DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed チルドレン - 伊坂 幸太郎 のレビュー全103件 JUGEMブログ

>
[Amazon] チルドレン (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

チルドレン (講談社文庫)
チルドレン (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

チルドレン

おすすめ!3.6 [3.6](103件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:6572位
  • Amazon価格:¥ 648
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062757249(講談社)
チルドレン (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(103件) 3.6 [3.6]

3.6

チルドレン

14:05:By 読書三昧

今日はなぜか、すごーく懐かしい本を読んでみた。 チェ・ゲバラはじめ、手元に積んである何冊かの本を差し置いて。   なぜなら登場人物の陣内氏が好きだから。 身勝手で口が悪くて態度もデカく… このレビューの続きを見る

チルドレン

11:26:By 読書家宣言

  

【伊坂幸太郎 講談社文庫】 連作短編集。 でも、ほとんど長編と言っても差し支えないかもしれない。 伊坂のお馴染みアイテム、銀行強盗の話しからスタートしてます。 時代が行ったり来たりするのも、視点が… このレビューの続きを見る

 両方とも、家族内で起こるありきたりな話かなと思って、 喰わず嫌いならぬ、読まず嫌いをしていました。 少し考えれば、この作者だったらフツーの家族や親子の話な訳ないこと、 わかりそうなものなのに 共に… このレビューの続きを見る

 陣内最高!! とにかくオススメです♪ 盲目に対する想いやりに感動しました(´・ェ・`) 自分が五体満足なことや 安易な言葉に頼っていることを 認識させられる… 本当に大事な事とか 信じること・信じられることに 改めて気づき感謝したいと思いましたw 陣内は最高で最強♪

3.6

チルドレン

14:51:By niko niko*

短編集なんだけど、長編。 物語が全部リンクしてるところも井坂幸太郎らしい。 まとめると陣内の物語。笑 全然意味わかんないけど、陣内がすごい好きです。 魅力的な人って、こういう人のこというんじゃないかと思った。 井坂幸太郎の作品って、こうゆう魅力的な登場人物が必ずいる。 本に入り込んで、好きになる。話してみたくなる。 「砂漠」の西嶋以来の強烈なインパクトでした。

チルドレン

23:16:By Wisteria note

伊坂幸太郎は有名ですよね。 読んだことなかったんですけれど、ためしにね! ゴーストハントが読みたいのですが、購入するには軍資金が足りない。足りないけど、読みたい!という気持ちをなだめるために読んでみ… このレビューの続きを見る

3.6

チルドレン

09:54:By 野良犬の時代

目の見えない人にお金を渡すおばさんと、受け取る盲目の永瀬さん。 それをずるいという陣内さん。 渡すおばさんの気持ちは決して悪ではないし、 盲目の彼もその厚意を理解し受け取っている。 ずるいという陣内さん… このレビューの続きを見る

先日この本を開きました。 2回目です。 『チルドレン』 さっと読めてしまう読みやすさ。 そして、面白い。 出てくる登場人物たちの交わす会話。 そして、〈陣内〉という男の強烈なキャラ。 こんなキャ… このレビューの続きを見る

連作短編集ですが、時間軸が連続していないのが特徴で、それがこの作品をより面白くしていると思います。 なんといっても、第1編「バンク」の出だしが良いですね。いきなりサビから入るJ-Popみたいで、あっと言う… このレビューの続きを見る

 また伊坂幸太郎。この伊坂幸太郎はめちゃくちゃ好き。主要登場人物の三人の男の子たちがいい。会話も好き。見えるものも見えないものもすべてすごく好き。すごく普通ですごく普通じゃなくて、昔の思い出みた… このレビューの続きを見る

「バンク」 「チルドレン」 「レトリーバー」 「チルドレン?」 「イン」 の5編からなる短編集で、章によって語り部が違いそれぞれの視点から物語を覗く感じです。 とっくに文庫化されていたものの、何故か読… このレビューの続きを見る

