DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 流星ワゴン - 重松 清 のレビュー全58件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 流星ワゴン (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

流星ワゴン (講談社文庫)
流星ワゴン (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

流星ワゴン

おすすめ!3.7 [3.7](58件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:9543位
  • Amazon価格:¥ 788
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:406274998X(講談社)
流星ワゴン (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(58件) 3.7 [3.7]

3.7

流星ワゴン 

20:22:By room ajiko

JUGEMテーマ:書評 久しぶりの更新! 今回は重松清さん著の「流星ワゴン」を拝読致しました。 ある日、人生に絶望している一人の男性が、真夜中の駅のロータリーで、不思議な親子の ワゴン車に乗せられ… このレビューの続きを見る

3.7

現実との狭間

23:01:By 心は丸く、

内容紹介 38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った――。 僕らは、友達になれるだろうか? 死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思… このレビューの続きを見る

TVドラマになっていたのを見て 読んでみようと思いました。 人生に悔いを残した人が もう一度やり直せるなら・・ たとえ現実が変わらなくとも 何度でもやり直したいと思う 特に子育ては そう思う・・… このレビューの続きを見る

本の感想 2

03:38:By たすわり

2月17日 流星ワゴン 初めて本で少し泣いた。最初から最後まで、なんだか歯痒かった。 自分の心の持ちようとか、人にかける言葉とかって、後に影響するし大切なんだってこと実感した。 過去を変えることはで… このレビューの続きを見る

*流星ワゴン

23:16:By 本のなる木

同じ歳だったら、きっと友達になれたのにね。 『流星ワゴン』 重松清 重松さんの親子小説。 やっぱり涙腺を所々で刺激してきて、たまらないです^^;笑 この本で書かれているのは父親と息子。 でも母… このレビューの続きを見る

流星ワゴン

12:32:By N's Bookshelf

 JUGEMテーマ:趣味

  読みました。重松さんの本はそんなに読んでるわけではないんだけど読むたびにずーんと来る。今まで読んだのは流星ワゴン、疾走、ナイフ。全部「家族」がテーマなのかな。それも思春期の子どもがいる家族が崩… このレビューの続きを見る

3.7

流星ワゴン

01:41:By ViVid?

重松清 著。 初めてこの作者さんの作品を読みました。 たまたま本屋さんで何でも良いから分厚めの小説を買おう、と思って たまたま手に取ったのがこの本。 ジャケ買いならぬタイトル買い(笑) 流星ワゴン、という… このレビューの続きを見る

 少しファンタジーっぽいところがいいですね!そして、すごい泣けます。親子の関係がテーマです。あらすじは、38歳、秋。ある日僕は自分と同じ年齢であろう実父と出会うことになる。死んじゃってもいいのかな… このレビューの続きを見る

3.7

流星ワゴン

12:01:By DoWhat10!

 相変わらず、重松作品はじんわりくる。  今私の前にワゴンがやってきたら  どこに行きたいだろうと考えた。  今までの人生で「あの時、こうしておけば…」と  思う場面は何度かあるけど  明確に思い出せるのは  10数年前のフィッシュマンズ@ロゴスの夜。    帰り道の親不孝通り交差点にもう一度行きたい。

なんだか国産小説づいている最近です。だいぶ前に、重松清いいよ!と人にすすめられて買った本。直前に読んでいた「かたみ歌」が予期せぬ短篇集だったため、これも短編かと思って読み始めたら、長編でした。いっつ… このレビューの続きを見る

親父って、ほんと、大変だよね──。 たまたま読む時期が重なっただけだけど、椿山課長が頭にチラチラしながら読む事になってしまいました。 まだ、私のところには、ワインカラーの流星号がこないし、 まだ、未来の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文お兄ちゃんが重松清さんの小説を読破しているので我が家にもほぼすべて揃っています。文章がとても上手いからかサクッと読める点から私もたくさん読んでましたが、テーマとなるのが「いじめ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 死んじゃってもいいかなあ、もう…。 38歳・秋。 その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。 そして―自分と同い歳の父親に出逢った… このレビューの続きを見る

実はあまり読書をしないほうです。 誤解を招くかもしれませんが、読書自体は大好きなのですが 長編ものから遠ざかっていました… 小論文の仕事が入っている間は、何かと心に余裕がなく 特に小説に手が出せずにいた… このレビューの続きを見る

流星ワゴン

17:10:By momoの本箱

JUGEMテーマ:読書 泣いた。眠る前にここ数日読んでいたのだけれど、今朝は続きが気になって朝から読み始めて、 グスングスン・・朝から泣いた。 何だろうね。いろんなことが切ないなぁ。 3人家族の、父カズ38… このレビューの続きを見る

  家族のはなし。 子供の居るヒトも居ないヒトも、親の居るヒトも居ないヒトも読んでほしいなー。 死にたい人も生きたいヒトも読んでほしい。 会社をリストラされた挙げ句、妻とも息子ともうまくいか… このレビューの続きを見る

良かったです。 すごくすごく良かったです。 息子は家庭内暴力。奥さんには離婚をせまられて 「もう死んじゃってもいいかぁ」 そんな主人公が、自分にとって大切な場所に戻される 分岐点って、その時には気付かな… このレビューの続きを見る

