>
[Amazon] 銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)
銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談

おすすめ!3.6 [3.6](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:634113位
  • Amazon価格:¥ 720
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062750848(講談社)
銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.6 [3.6]

以下、続きにて

<あらすじ> 秋・座木・リベザルという、タイプの違った3人の美形達(実は妖怪)。 薬屋を営む彼らが、探偵も手がけるという一風変わったミステリ。 *感想* だいぶ前から存在は知っていたのですが、喬林知さんが解説をされているというのに興味を持って読んでみることに。 では、感想です。

JUGEMテーマ:[物欲]今欲しいもの! 今回はちょっとテーマに投稿してみたいと思います 今欲しいモノはいろいろあるんですけど、 すぐに浮かぶのは、今読んでいる小説の続きですね! もうすぐ読み終わるんです… このレビューの続きを見る

美男探偵3人組?いいえ実は○×△□です! たっぷり雪が積もった小学校の校庭に、一夜にして全長100メートルものミステリーサークルが現れた。雪の妖精あるいは蝶の標本のような輪郭はくっきりと美しく、内側にも外側にも足跡などはいっさい残っていない。だが、雪が溶けたとき、その中央には他殺死体があった!薬屋でもあり○×△□でもある美男探偵トリオが、初めての難事件に挑む!

6/23

19:37:By ナポリタン

カバーが唯月さんだからずっと気になってて、やっと読みました。 探偵物が比較的苦手なナリタでもなかなか楽しめましたよ。 何せ登場人物がかっこいいよね。 唯月さんの絵も手伝ってもう言うことなしのイケメン具合… このレビューの続きを見る

薬屋探偵妖綺談、1作目から読み直しています 今日1作目「銀の檻を溶かして」を(「西の魔女が死んだ」をはさんで)読み終わりました 今まで本当に内容を理解できていなかったんだと呆れています さて、説話集を読もうかな

Mystery.

18:49:By 少年は跳ぶ

やんべー!(笑) 高里椎奈さんに激、はまった! 9年くらい前に発行された“薬屋”シリーズを最近初めて読みました。

前々から気になると言っていたシリーズその1でございます。 割と売れていますので、知っている方も多いかと思いますね。 暫くは新シリーズには手を出さないつもりでいたのですが、友人から借りれたので早速読ん… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリ  銀の檻を溶かしてどうなったのか分かったって 解説には書いてあったけど 全く理解できないままだった。 あっさり読めたには読めたけどねー。 合う合わないはハッキリ言ってあると思う。 作家は違うが「精霊の守り人シリーズ」は途中で放棄しました。 読めないからッ

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 高里 椎奈 講談社ノベルス/文庫 薬屋探偵妖綺談第1弾。 薬屋を営む美男3人組が妖怪がらみと思われる事件を解決していく。 以下ネタバレ。 以前とある雑誌に特集が… このレビューの続きを見る

最近のあたしは小説を読んでばっか…書け!! で、BL小説ばっかってのもあれだな〜って思って… ミステリ小説を開いてみました。 推理系はキャラが淡々としていて面白味がない、殺人ばっか… とか少し偏見を持っ… このレビューの続きを見る

美男探偵3人組?いいえ実は○×△□です! 見たところ20代後半の爽やかな青年・座木(くらき・通称ザギ)、茶髪のハイティーン超美形少年・秋、元気一杯な赤毛の男の子リベザル。不思議な組み合わせの3人が営む深山木… このレビューの続きを見る

↑アマゾンレビューの「ティーンズ小説から背伸びしたい人向け」というのに笑いました。確かにライトノベルにカテゴリされても違和感がない。むしろライトノベルなのか。“第11回メフィスト賞受賞作”に惹かれて読書。… このレビューの続きを見る

見たところ二十代後半の爽やかな青年・座木(通称ザギ)、茶髪のハイティーン超美形少年・秋、元気一杯な赤毛の男の子リベザル。不思議な組み合わせの三人が営む深山木薬店は探偵稼業が裏の顔。だが、もっと驚くべきことに、彼らの正体は○×△□だった!?謎解きはあくまで本格派をいく第十一回メフィスト賞受賞作。

見たところ二十代後半の爽やかな青年・座木(通称ザギ)、茶髪のハイティーン超美形少年・秋、元気一杯な赤毛の男の子リベザル。不思議な組み合わせの三人が営む深山木薬店は探偵稼業が裏の顔。だが、もっと驚くべき… このレビューの続きを見る

関連する商品