>
[Amazon] ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)
ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

ブラフマンの埋葬

おすすめ!3.7 [3.7](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:211171位
  • Amazon価格:¥ 432
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062756935(講談社)
ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.7 [3.7]

再読、泉鏡花賞受賞作。本作が単行本として出版されたのが2014年、10年以上の月日が流れたのであるが、本屋大賞を受賞した『博士の愛した数式』に続く作品としてクオリティの高い作品を上梓したと話題になったのが… このレビューの続きを見る

ある出版社の社長の遺言によって、あらゆる種類の創作活動に励む芸術家に仕事場を提供している“創作者の家”。その家の世話をする僕の元にブラフマンはやってきた―。サンスクリット語で「謎」を意味する名前を与えら… このレビューの続きを見る

ブラフマンの埋葬

14:04:By 受賞本

 ブラフマンの埋葬  著者 : 小川洋子  受賞歴 : 第32回泉鏡花文学賞 受賞

今回はちゃんと 3日くらい前に読み終わったやつの レビュー書きます!笑 前回読んで、感動だった ”博士の愛した数式” の著者・小川 洋子 さんを また買っちゃいました ブラフマンの埋葬 まぁあらすじを読んで… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説/詩 森で拾った小動物ブラフマン。『創作者の家』という芸術家に貸し出している家の管理人はブラフマンを飼うことにした。滞在者に文句を言われながらも、管理人に愛され育つブラフマンだった… このレビューの続きを見る

読書期間:2007/5/31〜2007/6/1 ある出版社の社長の遺言によって、あらゆる種類の創作活動に励む芸術家に仕事場を提供している。その家の世話をする僕の元にブラフマンはやってきた。サンスクリット語で「謎」を意味する名前を与えられた、愛すべき生き物と触れ合い、見守りつづけたひと夏の物語。第32回泉鏡花賞受賞作。

 評価は1000円。  ブラフマンは水性動物の名前。主人公の男は怪我をしていたブラフマンを手当てし、交流が始まる。埋葬というタイトルが示すとおり、物語の最後でブラフマンは死ぬ。ブラフマンは結局何と… このレビューの続きを見る

関連する商品