はじめての伊坂幸太郎作品。以前から気になっていたのですが、どの作品から手をつけてよいのか分からないでいたら、友だちが薦めてくれたのがこの作品でした。短編集の形式を取っているのですが、登場人物や出来事などそれぞれつながっているところがあって、全体で一つの作品となっているという構成でした。するっと読めて、たいへん面白かったです。機会があったら、他の作品も読んでみたいです。

連作短編集。 『俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、  いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内』 あっという間に読了。 かわいくてニヤリな話、好き。おもしろかったー(゜▽゜*) 今日で長かったお休みも終わり。 長期のお休みには必ず病気になる相方 もちろん今回も。風邪で寝込んでます。 明日から会社には行けそうだけど。。。サラリーマンの鏡ですな。

3.6

チルドレン

17:04:By シコウヒン。

何気ない、この日常は特別な事であって、 たくさんの奇跡にあふれている。

JUGEMテーマ:読書 試験期間に実は読んでいた本。    内容(「BOOK」データベースより) 「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めな… このレビューの続きを見る

チルドレン

14:20:By 揺れつづけ

「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。何気ない日常に起こった五つの物語が、一つになった… このレビューの続きを見る

3.6

パンプルムース!

01:34:By from Z to A

 いちばんさいきん読んだ本。装丁がきれいだ。このころから銀行強盗ネタなんだなあとしみじみした←なぜ

5年ぶりに再読しました。 家裁の調査員、少年犯罪の担当である陣内を中心に 時間軸が交錯する連作短篇小説です。 伊坂作品にはまるきっかけとなった思い出深い作品で、 今読み直してもやっぱり一番お気に入りの作品… このレビューの続きを見る

レトリーブ

05:30:By Bee

風呂で1章ずつ読むので そんな早くは読めないんだけどね(・ω・) うん、おもしろかった! 永瀬の盲目設定は、小説ならではですねー 活かされるというか、 読者も情景は想像するだけだから 彼目線の最終話の「イン… このレビューの続きを見る

3.6

53、54冊目

21:33:By ただの日記

面白い!

短編集というか連作集というか、そういう感じ。 登場人物は共通していて、一冊で一つの作品という感じ。 個々のキャラクタが個性的で それぞれのキャラクタが持つ背景とは別に あっけらかんと… このレビューの続きを見る

まったく空気を読まない男、陣内。それに振り回される人々。どこまでも自由です。「あいつは強盗にすら迷惑をかける」銀行強盗に出くわしても自由。そのわりに、職場は家庭裁判所。少年犯罪を担当する調査員である… このレビューの続きを見る

読み終わったー すごく良かった。 今まで読んだ伊坂作品の中で一番好きかもしれない。 「陣内」が素敵過ぎて。 陣内みたいな大人になりたい。 本気でそうおもった。 陣内のセリフを書き出して手帳に集めたいくらい。 今夜は涼しいな。 さむいくらいや。

チルドレン

17:20:By 受賞本

 チルドレン               ドラマ化  著者 : 伊坂幸太郎  受賞歴 : 第131回直木賞 ノミネート         第18回山本周五郎賞 ノミネート         2005年本屋大賞 5位         2004年傑作ミステリーベスト10 5位

3.6

チルドレン

11:10:By memo

内容(「BOOK」データベースより)「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。何気ない日常に起… このレビューの続きを見る

 伊坂さんを読み始める方へ贈りたい一冊です。小さいけれど特別なやさしさが各編に詰まってる。【粗筋】独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こ… このレビューの続きを見る

   独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに巻き込むが、なぜか憎めない男・陣内。 彼を中心に起こる不思議な事件の数々が、何気ない日常に奇跡が降り注ぐ・・・。 ホント、伊坂さんの世界は大好き。 面白かった!!! 奇跡は起きるような気がしてしまう。 滅茶苦茶だけど、もっともに思えることを言う陣内はカッコいい(笑) そして盲目の男・永瀬の冷静で聡明なところが好きだ(笑)

