>
[Amazon] 羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)
羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

羊をめぐる冒険(下)

おすすめ!3.7 [3.7](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:25438位
  • Amazon価格:¥ 540
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062749130(講談社)
羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.7 [3.7]

60、61冊目。 村上春樹青春3部作の最終巻。 1・2部の出来がとてもよかったので、期待し読み込んだが、まあまあといったところ。 1982年の作品だが、世の経済が熱く盛り上がっている日本にあって、村上春樹… このレビューの続きを見る

   

 読んだ。 う〜ん。。。

羊をめぐる冒険

10:41:By 受賞本

 羊をめぐる冒険  著者 : 村上春樹  受賞歴 : 第4回野間文芸新人賞 受賞

3.7

 

01:16:By 読書録

 再読

3.7

羊をめぐる冒険

00:46:By TAKUMA BOOKS

JUGEMテーマ:本の紹介あらすじ 相棒と二人で始めた翻訳会社が軌道に乗り、広告関連にまで手を広げた僕。順調に進んでいたかに見えたが、喧嘩別れするわけでもなく、結婚して4年で離婚してしまう。そんな中、僕が… このレビューの続きを見る

僕は村上春樹のいい読者にはなれない。意味が分からない。 石原先生は「名前を探す冒険」だと言うけれど、で?

弱さというのは体の中で腐っていくものなんだ。 まるで壊疽(えそ)みたいにさ。 俺は十代の半ばからずっとそれを感じつづけていたんだよ。 だからずっと苛立っていた。 自分の中で何かが確実に腐っていくというのが、 またそれを本人が感じつづけるというのがどういうことか、 君に分かるか? P224より抜粋

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 彼女は僕の手を握った。「ずっとこうしていて。心配なのよ」 「うん」 「そうしないと、どこかべつのところに移動してしまいそうなの… このレビューの続きを見る

彼女は僕の手を握った。「ずっとこうしていて。心配なのよ」 「うん」 「そうしないと、どこかべつのところに移動してしまいそうなの。どこかわけのわからないところに」 (村上春樹『羊をめぐる冒険』より) … このレビューの続きを見る

やっと青春三部作完結…羊男ーーー!!ええーーー!! 何だか…羊男のクリスマスとかのときとは別人のようですよ。いや、別羊?違う羊なのかな…カンガルー日和にもたしか出てくるよね。羊男のクリスマスとカンガルー日和… このレビューの続きを見る

関連する商品