DB Error: connect failed ダンス・ダンス・ダンス(上) - 村上 春樹 のレビュー全17件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

ダンス・ダンス・ダンス(上)

おすすめ!3.9 [3.9](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:19126位
  • Amazon価格:¥ 713
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062749041(講談社)
ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.9 [3.9]

 大学のシラバスが送られてきた。But,読んでも理解できない・・・orz ・・・というわけで、村上春樹さんに逃避してました(爆) 最近横書きの本(教科書とか教科書とか)が全然読めないんですよね 何か言葉… このレビューの続きを見る

キャベツしかなかったので。キャベツをのせてトーストしてみました。でも、意外にシンプルでおいしかったです。食パン 1枚キャベツ 2〜3枚(食パンの上どっさりのるくらい)ソース 適量マヨネーズ 適量食パンの… このレビューの続きを見る

さいきん村上春樹が流行ってるので図書館で借りにくくて迷惑です 良かった。 ノルウェイの森より非現実的なとこあったけどファンタジーではないと思う。 会話や表現が全般的にめちゃくちゃ好き。 好みの問題だろ… このレビューの続きを見る

 自信の価値観を裏側から決定付けた本。自分のこれまでをたどり直すべく。 --  しがない高校3年生だった僕は、これを教室でずっと読んでて、過剰な比喩と意味不明な展開に嫌気が刺し、小説を読まない人間になっ… このレビューの続きを見る

気がつくと無力感が静かに音もなく、水のように部屋に満ちていた。僕はその無力感をかきわけるようにして浴室に行き、「レッド・クレイ」を口笛で吹きながらシャワーを浴び、台所に立って缶ビールを飲んだ。そして… このレビューの続きを見る

 文化的雪かきという言葉が響いた。

JUGEMテーマ:読書 村上春樹がデビューしたころから書かれていた長編連作:「風の歌を聴け」、「1973年のピンボール」、「羊をめぐる冒険」の続編であり、そして完結編であるのがこの小説「ダンス・ダンス・ダンス… このレビューの続きを見る

+ 『刀語 第七話−第九話』西尾維新は西尾維新で西尾維新だ。段段、飽きてくるような気がする。でもまあ、ここまで読んだのだから最後まで読み通すんだろうなあ。軽い諦めと馴れ合いで読み続ける。相変わらず、… このレビューの続きを見る

【あらすじ】  物語は「僕三部作」から引き続く、真の完結編となる。前作からさらに月日は流れ、時は1983年。高度資本主義社会。主人公・僕は34歳になっていた。  自ら「文化的雪かき」と称する… このレビューの続きを見る

会社の同僚から借りている、村上春樹さんの小説「ダンス・ダンス・ダンス」を 読み終えました。 この小説も一作目からの”鼠”シリーズに入るんだけど、やっぱり面白い! どこにでもありそうな日常を描いているん… このレビューの続きを見る

とても不安定な足場に立たされて ぎりぎりのバランスを取りながら 落下しないように歩かされている。 しかも決まった速度で進む時間という目に見えない壁に挟まれて 速く歩くことも遅く歩くこともできない。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 (ハル)で頻繁に出てきたこの本 買ってみました。。 まだ1ページめくっくところ。。 どうかなー。。 またレビューしますね!

JUGEMテーマ:小説/詩 間違いのない小説が読みたくて、選んだのは、村上春樹だった。 うん、確かに、間違いなかった。おもしろかったです。 キリンは、羊をめぐるシリーズは読んでないんです。順番間違いまし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 JUGEMテーマ:日記・一般 比較的村上さんの作品の中では読みやすかったように思います。 これはねじまき鳥の続編なのかな?主人公が同一人物のように思うのだけど・・・ いつもの不思議… このレビューの続きを見る

新年度一発目も村上春樹。どうしても村上春樹にいっちゃいます。 羊をめぐる冒険から四年後の物語という作品です。やっぱり登場の羊男とか羊をめぐる冒険で名前すらでてこなかった彼女の名前がここで出てきたりと… このレビューの続きを見る

村上春樹は大好きですが、 この小説は、特に大好き!何度読んでもいい! 今回また久々に読んだけど、この小説はデビュー作から続く「僕」の一応の完結。 私はこの「僕」のキャラ結構好き。 サラ〜っと真面目に… このレビューの続きを見る

関連する商品