393

12:08:By tubutub u

本をよむ という行為は盲目の方のきもちにいちばん近いのではないかと おもったりした(違うかな)よくある短編集とおもってよんだらすべてがつながっていておもしろかった

チルドレン。

00:13:By alley

こんばんは。 今日は新規スタッフの採用面接だったんだけど撃沈です。 あと一人ほしいな。 あと一人いれば来月の長期休暇とれる…。 『死神の精度』先輩からかりて読んだけど、話の展開がけっこう好きで自分用に… このレビューの続きを見る

チルドレン

13:59:By 通勤読書の日々

伊坂幸太郎のいままで読んだ文庫版の中で個人的に一押し。 この人は「チルドレン」といい「死神の精度」といい 短編の面白さがずばぬけていると思う。 陣内というちょっと変(?)な人物を中心に 日常の中で… このレビューの続きを見る

実家に帰ってる間にDVD見たり本読んだりしたのですが 忘れちゃった☆ でも、これは読んだー 面白かったです 伊坂幸太郎全部読みたいなぁ まだ、読めるくらいしか出てないはず… このレビューの続きを見る

チルドレン

14:58:By kb

家裁調査官、陣内を中心に起こる様々な事件と、 それに纏わる小さな奇跡の物語。 5つの話からなる短編集。 時代、語り手を移り変えながら、話は進んでいくのだが、 各章に共通して登場する陣内という男が、全… このレビューの続きを見る

初の伊坂作品。 この本は「本屋大賞」を受賞したとか。 いつものことですが、予備知識ゼロで読み始めるので、 タイトルから推測して「中学生くらいの子供が出てきてワイワイ・・・」 な話なんだろうと思ってた。 実… このレビューの続きを見る

チルドレン。

14:37:By BLUE COLOR 

他の伊坂作品と一味違って、暖かみが前面に出てきてるような作品でした。 短編集なのだが、時系列に並んでいないところが、なんでやねん!と思ったけど、 一番肝心な部分?を最後に持ってきたのね、きっと。 でも… このレビューの続きを見る

(2004/06/06) “旬の作家”を3人挙げろと言われたらあなたなら誰を挙げるだろうか? 私ならまず伊坂幸太郎を挙げ、続いて石田衣良と垣根涼介を挙げる。 残りの2人に関しては異論があるかもしれないが、伊坂さんを挙げることに関しては作品の好き嫌いこそあれ異論はないはずである。

この間、人に本を読んだ方がいいよと言われて、自分でもそう思っていたので図書館へ行ったときに久々に読み物を借りてきた。 これからも継続的に読んでいければいいなという期待を込めて(またすぐ読まなくなる可… このレビューの続きを見る

 家裁調査官の話。一時期目指した分野だけに興味深い。けど。。途中挫折。良くも悪くも相変わらずな伊坂作品と思った。

寒いので、ひとこと感想にしておきます。 あとで追記するかも、しないかも。 ほのぼの クスッ なんとなくリアル 盲目はハンデなのか。

 ≪内容≫ こんなに面白い短編集があっていいのか?! 繋がってるようで繋がってない。それぞれの話が厚みを増す。そんな書き方。 話自体は日常のなかにある一風景なのかもしれないが、登場人物が半端なく面白い。

3.6

チルドレン

03:46:By 36. 5°

主人公入れ替わりせい、って私はすごく好きなタイプの小説らしい。

 大学のサークルでおすすめされて読んだけど、なにが面白いのかさっぱりわからん。広義のミステリ連作集らしく、たしかにトリックいくつか使ってあったけど、べつにそんな驚くもんちゃうやろ。むしろほんとに驚い… このレビューの続きを見る

 直木賞を取りそうで、なかなか縁がない人と言えばこの人、伊坂幸太郎。この『チルドレン』も確か直木賞候補になったような気がします。  本書は、短編連作でして、時系列はバラバラながら共通の人物が登場し… このレビューの続きを見る