3.7

流星ワゴン

19:09:By パン屋再襲撃

リストラされ、妻は家庭をかえりみず 家を開けっ放し・・・ 一人息子は中学受験に失敗し、いじめの末にニート。 家庭内暴力に走る・・・崩壊寸前の家庭。 遠方に住む、何年も縁を切っていた父の見舞いに訪れては 車… このレビューの続きを見る

生協でたまたま目に留まって購入。文庫本サイズで厚さ2cmといったところだろうか。読み終えるまでに何日掛かるだろうと思ったけど、その辺の心配は無用。1ページめくると、すぐ物語に引き込まれていく。涙なしでは読めない。読んだ後に実家に連絡してみたくなった。こんな感じは『東京タワー』を読んで以来。斎藤美奈子さんの解説も秀逸。

3.7

重松清【流星ワゴン】

12:03:By

 色んな経験を重ねて、その年代ごとに思うことがあって…。自分もきっと今しか書けないものがあるし、子供が居なきゃ書けないこともあるんだと思う。まぁ想像力でリアルに描写してこそプロなのかもしれないけれど。。3組の父子が出てくる作品。何気に深いと思った。今の自分にか書けないものを書きたい。そう思わせられた。

昨年買ってあった「流星ワゴン」 文庫にして厚さ2cm。読み始めるまでに時間がかかってしまった。 なのに、1ページ読み始めたら結局1日で一気に読みきった。そのくらい素晴らしい。 38歳、秋。ある日、僕と同… このレビューの続きを見る

『流星ワゴン』 重松清

3.7

重松 清/流星ワゴン

12:46:By

 

ワゴンに乗って、どこにいこう。

将来、私の産む子の父となる人にすすめたい、そんな一冊。 というわけで早速彼氏に貸しました。笑 どんな感想を抱いてくるのかな〜〜楽しみ! 500頁超ある長編だけれど事なく読了できました。 私達が物語に… このレビューの続きを見る

「本の雑誌」年間ベスト1に選ばれた重松 清「流星ワゴン」 自分の人生に疲れ「もう死んでもいいや」と意識が薄まる中・・ 5年前に事故死した父子の乗るワゴンが現れる。 父子に拾われた僕の人生の岐路になっ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 これ泣けます! ☆★☆★☆

流星ワゴン (講談社文庫)

16:47:By RL

38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った。 僕らは、友達になれるだろうか? 死んじゃってもいいかなあ、もう……。 38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた… このレビューの続きを見る

流星ワゴン

38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った。 僕らは、友達になれるだろうか? 死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。

今、流星ワゴンを読んでいます。 そのほか、仕事の本も買ってきて読んでいるのですが。 なかなかおもしろいです。 本から得られる知識を大事にしないとね。

はい、重松清さんの「流星ワゴン」です。 私が「本を貸して欲しい」といわれた人には必ず貸しています。 本屋大賞に選ばれたこともあり、男女問わず読んでいただきたい。 ちょっとぶ厚いことが本嫌いには難… このレビューの続きを見る

重松清

「生きていく中で気付かずに過ぎてしまった分岐点。 やり直せるならどこに行きたいですか? 赤いオデッセイがそのうち目の前に現れないだろうか、 なんて思ってしまう時があってもいいじゃないですか。 や… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 中学受験の失敗を機に引きこもりとなり、家庭内で暴力を振るうようになった息子。 テレクラで何度も浮気をして離婚を切り出してきた妻。 家庭が崩壊した上、リストラにあい「もう死んじゃっ… このレビューの続きを見る

友人に勧められて初の重松清。 死の淵を彷徨う父親と、日常の絶望感から漠然と「死んでもいいかな」と思っているその息子が同じワゴンに乗って過去の自分のターニングポイントに降り立つ。 大嫌いだった父親と自… このレビューの続きを見る

つらい。とにかく読むのが辛い。 30代後半の男性には辛い。 西日本出身の僕にはさらに辛い。 父との確執があった僕には本当に辛い。 もしかしたら人生を変える一冊かもしれない。

「ああすればよかった」って思うことは多いけど、自分でも気づかない人生の分岐点って けっこういっぱいあるのかも。 そんな過去に戻れたら。 Back to the Futureっぽいけど 違うところはどんなにがんば… このレビューの続きを見る

死んじゃってもいいかなあ、なんて思ってた僕の前に、 5年前に交通事故死した父子の乗るワゴンが現れた。 ワゴンは時空を越えて走っていく。 たどり着くのは「僕にとってたいせつな時」 あの時こうしていたら… このレビューの続きを見る

最後のほうはなんだか涙が止まらなくって、どうしようかと思った。 多分、今自分が感じてることって年を重ねるごとに変わっていって、今だから感じられることだと思う。 だからこそ、今を大切にして、後悔するかもしれないけど、でもいま自分が出来ること一生懸命にやるしかないのかな。 親の心配とか、気遣いとかひしひしと感じている今だからこそ余計に心に響きました。

唐突ともいえるほどの突然さで涼しくなって、食欲も読書欲も上り調子です♪ 本を読んでると電車に乗ってる時間が短く感じられるのはいつものことなのですが、今日は初めて新宿に気付きませんでした。今までどんな… このレビューの続きを見る

よく行く本屋さんには 泣ける本ランキングとか、心温まる本ランキングとか、 ミステリー、自己開発、いろんなジャンルにランキング分けされているコーナーがあります。 新聞の書評も、帯に書いてある言葉も、… このレビューの続きを見る

3.7

流星ワゴン

15:35:By pensiero!

