>
[Amazon] 蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
蒼穹の昴(1) (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

蒼穹の昴(1)

おすすめ!4 [4](21件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:11210位
  • Amazon価格:¥ 691
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062748916(講談社)
蒼穹の昴(1) (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(21件) 4 [4]

感想「蒼穹の昴」1

19:14:By PARADE

私なんぞが何をーって話なんですけどね……。 すっごい面白かったし、宦官のこととか色々な背景も知ることができた。 さらに、一度振り仮名を振り終えるとその後出てこない作品は 何て読むか忘… このレビューの続きを見る

清朝末期の世界と主人公たちを知りたくて読書。清朝末期の世界観が迫ってくる。2人の主人公の生い立ちと出会いなどが描かれている。時代は、清朝を大きく揺るがす時代へ突入していくので2巻以降の展開が楽しみとな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書こんにちは。NHKでドラマ化されていましたが、『蒼穹の昴』全4巻、読破しました。ドラマをとびとびでしか、見ていなかったので、読書。壮大です。毎度のことですが、中国の圧倒的な歴史には驚かされます。もっと知りたいと思う国です。

 ごぶさたでした。3月の大震災のあとは、ほんとうに何も書けなくなってしまって。お亡くなりになった方々や、被災された方、原発の事故で、今も苦難をしいられている方々のことを祈りつづけています。娘が福… このレビューの続きを見る

デモがまたあったそうで、今回は産経を皮切りに各社ちゃんと報道しましたね。中国デモのおまけとしてですが。しかし、中国は、経済はともかく、現状が戦前の日本に酷似してますね。民の不満が軍隊に吸収され、その… このレビューの続きを見る

4

浅田次郎 【蒼穹の昴 】

22:03:By

家にあったのでなんとなく読み始めてみた。そしたらたまたまNHKでドラマのCMやってて運命を感じた(笑)ドラマになってたなんて知らなかったよ。小説の方は読みやすいというか、単純に面白い。中国のお話で慣れな… このレビューの続きを見る

さがれ、下郎。

21:40:By 路地裏草紙

遅くなりましたがジーナの続きUPしました。 そして私は「蒼穹の昴」を読み終えました。何度か読んだことはあるんですがやっぱ面白い。浅田次郎さんの人情ものの話はそんなに面白いとは思わないのですが、この龍玉… このレビューの続きを見る

浅田次郎氏の、中国は清朝末期を舞台にした歴史小説です。 私の本棚にあるのは、1996年発売のハード・カバー上下本初版です。15年近く経っているので、背表紙も日に焼けてるし、角なんかもボロボロ。 聞いたとこ… このレビューの続きを見る

一気に読みました。読み終わったとき、ちょっと残念だったくらい。高校の世界史かな、で、中国の政治や行政についてなんとなく学びましたが、そのときは「言葉の定義」を丸暗記するのみで具体的にどんなことかわか… このレビューの続きを見る

 浅田次郎先生の 『蒼穹の昴』を読んでいます。 BS-hiドラマで第一話から見る気満々で手帳に書き込んでいたのに。オフィシャルサイトもちゃんとチェックして。見事一話から見逃して撃沈。一挙再放送を姉と狙… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ドラマ  いよいよ1月2日から「蒼穹の昴」が放送されます。 http://www.nhk.or.jp/subaru/ 原作は浅田次郎さんですが、 余りにも壮大な大河ドラマであり、物語の舞台が紫禁城でもある事か… このレビューの続きを見る

 お久しぶりです! みなさん学園祭お疲れ様でした!! 今年も巻物コーナーが好評で、大成功でしたvv「つみきのいえ」の上映も好評みたいで良かったです★☆ さて、今回は先週行ってきました選書ツアーについて… このレビューの続きを見る

蒼穹の昴

16:11:By 受賞本

 蒼穹の昴  著者 : 浅田次郎  受賞歴 : 第115回直木賞 ノミネート         1997年このミステリーはすごい! 6位

 今、「さらば我が愛、覇王別姫」の映画を見てるんですよ。レスリー・チャン主演で カンヌでパルムドールを取った作品なのですが。東山さんが舞台されてたなーと 思って、映画をやるらしいというの知って録画… このレビューの続きを見る

4

蒼穹の昴

00:18:By flowering dogwood

ついに3回目読了。もう今回ばかりは電車の中でも涙をこらえるのに必死で、読めば読むほど味が出る・・・大作を3回も読んだのって初めてかも。ノルウェイの森ですら2回だ。春児のひたむきさと、文秀の聡明さに。聡明という言葉と、泰斗という言葉に。日本語のキレイさに。ただただ心を奪われる。何度も。中原の虹を読もうか、未読本に手を出そうか、迷ってる。

勝ち組負け組、上流社会下流社会という言葉が、一種のトレンドになっている。 これだけ騒がれているところを見ると、日本は「格差社会」になりつつあるのが現実なのだろう。 格差が広がり過ぎると、負け組下流社会… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 浅田次郎はどうも泣かせるから嫌だった。 鉄道屋など。 などといいながら鉄道屋しか観ていない。 観ていないというのは原本読まずに映画だけ観たという意味で。 そういうわけで実際にま… このレビューの続きを見る

4

蒼穹の昴

01:33:By Swimmy

JUGEMテーマ:オススメ感動!お気に入り本! まとまった時間が出来たので、ずっと読みたかった『蒼穹の昴』を読む。 中国・清朝末期、 時代の激流の中、翻弄されそうになりつつもひたむきに生きる主人公二人… このレビューの続きを見る

汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう―中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を通じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。都で袂を分かち、それぞれ… このレビューの続きを見る

【あらすじ】 汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう───中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児(チュンル)は、占い師の予言を信じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀(ウェンシウ)に… このレビューの続きを見る

4

蒼穹の昴(1)

00:58:By 野ばら

「咋ッ!おのおのお控えめされよ。大清国今上聖母、(14文字にも及ぶ西太公の本名)皇太后陛下、ご出御になられます!」 絵は、西太后が深い悲しみと諦念の中、再び玉座に座る為に王宮に戻るシーンの春児。ラス… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品