内容紹介 「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々――。何気ない日常に起こった5つの物語が、1… このレビューの続きを見る

3.6

チルドレン

22:55:By Bottle Ship

「そう、トルーマン・カポーティ。彼の小説にさ、こんなことが書いてある。『あらゆるものごとのなかで一番悲しいのは、個人のことなどおかまいなしに世界が動いていることだ。もし誰かが恋人と別れたら、世界は彼… このレビューの続きを見る

 この本は四月下旬から五月の中旬の間、読んでいた本。  感想を書くのを忘れていた。  短編だけれど長編っていう本。表現が、おもしろい。  読書感想文を書く方々にはおすっすめだと思う。  のめりこんだよ、これ。    他の伊坂氏の本も買おうw

重力ピエロに続いて伊坂幸太郎の本を読みたくなったので本屋で適当に選んで購入。 もう面白くってそっこう読んだ。 家庭裁判所の調査官の話がメインなんだけど、おれも自分らしい人生を送ろうと思えるようにな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 久方ぶりの伊坂作品。 5つの短編集なんですが登場人物が被っていて、主観と時間がちょっとずつずれている。 それが不自然ではないところがすごい。 バンク チルドレン レトリーバー チ… このレビューの続きを見る

伊坂さんの話の中でも、トリック的な要素が少ない話です それでも、話の巧さや会話のテンポがやはり好きです 「陽気なギャング」で伊坂さんを知ったので、最初に銀行強盗のシーンがあって嬉しいです そこで歌… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ひと言で、めっちゃおもしろかった。 1日で読んでしまったっ。いいわー。陣内君 主人公は、陣内くんで、陣内君の回りの人から見た陣内君を書いてるんだけど、 強烈な陣内くんのキャラに… このレビューの続きを見る

大人になる歳

14:26:By 141_chip

「チルドレン」(講談社/伊坂幸太郎)を読んだ。 最初の話を読んだときは、陣内を変な奴というか、むしろ迷惑な部類に入る奴だと思った。でも、先の話を読んでゆくとだんだん、恰好いいじゃねーか!という気になる… このレビューの続きを見る

この本読んで 伊坂さんの本に はまった 陣内さんの周りの人達が でてくる短編集 陣内さん変やけど かっこいい 自分的には チルドレン2が 一番おもしろかったー

JUGEMテーマ:読書 さわやかな読後感が印象的な短編(実はつながって長編にもなる)作品です。

4月結構読んでるね8冊目☆ 何事にも立ち向かうをモットーに生きるハチャメチャな男・陣内と、彼を取り巻く日常+友人後輩たちを描いた「チルドレン」。この陣内が主役かと言われればそうであって、そうでもない。… このレビューの続きを見る

やっと読みました(笑 止まってましたからね・・。 この話は短編集だけど、まとまりがあって読みやすかった。 伊坂さんのこういうほのぼのとしたのは好きだけど、ミステリー!っていうのがなかったから、ちょ… このレビューの続きを見る

3.6

チルドレン

00:04:By

またもや伊坂作品。やっぱり読みやすい、おもしろい。 登場人物が繋がるとき、すごい達成感。 でもまぁ・・・そんなところかな。

3.6

チルドレン

11:26:By ギリギリジン人

最近よく出会う連作短編。 この小説は短編なんだけど、 短編ごとに主人公は違うけど、「陣内」という男の周りにいる人が主人公になっている。 この「陣内」がクセ者だがすごい奴。 一番すごいと思ったシーン… このレビューの続きを見る

3.6

チルドレン

02:02:By TAKUMA BOOKS

JUGEMテーマ:本の紹介伊坂幸太郎にしては、少々物足りない感もあるけど、まぁまぁおもしろい。 この作品、短編5作品構成でありながら、時間軸を変えてつながっている。 そしてその中心にいるのは、「陣内」という… このレビューの続きを見る

