>
[Amazon] 幸福な食卓 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

幸福な食卓 (講談社文庫)
幸福な食卓 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

幸福な食卓

おすすめ!3.4 [3.4](29件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:31357位
  • Amazon価格:¥ 572
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062756501(講談社)
幸福な食卓 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(29件) 3.4 [3.4]

幸福な食卓。

23:03:By #ff8c00*

父さんを辞めると突然宣言した真面目な父、元天才児で晴耕雨読で生きる兄、 近所のアパートで一人暮らしを始めた母、ヘンテコな家族に振り回される妹の話。 朝食を家族全員で食べるという非合理的で面倒な習慣… このレビューの続きを見る

佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて…。それぞれ切な… このレビューの続きを見る

 いいなぁって思いました。家族ってこういう姿が理想なんだろうなと思います。皆素直に思いを出し合って、協力しながら生きてる感じ。こんな理想的な関係はないんじゃないかな。父さんが自殺を失敗したときも… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:読書 小さいころから、学校の国語の教科書が大好きでした。 そして、教科書に掲載されている本を買ったり、借りたりして、全編読むのも好きでした。教科書に掲載されている箇所は、たい… このレビューの続きを見る

この作品も心にジーンときました。家族の形はいろいろあれど、幸せとは形ではないんですよね。 「父さんは今日で父さんをやめようと思う」父さんはいった。母さんは家出中。兄、直は元天才。主人公佐和子を取り巻… このレビューの続きを見る

幸福な食卓

15:46:By MneMe fragments

監督: 小松隆志 原作: 瀬尾まいこ 出演: 北乃きい、勝地涼、平岡祐太、さくら、羽場裕一、石田ゆり子 んー。 なんというか、家族が再生するきっかけが大切な人の死、というこのストーリーがどうも正直、ヤダ… このレビューの続きを見る

幸福な食卓も読んでほろっとする作品だよなあ。や、Mr.Children聴いてたら久しぶりに読みたくなりました。原作だけ読んだことあるのです。最近また活字の虫がうずうずしています。これだからPecoは…。-------------… このレビューの続きを見る

幸福な食卓

13:09:By 受賞本

 幸福な食卓  著者 : 瀬尾まいこ  受賞歴 : 第26回吉川英治文学新人賞 受賞

佐和子の家では、朝ごはんは全員がそろって 食べる習慣です。ある日の朝食の席で、 父さんが「父さんをやめようと思う」と言い出します。 びっくりする佐和子。 それまでだって、母さんは家を出て一人暮らしを して… このレビューの続きを見る

最近読んだ本たち

22:04:By mariblo

年末年始に読んだ3冊。「幸福な食卓」は、前読んだ卵の緒に引き続きほっこりする楽しさ。感動したし、ほっこり家族のストーリーでした。「ストロベリーナイト」は殺人現場の描写があまりにエグすぎて・・・。すごく… このレビューの続きを見る

 

少し前に読み終え、少し前に映画も観た。 原作も映画も、どちらも良かった事は、私にとって珍しいこと。 映画も本も好きだけど、どちらかと言えば「本」の私。 文字の世界にどっぷりと浸かって自分の世界観を… このレビューの続きを見る

3.4

幸福な食卓

15:27:By 36. 5°

食事ってその人間がよく見えると思います。「壊れた」家庭なんだと思うけれど、でもうまくいっていると思う。歪んだまま穏やかに回っているような。 だけど、壊れたままでも穏やかに回るようになるのはきっと強い… このレビューの続きを見る

3.4

(´;ω;`)

19:17:By Stupid girl

 告白できませんでした.(´;ω;`) もうただのバカかも でも勇気がほんと無かった… 明日こそは告白してやるって言ったのに… 自分がものすごく情けないしむかつく でもそんなものかな もっと仲良くなってから… このレビューの続きを見る

幸福な食卓

13:33:By ちこひろ日記

JUGEMテーマ:映画 小説を読んで気になっていた、『幸福な食卓』を見ました。 「父さんは今日で父さんをやめようと思う」という宣言がされたのは、ある朝の食卓。 お母さんは、ある事がきっかけで家を出ている。… このレビューの続きを見る

