>
[Amazon] 風の歌を聴け (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

風の歌を聴け (講談社文庫)
風の歌を聴け (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

風の歌を聴け

おすすめ!3.3 [3.3](33件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:5238位
  • Amazon価格:¥ 429
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062748703(講談社)
風の歌を聴け (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(33件) 3.3 [3.3]

Amazonでの紹介文(内容説明) 一九七〇年の夏、海辺の街に帰省した“僕”は、 友人の“鼠”とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。 二人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうち… このレビューの続きを見る

村上春樹好きの知人にオススメを聞いてみた。 (何事もそれを好きな人に聞くのが一番と思ってる) 青春三部作が良いと言う。

  村上春樹が読みたくて、でもなにから手をつければいいかわからなかったから、とりあえずデビュー作。短いしすぐ読めた。むずかしいむずかしいって言うもんだから、ものすっごいやつを想像してしまって、気張… このレビューの続きを見る

 村上春樹小説に手を出してしまったので、これはどんどん読んでしまいたくなるのは 最初に読んだ作品が自分に合っていたからで、これは仕方のないことだ。 他にまだ読めていない本が山積みになっているなか、… このレビューの続きを見る

ポッドキャストサブカル野球拳、第4回テーマは小説です。 いつもの三人で、下記の作品について語っています。 …が、脱線もたくさんしています。収録は池袋GEKIBAです! ・ノベライズ全般(マツイシさん Twitter:h… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [村上春樹] 買取価格:¥40 * 2010年4月26日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数ごとに★★★★もれなく買取点数ボーナスプレゼントキャンペーンを実施中★★ 本・CD・DVD・ゲームソフト・おもちゃ・LEGOの買取は楽珍堂

風の歌を聴け

10:36:By 受賞本

 風の歌を聴け               映画化  著者 : 村上春樹  受賞歴 : 第22回群像新人文学賞 受賞         第81回芥川賞 ノミネート         第1回野間文芸新人賞 ノミネート

JUGEMテーマ:読書<前々回(風の歌を聴け 【BTAB 2nd -1】)を読む<前回(風の歌を聴け 【BTAB 2nd -2】)を読む「若者のリアル」は昔も今も世界も超えてZhi-Ze: もし、『風の歌』を春樹とは違う方向でハードボ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書<前回(風の歌を聴け 【BTAB 2nd -1】 )を読むみんな、春樹が好きなんだちゅうた: やあ。あのさ、文芸サークルとかオンライン小説とかにね、触れているとさ。ちゅうた: やっぱみんな、春樹が好… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書「ナナヨン・ナナゴ・ナナロク」のメンバーが課題図書を読んで、意見を戦わせるチャット読書討論会「Battle Talk About Book」(略称「BTAB」……タイトルは今、適当に付けました。今回もタイトルは変わりませんでした。第2回目の課題図書は村上春樹の『風の歌を聴け』です。

1970年の夏、海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。二人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦… このレビューの続きを見る

「そんな風に見えるのさ。昔からそんな気がしたよ。優しい子なのにね、あんたにはなんていうか、どっかに悟り切ったような部分があるよ。・・・・・・別に悪く言ってるんじゃない。」 「わかってるよ」 「ただね、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:注目★BOOK 今日は雨ですね。 雨の日曜日ということもあり客入りは好調です。 嬉しいですねぇ。 多分、お昼から忙しくなるから早めに休憩を取っています。         今回紹介するのは『1Q&n… このレビューの続きを見る

3.3

風の歌を聴け

16:25:By Voiscope

なんだかんだ言って、この本が一番好き。

この前ノルウェイの森を読み、村上春樹の小説にはまってしまった ゴールデンウィークを利用してたくさんの本を読もうと思う ま〜金も無いので節約の意味もこめてだけど そんな中、村上作品は次は何を読もうかな… このレビューの続きを見る

内容 29歳の僕の最後の夏休み、さびれた海辺のジェイズ・バー、レコード屋の女の子、金持ち嫌いの友だち鼠、煙草とビールと昔寝た女の子、それから米作家のデレク・ハートフィールドのどうしようもない文章と書くことのどうしようもなさについての話。

 なんか爽やかで好きだった。 前、村上春樹を読んだ時は あんまり好きではなかったんだけど、 これは、雰囲気も、出てくる人も、さらっとしていて好き。 あと村上春樹独特の考え方書き方みたいのも ちゃんと追っていける感じ。 けど、21歳ってあんなじゃない気がする。笑 今の21はたぶんもっと幼い。 あの人はちょっとおっさんぽい気がする(ひどい)

3.3

風の歌を聴け

19:44:By Insomnia

さらりと読めますが、心にグッとくる箇所が沢山あります。 特に会話文が印象的で最高! また、「彼女」が呟いた一言一言にこめられた 「彼女」の思いに胸がしめつけられました。 何度も読み返したい本です。