キーマンは「陣内」 この破天荒で空前絶後な男が 物語をかき回し,そして物語の鍵を握る 一応,短編集の体裁はとっているけれど 全体を見れば一気通関な最高のストーリー ほかの伊坂作品の例に漏れず 相… このレビューの続きを見る

チルドレン

23:13:By vanille plus*

ずっと読んでみたかった伊坂さんの小説。 やっと読むことができました。 正直、世間とはズレた好みかなと思っているので(笑) あまり期待せず読んだわけですが………。 ちょっともう久し振りにものすごい面白い… このレビューの続きを見る

3.6

チルドレン

13:50:By うさぎ日和

なんとなく買ったまま読んでいない本が、たくさんある。 読みたいなぁって思っているんだけど、 小説を現実逃避、いやいやのめり込んで読んでしまうタイプなので ちょうど気分がフィットしないと100%楽しめない… このレビューの続きを見る

可愛い可愛い後輩のすすめで読んだこの作品

≪内容≫ こんなに面白い短編集があっていいのか?! 繋がってるようで繋がってない。それぞれの話が厚みを増す。そんな書き方。 話自体は日常のなかにある一風景なのかもしれないが、登場人物が半端なく面白い。

JUGEMテーマ:読書 変人奇人非常識な陣内くんにまつわる連作短編集。 銀行強盗の人質にされたり、「世界が俺のために時間を止めた!」と言い出し、それが本当か検証しだしたり。 陣内くんの魅力をたっぷり楽しめ… このレビューの続きを見る

3.6

チルドレン

21:39:By Sound Sleep Machine

初めての伊坂幸太郎。 読んでいて、ぐんぐんお話に引き込まれる引き込まれる。 そして、登場人物がなんてみんな魅力的で、生き生きしているんだろう! 謎解きも上手。あと誰も死んだり傷ついたりしないのがよいです。

【★★★★★】 伊坂幸太郎にハマるきっかけとなった一冊目。 このとこ本屋に行けば、必ずずらりと並んでいるかなりの売れっ子作家だし、気にはなっていたけど。自分には合わないんじゃないかな?!とまたしても、読… このレビューの続きを見る

大変面白かったです。 伊坂さん、最初のほうは肌にあわないなあと思っていたのですが、(非常に「ウマイ」方だとは思いつつ…)最近読んだものはみんな面白いです。 発行順に読んでいるので、多分そうだと思うので… このレビューの続きを見る

3.6

チルドレン

17:51:By Sound Sleep Machine

test

『チルドレン』 伊坂幸太郎

短編集はあまり好きじゃないけど “短編集のふりをした長編小説”らしぃ 後で繋がる爽快さ 銀行強盗に遭遇する非日常で始まって ありそうで不思議な犯人にへぇぇ と思わされながらいつの間にか大人に 陣内は破天荒で大好き 近くにいたらそのPOWERで疲弊しそうな破天荒 でもそのpureさにぐっ いや〜今度も1回読も

いやー、これはスキです。伊坂幸太郎が、“わりとスキな作家”から“めっちゃ好きな作家”に変わりました。たとえネタが微妙だったとしても、色々思うところがあったとしても、それでもすきだー。伊坂幸太郎の作品の中… このレビューの続きを見る

派手じゃないけど読んだ後じんわり優しい気持ちになれる一冊。 陣内の後輩が語り手の話(ライブのやつね)とデパートの屋上で陣内がバイトしてる時の話が特に好きです。 ※なにしろ読んだのが数ヶ月前なので内容忘れかけました(笑) やっぱり伊坂作品は いい!!

