>
[Amazon] 羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)
羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

羊をめぐる冒険(上)

おすすめ!3.6 [3.6](22件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:12224位
  • Amazon価格:¥ 540
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062749122(講談社)
羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(22件) 3.6 [3.6]

60、61冊目。 村上春樹青春3部作の最終巻。 1・2部の出来がとてもよかったので、期待し読み込んだが、まあまあといったところ。 1982年の作品だが、世の経済が熱く盛り上がっている日本にあって、村上春樹… このレビューの続きを見る

   

何年ぶりかなあ。たぶん7年くらいぶり。みよし市役所に用があって行ったら前に見た三好町役場とはうってかわって新庁舎になっていて前の古い役場がオーバラップ・・しようにも立派過ぎて驚いた。まるで、「いるかホテル」が「ドルフィンホテル」になったみたいに!(『羊をめぐる冒険』『ダンス・ダンス・ダンス』村上春樹 )そう、エントランスがちょっとホテルっぽかったのだ。もちろん羊博士も羊男も見当たりませんでした。

 読んだ。 う〜ん。。。

【商品内容】 [村上春樹] 買取価格:¥120 * 2010年4月26日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数ごとに★★★★もれなく買取点数ボーナスプレゼントキャンペーンを実施中★★ 本・CD・DVD・ゲームソフト・おもちゃ・LEGOの買取は楽珍堂

初出 : 「群像」1982年08月号 昨年,初めて村上春樹先生の作品を読みました。 『村上春樹全作品1990〜2000(3) 短編集?』を読み, 次に『ノルウェイの森』を読みました。 私は『ノルウェイの森』よりも,『羊をめ… このレビューの続きを見る

3.6

朝の楽しみ

22:28:By カメラな日記

ある日思い切って5000円をチャージしたプロントのEdy。 余裕かまして使っていたら、今日残高100円を切った。 短い幸せやったなー(遠い目) ** 久しぶりに村上春樹さんの「羊をめぐる冒険」を読んでいる。 文… このレビューの続きを見る

羊をめぐる冒険

10:41:By 受賞本

 羊をめぐる冒険  著者 : 村上春樹  受賞歴 : 第4回野間文芸新人賞 受賞

九月の後半にしては異常なほどの外の暑さにもかかわらず、男は実にきちんとした身なりをしていた。仕立ての良いグレーのスーツの袖からは白いシャツが性格に一・五センチぶんのぞき、微妙な色調のストライプのネク… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 再読

「君は表現が根こそぎもぎ取られ、思念のみが存在する世界を想像できるか。地獄だよ。思念のみがうず巻く地獄だ」 村上春樹のエルサレム賞に際してのスピーチを読んだ。 このひとのことが好きだ。 このひとをとてもいいと思う。

+ 『刀語 第七話−第九話』西尾維新は西尾維新で西尾維新だ。段段、飽きてくるような気がする。でもまあ、ここまで読んだのだから最後まで読み通すんだろうなあ。軽い諦めと馴れ合いで読み続ける。相変わらず、… このレビューの続きを見る

会社の同僚から”村上春樹”さんの小説を借りて、読み直しています。 (実はだいぶ前に借りて、しばらく放置してあったのである)  一作目「風の歌を聴け」のファーストインプレッションは・・・ う〜ん、よく… このレビューの続きを見る

いわゆる『鼠三部作』の3つ目。久しぶりに読むと村上春樹の長編の中ではかなり読みやすい印象を受けました。他の作品のように複数の場面が交錯することはなく1つの物語が順序だてて進行していく。ストーリー自体も… このレビューの続きを見る

再再読ぐらい。相変わらずストーリーの意味が分からない。

羊をめぐる冒険

17:06:By 無辺世界

 このままでは自己完結した世界のなかで取り残されてしまうかもしれない、という不安を喚起された。世界が完全に閉じ切ってしまってからでは遅いのだ、もうすでに多くを失ってきてるんだ、どうにかしなくちゃ(… このレビューの続きを見る

広大な敷地の庭や建物を見る場面とか、 神様の電話番号を教えてくれる場面とか、 旅行の準備をする場面とか、 そんな描写が好きです。 親しい友達になる過程の感触とか。 よいのです。 現実に、そんな風に人と付き合っていきたいです。

3.6

羊をめぐる冒険

22:14:By TAKUMA BOOKS

JUGEMテーマ:本の紹介あらすじ 相棒と二人で始めた翻訳会社が軌道に乗り、広告関連にまで手を広げた僕。順調に進んでいたかに見えたが、喧嘩別れするわけでもなく、結婚して4年で離婚してしまう。そんな中、僕が… このレビューの続きを見る

読んだよ。 この「羊をめぐる冒険」。 僕は基本的にいつも本を持ち歩いているため、 知り合いの何人かにこの本を目撃されたところ、 結構な人が読んでいたので有名作といっていいのかな? 先に断っておく… このレビューの続きを見る

「ねぇ、私を殺したいと思ったことある?」 と彼女が訊ねた。 「君を?」 「うん」 「どうしてそんなこと訊くんだ?」 彼女は煙草を口にくわえたまま指の先で瞼をこすった。 「ただなんとなくよ… このレビューの続きを見る

3.6

羊をめぐる冒険

23:45:By Kousyoublog

羊をめぐる冒険〈下〉 村上 春樹 今年の春先に読了してからも何度と無く読み返しました。 最近、"成長する"とは何か、ということを考えることが多いのですが、成長とは、ただ何かを獲得して前へと進むこと… このレビューの続きを見る

簡単なのでこれからは本紹介もレビュー機能使ってみます。 という訳で青春三部作完結編です。まだ上巻ですけど。 この作品でついに村上春樹的訳のわからない物語が出ていますね。 変な表現の仕方ですが、つ… このレビューの続きを見る

関連する商品