>
[Amazon] 煙か土か食い物 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

煙か土か食い物 (講談社文庫)
煙か土か食い物 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

煙か土か食い物

おすすめ!3.6 [3.6](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:119802位
  • Amazon価格:¥ 596
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:406274936X(講談社)
煙か土か食い物 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 3.6 [3.6]

【煙か土か食い物】腕利きの救命外科医・奈津川四郎に凶報が届く。連続主婦殴打生き埋め事件の被害者におふくろがーー。ヘイヘイヘイ、復讐は俺に任せろマザファッカー!故郷に戻った四郎を待つ血と暴力に彩られた… このレビューの続きを見る

<< あらすじ >> 腕利きの救命外科医・奈津川四郎に凶報が届く。連続主婦殴打生き埋め事件の被害者におふくろが? ヘイヘイヘイ、復讐は俺に任せろマザファッカー! 故郷に戻った四郎を待つ血と暴力に彩ら… このレビューの続きを見る

煙か土か食い物

22:33:By 本の記録

ものすごく面白くて一気に読みきってしまいました。 文体が独特なので好き嫌いがわかれるところなのかなぁと思うけれど、 圧倒的に面白い。 ミステリなんですが、私普段ミステリ読まないんですが、出てくる登… このレビューの続きを見る

何者かに後頭部を殴られ、庭に埋められて重体となった母。 奈津川四郎は母が巻き込まれた連続主婦殴打事件の真犯人をつきとめるため、 兄弟や幼なじみたちにコンタクトを取り始める。 やがて浮かび上がる事件の規則… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:書評JUGEMテーマ:最近読んでる本  多分今年読んだ本の中でナンバーワン。 ある田舎にマザーファッカーが神出鬼没し、激昂した主人公がサンディエゴから舞い戻り、犯人をボコるために殺伐とし… このレビューの続きを見る

 今年になって小説を意識して読み出した。別に今まで本が嫌いだとか活字離れなどではない。けど活字本=勉強するものであって、物語で興奮すんのはマンガで十分と思っとった。やけん、今まで建築系、広告系、その… このレビューの続きを見る

  バイオレンスハードアクションサスペンス・・・ これでもかってな具合の「俺様」文体。 もちろん狙ってるんでしょうが。 好きな人にはたまらないんだろうね。 文体が苦手だと構成が面白くても苦手意識… このレビューの続きを見る

おいおいコレがデビュー作? 衝撃だよまったく。恐ろしいです。読めば読むほどにはまってしまう舞城王国。形式的なことを求めてはいけません。文体がなんだ!スペースがないのがなんだ!面白ろけりゃいいだろ!って… このレビューの続きを見る

文庫裏表紙より、 腕利きの救命外科医・奈津川四郎に凶報が届く。連続主婦殴打生き埋め事件の被害者におふくろが? ヘイヘイヘイ、復讐は俺に任せろマザファッカー! 故郷に戻った四郎を待つ血と暴力に彩られた凄… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 腕利きの救命外科医・奈津川四郎に凶報が届く。連続主婦殴打生き埋め事件の被害者におふくろが?ヘイヘイヘイ、復讐は俺に任せろマザファッカー!故郷に 戻った四郎を待つ血と暴… このレビューの続きを見る

 ● 今、読み終えて ○ 密室ならざる密室、直感的“推理”(唖然) ○ 唐突に死亡する存在感のない“名探偵” ○ 登場人物は総じて美形 ○ 登場人物の男性はあらかた高学歴の天才、医者、国会議員、官僚‥‥ ○ 刺激… このレビューの続きを見る

煙か土か食い物

10:09:By 受賞本

 煙か土か食い物  著者 : 舞城王太郎  受賞歴 : 第19回メフィスト賞 受賞         2002年このミステリーがすごい! 9位

 本日のご紹介は、 「煙か土か食い物」 です。 あらすじは、 アメリカで外科医をしている主人公の元に、 母親が入院したので帰ってくるように言伝がありました。 生まれ故郷の福井の小さな田舎町に帰り、… このレビューの続きを見る

舞城の文章すきなんです これがうわさのあれなんです なんかいいんです

鋭利な内容と文体が特徴的な舞城王太郎のデビュー作。

今日の大失敗:下りエスカレーターを上ろうとした。実際何歩か上った。 今日の小失敗:駅ビル内のベンチで休憩してた時に財布を隣にポンと置いたまま目を離してしばしぼんやりしていた。親切な人に「この財布はわざ… このレビューの続きを見る

● 今、読み終えて ○ 密室ならざる密室、直感的“推理”(唖然) ○ 唐突に死亡する存在感のない“名探偵” ○ 登場人物は総じて美形 ○ 登場人物の男性はあらかた高学歴の天才、医者、国会議員、官僚‥‥ ○ 刺激的な暴力… このレビューの続きを見る

煙か土か食い物

17:52:By ぶくわむ

おいおいなんだよ舞城にはまっちゃったの私〜?な、四冊目。(『みんな元気。』も途中まで読んだので) 『煙か土か食い物』。不可解なタイトルでしたが、そういうことね、と。納得。 奈津川兄弟は暴力の連鎖の一… このレビューの続きを見る

舞城 王太郎を読んだよ。 ■ストーリーの始まり サンディエゴに勤めるERドクター(の割りに異常に口が悪い)奈津川が 事件に巻き込まれた郷里の母の復讐のため、犯人を捜し始める。

 評価:★★★★ 4  覆面作家・舞城王太郎のデビュー作であり、メフィスト賞受賞作。最近は三島由紀夫賞なんかもとってますね、凄い。  この作品の何が凄いっていうのは、やっぱりギャップだと思います。ほ… このレビューの続きを見る

3.6

煙か土か食い物

02:34:By Gnossiennes

初舞城!でした。 いっやー面白い、ね。面白いというかこれはずるい。 妙に小気味良くテンポが良いからすらすらーと読んでまうねんけど、 重要なことがこそーっと隠されてる感じ。 ミステリーとしては成立して… このレビューの続きを見る

3.6

煙か土か食い物

22:27:By スピカ

これが噂のMaijoだ 小説界を席巻する「圧倒的文圧」を体感せよ! 腕利きの救命外科医・奈津川四郎に凶報が届く。連続主婦殴打生き埋め事件の被害者におふくろが? ヘイヘイヘイ、復讐は俺に任せろマザファッカー… このレビューの続きを見る

連続主婦殴打生き埋め事件の犯人を追え!みたいなストーリー。 メフィスト賞受賞作らしいですが… 癖のあるキャラが多数いるので肌に合わなかったです^^; ふつーに謎解きしてるのかと思いきや 延々と回想モードに入ったりしてるし…。 でもラスト間近の部分は好きです。 バトルロワイヤルみたいにばっさばっさとやられていくところが(笑)

本棚の整理をしていたら発見。思わずパラパラと再読しました。 初読のときも思ったけど、すごいスピード感とごちゃまぜ感。なんだかよくわからぬパワーが満ち溢れております。ミステリかどうかは微妙だけども。… このレビューの続きを見る

関連する商品