出版社/著者からの内容紹介 こういう奇跡もあるんじゃないか? まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信じること、優しいこと、怒ること。それが報いられた瞬間の輝き。ばかばかしくて恰好よい、ファニー… このレビューの続きを見る

「チルドレン」伊坂幸太郎 いくつかの短編からなっている作品。 伊坂らしいリンク。人物から時間から素晴らしい繋がりでした。 本はあまり読まないなぁ‥という人にこそ!是非読んでいただきたい。 一編が短く… このレビューの続きを見る

 短編だが、登場人物で繋がっている作品。  陣内さんのキャラがなかなか良いです。  銀行強盗ものの「バンク」はこれだけで一冊いっといても良かったんじゃ?なんて思いました。 〜バンク〜  2人組の銀行… このレビューの続きを見る

読書期間:2007/7/31〜2007/8/2 「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々。何気ない日常に起こった五つの物語が、一つになったとき、予想もしない奇跡が降り注ぐ。ちょっとふぁニーで、心温まる連作短編の傑作。

3.6

チルドレン

20:15:By ぬらりひょん

☆☆☆☆☆ さすが伊坂作品!!!といった感じ。 今までよりも読みやすく後味もいい。 すごい爽快感。 もっともっと続編が読みたくなる。 陣内、好きです。 仙台が舞台ですけど、残念ながら仙台にそんなステキな… このレビューの続きを見る

3.6

チルドレン

21:52:By 文法ノート

今年一体何冊伊坂を読むつもりだ自分。 これは今まで読んだ伊坂幸太郎の中でもかなり好きなほうかも。 こういう他愛ない明るい話の方がいい気がする。 短編集ですが、なんとなく続いています。 登場人物はほぼ同じだけれど、 語り手が各話で変わるのでお騒がせ野郎? な陣内くんにも深みが出ていて、いい。 もうちょっとこの世界を覗いていたいな、とおもいつつ気分よく読み終わりました。

ジュゲムのモノコレランキングで2位になってて少し前に読んだのでレビューを。 ジャケ買いしました。 最近すごくよいカバーが増えてると思う。 で、感想ですけど 夏休みの宿題で中高生が読書せー、て言わ… このレビューの続きを見る

ところで、この表紙の人たちは陣内くんと鴨井くんなの?長瀬君…なのか? という訳でまた伊坂さんに戻ってしまう。このままでは文庫化されている伊坂作品を読破してしまう勢いだ。いや、多分するんだろうけど。 … このレビューの続きを見る

「そんなの、関係ねえだろ」 (文庫 P.177 / 『レトリーバー』) ああ言えばこう言う。 口論となれば絶対に負けない(退かない)。 強盗に対しても減らず口を叩き、女子高校生と口論になれば屁理屈を並べ… このレビューの続きを見る

1話完結の短編風だけど、全ての話は何処かで結びついている全5話。 陣内という家裁調査官を中心に話が進む。 それは、現在の話だったり、昔の話だったり。 でも、中心であって、主役じゃない。 色んな話の… このレビューの続きを見る

死神の精度を読んで伊坂幸太郎さんの小説にはまりました 独特の飄々とした登場人物、雰囲気が心地いい。 たまたま書店で目に留めた『チルドレン』 なんの前情報もなしで読みました。 こちらも飄々とした… このレビューの続きを見る

3.6

チルドレン

20:59:By Kaleidscope

ハズレでした。

3.6

チルドレン

22:17:By

 伊坂幸太郎著「チルドレン」をようやく読み終えた。 去年源孝志監督でドラマ化されたものも観たが面白い作品だった。 それでストーリーを知った気でいたのだが、やはりこういうのは別物と考えなければいけない… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎はキャラを書くのが上手い。

チルドレン

19:27:By Glass Pin

友達から借りたから読んじゃった。 さらっと読めて、良い息抜きになりました。 アヒルと鴨が読みたいわ。 映画も気まぐれで試写会出してみたけど外れたし。

「陣内」を巡る人生模様。 時間軸を交差させた、数々のエピソードのラストに、にやりとさせられます。 彼の小説を読むと、少しだけ気が楽になるなあ。一種の清涼剤だな。

チルドレン

20:43:By reading diary

最近伊坂作品にはまっています。何というか文章が「優しく」て(易しく?)読みやすいのが心地よい感じなのです。前にブログに書いた「オーデュボンの祈り」だって、クールな目線から語られている部分も多くあ… このレビューの続きを見る

