>
[Amazon] アフターダーク (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アフターダーク (講談社文庫)
アフターダーク (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

アフターダーク

3 [3](29件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:14859位
  • 定価:¥ 691
  • Amazon価格:¥ 691
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:406275519X(講談社)
アフターダーク (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(29件) 3 [3]

渋谷を舞台に作品は進行する。筋らしき筋は実は存在しない。モデルの仕事を務めるほどに魅力的でありながらどこか精神的に壊れていることが示唆される姉の浅井エリと、両親にちやほやされていたその姉に対して劣等… このレビューの続きを見る

 いつ買ったっけ?2月11日(祝・月)にI君と東京駅付近oazo内の書店で買ったと記憶しているんだけど、正しいかな?こんなに最近のことなのに・・(笑)たしか2月10日(日)いつもの待ち合わせ場所、プ… このレビューの続きを見る

時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時… このレビューの続きを見る

視点の切り替えや ファンタジーが混じるところ 好い。

やっと読みました(汗)。 『1Q84』3冊一気に借りられたので、その前にこれを読んでおかねばならんだろうとおもって読んだのです。 最初、地の文章がいままでの村上春樹の文章とぜんぜんちがう気がして、日本の… このレビューの続きを見る

いろいろばたばたしていたのですが。昨日の夜は旦那さんと映画にいってきました。探偵はBARにいるみてきました。あたしも旦那さんも大泉さん好きなのです。そして、松田さんも出ているので。松田さんがすごくかっこ… このレビューの続きを見る

3

アフターダーク

14:45:By Discography

村上春樹‥‥好きじゃないなあ‥。意味がないし。People In The Boxのボーカルが「意味がわからないものは受け入れられないんだと思って怖くなった」とか言ってたけど‥意味わからないものはやっぱ嫌だわ。何かを示唆し… このレビューの続きを見る

村上春樹の「アフターダーク」を読みました。 めぐみの昼休みに読書しようシリーズです☆笑 これ結構好きです。 結局どういうことが言いたいんやろ?とかは考える必要がないんかなと。 不思議なことが色々起こる… このレビューの続きを見る

 その映像をこちらに伝えている(らしい)テレビ・カメラは、用心深く椅子に向かって近寄っていく。体つきからすると、椅子に腰掛けているのはおそらく男だ。(...)私たちが不鮮明な画面からそのような情報をひとつ… このレビューの続きを見る

心を通わすことのできない姉妹、 トロンボーンを演じる大学生の男、 ラブホテルで暴漢に遭遇した中国人娼婦、 ホテルで働く用心棒の元女子プロレスラー。 そして加害者のサラリーマン・・・・ それぞれの人々のある… このレビューの続きを見る

好きなことを仕事にできる人は、それだけの努力をしている人だと思う。 NHKハイビジョンであっていた「征爾とユンディ The Young Romantic」を見てあらためてそう思いました。 もちろんあ… このレビューの続きを見る

村上春樹を読むのは何作目だろう。 回転木馬のデッドヒート・ノルウェイの森・国境の南太陽の西・世界の終わりとハードボイルドワンダーランド……まだまだ全然読めてないな(汗 アフターダーク。 村上春樹にし… このレビューの続きを見る

アフターダーク

19:58:By 希悠な空間

村上春樹『アフターダーク』を読みました。 なんというか、中途半端な終わり方でした。 作中でいくつか、伏線らしきものや思わせぶりな設定があったりしたのですが、 それが何だったのかということまでは書かれ… このレビューの続きを見る

含みを持たせるのに定評のある村上春樹といったところでしょうか なぞというか、なぞじゃないんだろうけどなぞっぽく感じてしまう。きっとなぞなんだろうけど。 言わんとすることはなんとなくわかるんですよ。 … このレビューの続きを見る

afterdark

01:18:By A Perfect Match

This book is what my friend bought for me. We went to a book store near our place and actually we were unable to decide which book would be nice, but anyway, finally we decided to choose this book. ?? このレビューの続きを見る

村上春樹

あたしは、村上氏の文章の、静かに飲みこまれていくような、巨大な真っ黒いタコのような、そんな世界がすきです。なんか、息苦しさや閉塞感と、その先の快感、みたいな。 アフターダーク。 読もうか読むまいか、長い… このレビューの続きを見る

今朝のテレビで、 米紙ニューヨーク・タイムズ2日付書評面において 「2007年注目の本100冊」に 「アフターダーク」の英語版が選出されたって放送されてたなぁ、、、 と、思って書いてみることにした。 んだ… このレビューの続きを見る

文庫化しているのを発見して即買い。 だんとつの売れ筋1位。さすがです。 マリが深夜にファミレスにいると、姉エリの知り合いだという男・高橋に声をかけられる。 この物語が始まってから終わるまで、時間にし… このレビューの続きを見る

ん? 春樹さん? まさかとは思ったけど ここまでおちがないとは・・・ いつもの巧みな辻褄あわせが全然なかったわ。 続き書いてください・・・

率直に言うと、もうちょっと・・・・・・! かな。そこでやめないで、みたいな(笑) ファンとしては、これの3倍くらいの厚みでも構わないのに、と思っちゃいます。 内容ですが、今までとは違った作風で、新… このレビューの続きを見る

それぞれの夜、それぞれの事情。

深夜のデニーズに、ずいぶんと熱心に本を読んでいる女性がいる。 自動ドアが開いて、頬の上に傷跡のある若い男性が入ってきた。彼はウェイトレスに案内されるまま歩いていたが、ふと本を読んでいる女性の横で足を… このレビューの続きを見る

作品の印象は、タイトルからなんのひねりもないのですが、「光」かな。「闇」と対極にある「光」 午前零時少し前から、7時前まで。たった一日の、さらにその中の日没から夜が明けた少し後までの、ほんの少し… このレビューの続きを見る

3

アフターダーク

11:29:By

今、これを読んでます。 小説を買って読むのは結構久しぶり。 村上春樹の文章が好きなんで、気分転換に。 あと、授業中の暇つぶしに。 今日の朝、早起きして時間があったから半分くらい読んだけど、 まだ3つ… このレビューの続きを見る

 ファミレス、ラブホテルなどを舞台に夜中から早朝までの時間帯に繰り広げられる物語。 村上ワールドに浸れる一冊です。 ....................................................  時計の針が深夜零時を指… このレビューの続きを見る

3

アフターダーク

21:32:By T_plus!

はじめて読んだ村上春樹の本。 感想をうまく書く自信がないので、ざかざかっと印象だけ。 このあと何冊か村上さんの本を読みましたが(と言っても少しだけです) この本がなんとなく一番好きです。 登場人物に好感を持ったのと、おもしろい文章を書く方だな〜というのが印象に残りました。 感覚的な感想が先立って、他に何を書いたらいいか分からないので、これにて(`◇´)ノ

村上春樹の人気小説。 夢で「あちら」と「こちら」の世界を行き来するエリ。 夜の街で、見知らぬ人々の輪に巻き込まれていくマリ。 姉妹の一晩を交互に描写することで、世界の切れ目とその先に覗く別の世界… このレビューの続きを見る

エリとユリ、二人の対照的な姉妹のお話を基軸に「夜」と夜明け前の深淵を本質的に描き出している作品だと思います。 村上春樹は「羊を巡る冒険」、 「ノルウェイの森」 共に上下巻を読んで、独特の世界観が鬱… このレビューの続きを見る

関連する商品