DB Error: connect failedDB Error: connect failed 空を見上げる古い歌を口ずさむ - 小路 幸也 のレビュー全6件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 空を見上げる古い歌を口ずさむ (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

空を見上げる古い歌を口ずさむ (講談社文庫)
空を見上げる古い歌を口ずさむ (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

空を見上げる古い歌を口ずさむ

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:662414位
  • Amazon価格:¥ 616
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062757362(講談社)
空を見上げる古い歌を口ずさむ (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

空を見上げる古い歌を口ずさむ 著/小路幸也 P311 ≪37文字×16行≫ 【あらすじ】  みんなの顔が<のっぺらぼう>に見える−−。息子がそう言ったとき、僕は20年前に姿を消した兄に連絡を取った。家族みんな… このレビューの続きを見る

不思議なタイトルに興味をそそられて購入。 謎めいた事件が起こるのと人がばったばったと死んでいく(笑)展開に「この先どうなるんやろ」とどんどん読み進めました。てかあっさり人死にすぎです(笑) 解す者うんぬんあたりは何となく解りました。

読書期間:2007/8/6〜2007/8/8 みんなの顔がに見える―。息子がそう言ったとき、僕は20年前に姿を消した兄に連絡を取った。家族みんなで暮らした懐かしいパルプ町。桜咲くや六角交番、タンカス山など、あの町で起こった不思議な事件の真相を兄が語り始める。懐かしさがこみ上げるメフィスト賞受賞作!

 みんなの顔が〈のっぺらぼう〉に見える…  小学生の息子彰に、そう告げられた凌一は  20年間顔を合わせていない兄の言葉を思い出した。  「誰かが〈のっぺらぼう〉を見るようになったら呼んでほしい」 … このレビューの続きを見る

ある日突然、人の顔がみんなのっぺらぼうに 見えるようになってしまった少年のお話。 のっぺらぼうの話なので、ややホラーっぽい雰囲気ですが、 怖くはないので、気軽に読めると思います。 むしろ、回想シー… このレビューの続きを見る

関連する商品