文庫落ちしていたので購入。 私がアレコレ所感を書くよりも、直接本文を見てもらう方が良さが伝わりやすいと思うので、一番好きな部分を紹介。 一人称の主体は盲目の青年。優秀な盲導犬と恋人が居る。  … このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎の短編集。 ○バンク 主人公の大学生鴨居と陣内、そして盲目の男性永瀬が 銀行強盗に巻き込まれる話。 3人は無事に解放されるが、未解決になってしまった 事件の真相について、大胆に推理する。 … このレビューの続きを見る

チルドレン

13:16:By よそゆき

変な男、陣内が巻き起こす、巻き込まれる、首を突っ込む。 巻き込まれるほうは大変そうだけど、ちょっと楽しい。 陣内がらみの5編の短編連作。 伊坂さんの本が文庫になったから、買っちゃった♥ おも… このレビューの続きを見る

短編をつなぎ合わせ、読み終わると「あーそういうこと」と思わされる作品、とどこかに書いてあって、その「あー」を味わいたくて読んだ。  最終的にはそれほど「あー」とは思わなかったけど、でも一編一編の語り… このレビューの続きを見る

恐喝する人、される人。 その光景を見て、次に、あなたは何をしますか? ?恐喝されている人をかばう ?恐喝している人を殴る ?恐喝されている人を殴る 物語に一切一人称で書かれることのない主人公は、?の… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎の全作品を読んでいるわけじゃないけれど、3冊読んで、すべて一人称だっていうのがとても特徴的で、しかも、どの作品も登場人物が魅力的だっつうーの( って、この小説の登場人物、陣内のマネをしてしまっ… このレビューの続きを見る

目の見えない永瀬が、待ち合わせの為、バス停留所に居ると、見知らぬおばさんが「何も言わずに、これ使って」と5千円札を手渡す。生まれつき目の見えない永瀬は「またか・・」という感じでそれを受け取る。 「… このレビューの続きを見る

「俺たちは奇跡を起こすんだ」 独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。 彼を中心にして起こる不思議な事件の数々――。 何気ない日常に起こった五つの物語が、一つ… このレビューの続きを見る

チルドレン

01:09:By HONEY SOURCE

やっとこさチルドレン読みました! じ、陣内さん…!ってなる。 なんだろ、主役じゃないんだよね。 影の主役?っていうのかな。 他の4人から見た陣内が書かれているんですよね。 時間軸のズレっぷりが良い。… このレビューの続きを見る

伊坂さあーん^^ 買っちゃいました♪ 短編集として読むんじゃなくて 1つの大きな物語として読んだほうがいいと思うよ!!

ついに出ました。待望の文庫化! 私にとっては、すごく思い入れのある小説です。 物語はオムニバス形式で、いろんなこどもたちをめぐる物語。 そこに出てくる、陣内って人が、私は本当に好きで。 伊坂小説の中で… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎さん「チルドレン」を読みました☆ 気付いたら彼の作品も、7作品目。 今までの中で一番読みやすかったかな。 今更ながら、この方好きです。 グラスホッパーも、来月には文庫になってくれるようで嬉し… このレビューの続きを見る

やっぱ、すごいな、伊坂さん。 内容はもちろんですけど、その構成というかなんというか。 いろんなところにいろんなものがちりばめられている(あいかわらず抽象的な表現)。 登場人物の陣内もかなり素敵です。

今回読んだ本;チルドレン 伊坂 幸太郎 「俺たちは奇跡を起こすんだ」 独自の感性を持ち、とことん我が道を行く男、陣内。騒がしく個性的で周りを巻き込むが何故か憎めない。 そんな陣内を中心に巻き起こる、いや、寧ろ陣内が巻き起こした五つの事件と物語。 自分だけを特別扱いする陣内と五つの物語が繋がった時、『奇跡』は起こるのか? ばかばかしくも恰好よい、五つの奇跡。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品