これは映画化してますよね。 北野きいちゃん主演。観たいです。 本当は映画を観たあと原作を読むほうが好きなのですが、 これは読んだあと、映像で観てみたいなって思いました。きいちゃんはまる。 結構泣いち… このレビューの続きを見る

父さんを辞めた父さんと、一人暮らしをする母さん。才児にも関わらず大学に行かず農業に勤しむ兄。何が普通で何が普通ではないのかなんて、その基準はきっとどこにもない。 そして、恋人がいて、普通の学校生活を送って、それはそれで順風な生活だった主人公を襲う悲劇。 悲しくて、だけどどこか暖かいものが残る、そんな物語です。

3.4

幸福な食卓

05:47:By Pommier*

瀬尾さんの本が読みたくて、借りた本。 「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」ではじまるお話。佐和子の家族はバラバラのように見えるけど、つながっている。佐和子の彼が亡くなった時にはびっくりしたけれど、家族の大切さ、ありがたさを感じれた一冊でした。

ずっと読みたくて図書館で順番待ちしてました♪ おもしろかったけど、ちと期待しすぎ?(笑) この人のほかの本の方が好きかなー JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:読書 2007/11/15〜2007/11/16 佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めることを宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて・・・・・・。それぞれ切なさを抱えながら、つながり合い再生していく家族の姿を温かく描く。<吉川英治文学新人賞受賞作>

3.4

幸福な食卓

11:30:By ワタシの暮らし

久々に読書。 この本は、初めて読んだ瀬尾さんの本で、しばらく読んでなかったのだけど、また、読みたくなって読んだ。 変な家族の物語とか最初は思うんだけど、こんな家族もあってもいいんだろうなぁ…とも思う。 ヨシコさんのキャラがなかなか好きです。 無性にシュークリームが食べたくなる1冊。

先日DVDで映画版をみたので、原作もチェック。 映画をみて原作とか原作読んで映画とか、このパターンが多いなw 登場人物が若干増えたり、家族個々の設定は映画より丁寧で映画じゃサッと流してた部分も細かく書… このレビューの続きを見る

過去に自殺を図り、「父さんを辞める」と言って 父という役割と仕事をやめた父親。 父の自殺に心を痛め、別居している母。 天才といわれ全てにおいてパーフェクトだったが、 進学せずに農家となり、本気になら… このレビューの続きを見る

「父さんは父さんであることを辞めようと思う」 最初のページにあったそのセリフにひかれて 読んだのだけれど、 なんだか全てがとても安易に、ありきたりに流れていった。 中学から高校にかけての 女の子の… このレビューの続きを見る

1日で読み終わっちゃったよ おもしろかったぁー やっぱし瀬尾まいこさんの本好きだぁ 家族のつながりとか 大切に思う人の気持ちとか・・・ 深く考えてみた 本て考えさせられるよなーって 思ったよ 家… このレビューの続きを見る

明るく楽しいお話ってわけではないけど、文章から明るさというかあたたかさがにじみ出てきて、なんだかほんわかした。父が父を辞めると宣言する所から話が始まる。当たり前のことが当たり前じゃなくなった時どうな… このレビューの続きを見る

3.4

幸福な食卓

09:53:By ホンヤガヤマダ

 第26回吉川英治文学新人賞受賞作  「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」  「え?!」  本屋さんでオビを見て思わず購入。  今春映画化された作品。  中学校国語科教員という筆者。  なるほ… このレビューの続きを見る

幸福な食卓

20:21:By tawagoto

つい、買ってしまいました。 まだ、鼻毛読み切れず・・・。 行きたい場所と 見たいモノと 聞きたいモノと したいことと 会いたい人と やらなきゃいけないことも たくさんあって しあわせだけど、時間と体力が足りない。 毎年夏は、予定がないようで 毎週どこか行って 夏が終わる頃、体調を壊す。 そういうパターン。 今年で3回目の花火はまた、沖縄料理と一緒に。

3.4

幸福な食卓

16:00:By 生存報告

ちょっと前に映画化(調べたら公開が2007年1月だった)していた作品。今更かなーとも思いつつ、本屋で見かけたので買ってしまいました。 一人称で書く方って、皆さんやわらかい文書きますよね。とても読みやすく… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品