このレビューの続きを見る

読了。なんだか最近は当たりを多く引けているようでラッキー。適当にブックオフで手に取った105円の本がこんなに面白いとは。江戸川乱歩賞は外れが多いからなあ……(えー なんだかおどろおどろしい題名ですが、ホラ… このレビューの続きを見る

死刑制度について深く考えさせられる。 特に執行の場面と、自分の手を下す刑務官の心理がリアル。 といっても実際の刑務官の感情は分からないけれど。 日本は死刑制度がある国なのに、 みなそのことに口をつぐん… このレビューの続きを見る

13階段

13:52:By 受賞本

 13階段  著者 : 高野和明  受賞歴 : 第47回江戸川乱歩賞 受賞         2002年このミステリーがすごい! 8位         2001年傑作ミステリーベスト10 2位

 「13階段」  高野 和明 著 犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:注目★BOOK 4冊目、今日は2冊つづけての紹介だぞー こちら、第47回江戸川乱歩賞受賞作 ちなみに、第46回はあの、「脳男」なのだ。 「脳男」は家のトイレのカゴ(雑誌入れ)ほこりをか… このレビューの続きを見る

3.6

13階段 (講談社文庫)

15:25:By

犯行時刻の記憶を失った死刑囚。 その冤罪を晴らすべく刑務官・南郷は、 前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。 だが手掛かりは、 死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。 処刑までに残された時… このレビューの続きを見る

『13階段』

13:48:By Proc Blog

JUGEMテーマ:読書  今年4冊目。

 【あらすじ】 事件当時の記憶を失ったまま、死刑判決が下されてしまった樹原。 しかし、彼にはまだ冤罪の可能性が残されていた。 弁護士の依頼を受け、刑務官・南郷と、犯罪を犯し、出所したばかりの 青年・… このレビューの続きを見る

高野和明 / 13階段

00:57:By ドクログ

採点: 7.5点 傑作。一気に読んでしまった。構成も流れも設定も見事である。また物語に込められたテーマも深く、読後、読者が考えさせられる小説であった。江戸川乱歩賞を満場一致で獲得したこともうなづける。 … このレビューの続きを見る

ある犯罪者の冤罪を晴らすために 真相を追う刑務官と青年。 青年は刑を終えたばかりの前科者。 犯罪を犯すこと。刑に服すこと。 死刑を受ける人間、執行する人間。 世間で再び生きること。 重く、深いテーマの名作。

13階段

20:58:By ぶくわむ

エンジンがかかるまでがちょっと辛かったけど、(テーマの雰囲気的にもね)法や倫理上での善悪を考えたりするのは好きなほうなので、おもしろいと感じました。 ある死刑囚の冤罪を晴らそうとする話です。 死刑を… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 とある殺人事件の冤罪を晴らすために、 誤って人を殺してしまい保護観察中の主人公と 死刑について悩む刑務間が謎を解き明かしていく物語。 改悛は何を基準にして、改悛と呼べるのか? 今、行われている死刑執行はほとんど違法行為であることや 日本の死刑制度について考えさせられる話でした。

13階段

21:09:By TERRA

とりあえず感想を書いておくよ。 書きにくいけど。 ベテラン刑務官と仮釈放中の男の人が、 冤罪の死刑囚の無実を証明しようと色々頑張る話です。← お話メインていうより色々訴えてるんだろうね。制度とかに。 国… このレビューの続きを見る

3.6

13階段

11:00:By Life〜気の向くままに

死刑囚の心理って 話はリアルな死刑執行の描写から始まる。 記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすために、元刑務官と仮釈放中の少年の二人が事件にせまっていく。 あまり知ることのない日本の刑務所や死刑制度のこ… このレビューの続きを見る

題名見て、恐そうだと思ったけれど、 宮部みゆき氏絶賛!って帯に書いてあったし、ホラーの恐さ以外なら大丈夫だから、読んでみました。 死刑制度の問題を扱い、 犯罪者になり被害者になり、苦しみ、悲しみ、 … このレビューの続きを見る

13

21:16:By .uoo*blog

●最近の通勤の友。終盤に差し掛かり、「あ、もう駅に着いてしまったか!」と思えるほど面白くなってきました。まさか、まさか……!

................................  江戸川乱歩賞史上に燦然と輝く傑作長編。  樹原亮は無実の死刑囚だった。7年も辛い思いをしている。いつ死刑が執行されるかも分からない。死刑を執行するのには13人の官僚の… このレビューの続きを見る

13階段

02:24:By 黒猫裏通り

友達にススメられて読んだ一冊。 ファンタジー小説と並んであまり読まないジャンルなんで 友達にススメられなかったら多分読む事は無かったハズですが。 これは確かに当たりでした!! 元刑務官と前科… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品