3.3

風の歌を聴け

20:28:By 深海音楽堂

 どこかの本で読んだこと。 デジタルカメラは記録手段、記録密度としてはフィルムカメラを既に超えた。しかしフィルムにはどうしてもデジタルでは超えられない壁がある。それはフィルムにはデジタルでは… このレビューの続きを見る

会社の同僚から”村上春樹”さんの小説を借りて、読み直しています。 (実はだいぶ前に借りて、しばらく放置してあったのである)  一作目「風の歌を聴け」のファーストインプレッションは・・・ う〜ん、よく… このレビューの続きを見る

村上春樹はすごくすきなのだけど、 この小説はその中で割と上位にくる。 淡々としている中にも、濃いエピソードがつまってて、 小説の中にいるような気分になる。 「パチンOFF」っていう表現がすごい。 「あ… このレビューの続きを見る

T田のあーちゃんに村上春樹をどっさり借りました。 最近、読書熱薄くて読み進めてなくてごめん これはずいぶん前に読み終わりました。 なんか、最初よぅわからん文章の連なりだなぁと思ってたら、 気がついたらきちんと物語が進んでました。 つかみどころなくてよくわからーん。 わからーん。

3.3

風の歌を聴け

13:37:By TAKUMA BOOKS

JUGEMテーマ:本の紹介「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」 このような冒頭から始まるこの作品は、20代最後の年を向かえた主人公「僕」が、8年前の出来事を振り返… このレビューの続きを見る

有名な作家のデビュー作というと読んでみたくなります。 といっても、村上春樹氏の作品はあまり読んでいないので、 今とどう違うかわかりません。 ノルウエーの森を読みたいと思いつ、まだですし・・ これ、男の人が読んだほうが共感もたれるのかしら。 その時代のこともよくわからないし、 ちょっと退屈でした。

3.3

風の歌を聴け

04:20:By 音楽と言葉

村上 春樹のデビュー作。 海外文学の翻訳のような、洗練された文体で記憶のような 曖昧なストーリーが紡がれる。

3.3

風の歌を聴け

23:27:By ユメノアトニ

ただなんとなく春樹が読みたくなって、手に取ったら デビュー作の本でした。 ノルウェイの森以来の村上春樹だったけどやっぱり読みやすいです。 半日で読んでしました!個人的には好きです。あたしは小説は、女… このレビューの続きを見る

............................  一九七〇年の夏、海辺の街に帰省した“僕”は、友人の“鼠”とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。  二人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてや… このレビューの続きを見る

1973年のピンボール 羊をめぐる冒険〈上〉 羊をめぐる冒険〈下〉 ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 ダンス・ダンス・ダンス〈下〉 「青春四部作」だとか、「初期四部作」だとか、色々呼び名… このレビューの続きを見る

3.3

風の歌を聴け

16:24:By Kousyoublog

村上春樹のデビュー作。 僕、鼠、四本指の彼女、DJ、一番目から三番目までの寝た女の子たち、ジェイ、登場人物たちみんなの存在と会話と風景とが、絡み合わずにただそこに居て、その全てが"僕"の1970年8月8日か… このレビューの続きを見る

今年もまた読み返しました・・・ 19歳の時に読んで衝撃を受けて以来、 半年〜1年に一度くらいのペースで、何度も手にしている小説です。 <<<<編集中>>>>

3.3

風の歌を聴け

22:19:By 崖petit倶楽部

DEKOさんに今借りている本。 2冊、読み終わりましたが、 20歳のコロに一度 読み 40歳にまた読む。 60歳でもう一度読むともっとおもしろいかもしれない。 確かに「ノルウエーの森」とは違うな 基本が。 これとは姉妹品なのか 1973年のピンボールも読んだ。 この歳に読むから面白いかのかもしれない。

3.3

風の歌を聴け

21:46:By T_plus!

読みやすい文章でさらっと読めました。 でもとらえどころがなくてこ〜あんまり覚えてない(゚ε゚)………。 それでも去年の内に読んだはずなんですけど、なんとなくしか情景が思い出せません。 でも読んでる時はおもし… このレビューの続きを見る

3.3

風の歌を聴け

22:05:By Crystal * kiss

おもしろかった。フィクションなのかノンフィクションなのかわからないように…ぼかしてある感じが新鮮だった。 僕が僕だったのか、鼠だったのかはわからないけれど。前に読んだときより、本の意味がわかったと思う。短かったし、さくっと読めた。ページをめくりだすと止まらなかった。 基本的に男の人の本は堅くて読みずらいから、好きなで本も敬遠してしまいがちだけど、村上さんの本はやっぱり素敵だった。

関連する商品