過去を別の視点から改めて見直して、今まで知りもしなかった事を 知ることが出来て、間違ったところをもう一度、別の形で やり直すことができたら、人生はどれだけ違ったものになるのだろう。 言いたくても言え… このレビューの続きを見る

3.7

不思議なワゴン

21:56:By nomad.

よかったです!!!フィクションなのにリアル。おとぎ話じゃねぇんだよ、って感じがすごくよかった! 死ぬなんて、簡単に思ってほしくない。 やることもやってないのに何かのせいにしてほしくない。 死ぬ前に精一杯生きろよ。 頭使って考えろ。 体使って行動しろ。 逃げてんじゃねぇよ。 這いつくばってでも、ちゃんと立て!人間!

「その日の前に」を読んで、重松清さんのファンになり、本屋さんで見つけ、その時の私にぴったりのお話でした。 自分の親にも、同じように若い時があり、悩んだ時期もあった。 そんな、当たり前のことを教えてくれたのでした。 人生、「やり直し」は、出来る! 私は、そう信じています。

3.7

流星ワゴン

00:16:By Maple

出版社/著者からのあらすじ 38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った。 僕らは、友達になれるだろうか? 死んじゃってもいいかなあ、もう……。 38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る… このレビューの続きを見る

FM-FUJIで紹介されていたのを聞いて 早速読んでみました。 子を持つ親として深くこころに残るいい作品です。

3.7

流星ワゴン

19:52:By Little - Garden Store

感情移入しやすい僕は、読んでて辛かった。 でも読み終わった後、何か小さな勇気って言うか。 よし僕も頑張ろう!って思わせてくれる感じがしました。 説明が上手く無いんですが、本当にいい作品です!

面白かったー! 夜読み始めて途中で止められなくて気づいたら2時だった(丑三つね) で、起こされたのは5時過ぎで、おかげで今日は冴えないことこの上なく、 みなさんすみません。でも楽しかったです。 これはなんというか、3組の父子のお話です。 三組の父子が係わり合い、いやー、泣きました。 変えられないものはしょうがないけれど、 変えられるのは結局そこなんだよね。

流星ワゴン

23:28:By 我侭な思考回路

久々に王道に走ってみました。 要するにベストセラーです。 氏の本はホント久々でした。 って事で、ネタバレにならないかもだけど・・・

3.7

流星ワゴン

23:19:By J-BookShelf

某テレビ番組で、相当イイと紹介されていた小説。「本の雑誌」年間ベスト1にも選ばれたそうな。 主人公は、リストラされた上、妻が浮気し子供が引きこもりで暴力を振るって家庭崩壊しているという最悪の状態。ガ… このレビューの続きを見る

..................................................    間抜けで哀れな父親は初めて家族でドライブに出掛けた。一週間前に免許を取ったばかり。  家族三人の乗ったワゴン車はカーブを曲がり切れず対向車線… このレビューの続きを見る

巻末のあとがきにもあるように、家族のディスコミュニケーションを主題としたお話。 特に「主観と客観」というコミュニケーションの種の部分(同時にディスコミュニケーションの種でもある)について、ときに軽妙… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;流星ワゴン 重松 清 死んじゃってもいいかなあ、もう……。 38歳・秋。そう考えていた僕は不思議なワゴンに拾われる。 そのワゴンには見知らぬ父子が乗っていた。――ただし、5年前に交通事故死… このレビューの続きを見る

おすすめ

13:21:By

先日、本屋に行ったらこの本が取り上げられていて、内容も面白そうなんで買ってみました。 この話の中に「橋本さん」という人物が出てくるのですが、私は彼を堺さんに変換して読んでます。 歳が30代前半、痩… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • ビタミンF

    ビタミンF

    JUGEMレビュー件数:13

    Amazon評価平均:評価平均35

  • エイジ

    エイジ

    JUGEMレビュー件数:14

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 卒業

    卒業

    JUGEMレビュー件数:10

    Amazon評価平均:評価平均40

  • きよしこ

    きよしこ

    JUGEMレビュー件数:8

    Amazon評価平均:評価平均35

  • その日のまえに

    その日のまえに

    JUGEMレビュー件数:25

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 博士の愛した数式

    博士の愛した数式

    JUGEMレビュー件数:56

    Amazon評価平均:評価平均35

  • きみの友だち

    きみの友だち

    JUGEMレビュー件数:19

    Amazon評価平均:評価平均35

  • ツナグ

    ツナグ

    JUGEMレビュー件数:11

    Amazon評価平均:評価平均35

  • とんび

    とんび

    JUGEMレビュー件数:6

    Amazon評価平均:評価平均35