>
[Amazon] 冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

冷たい校舎の時は止まる(上)

おすすめ!3.7 [3.7](51件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:18839位
  • Amazon価格:¥ 918
  • ユーズド価格:¥ 39
  • ISBN/ASIN:4062758229(講談社)
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(51件) 3.7 [3.7]

『冷たい校舎の時は止まる』読了 なんというか、うわああああ〜〜〜と思っていたらいつの間にか終わってた。という印象 もともと辻村深月は友人のすすめで『スロウハイツの神様』を読んではまったクチなのです… このレビューの続きを見る

コウモリ

22:04:By STORY OF NOISE

席が窓際だった時のこと。 授業がいつものように面白く無いので、隣の校舎を見ていると 校舎に黒いものが付いていた。 よく見るとコウモリだった。 あんなところにコウモリがいると思い眺めていた。 授… このレビューの続きを見る

3.7

図書館戦争

13:10:By tantan blog

岡田くんが読書投票で1位に選ばれたとか…。いいなあ。 というわけで、ミーハーなワタシは図書館戦争を読み始めています。 「天地明察」はもうひとつのもうすく公開の岡田くん映画。 実は仕事がらみで、ス… このレビューの続きを見る

3.7

寝不足の日々

21:31:By tantan blog

サッカーがある夜は、寝不足がつらいです。 お久しぶりです。たぬきです。 スペイン戦ではもうだめかと思っていたら、勝っちゃって。昨夜は昨夜で、最後の最後で点が入っちゃって、勝っちゃって。ちょっとだ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review  女の子小説家さんだなぁ、という感想。 めちゃくちゃ長い。早く犯人(というのか?)を特定したいという思いが急いて 急いで読み上げてしまいました。 『自殺をしたのは誰か?その… このレビューの続きを見る

ラゾーナの丸善に行きました。 私の大好きな辻村深月のコーナーも出来ていたり 今ハマっている東川篤哉のコーナーも出来ていたり そして、人気作家のところに置かれたフリーペーパー 辻村深月のフリーペーパーを… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のこ… このレビューの続きを見る

辻村深月デビュー作。第31回メフィスト賞を受賞。 尊敬する作家・綾辻行人氏の好きな作品「十角館の殺人」と同じレーベルから出したいとう希望から、メフィスト賞に応募したという経緯があるらしい。 第31回メフ… このレビューの続きを見る

しゅごキャラ新刊と画集が10月6日に発売だって。 わー楽しみ。 表紙!表紙なんという。 キセキとヨルととか。 なんか凄いな。 D・N・ANGELも出てました。 明日買って来ようと思います。 ・・*・・ 読めたよ。 … このレビューの続きを見る

ジャンル:ミステリー 装丁:文庫 価格: 819 円 雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じこめられた八人の高校生。 開かない扉、無人の教室、五時五十三分で止まった時計。凍り付く校舎の中、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  青春ドラマのような話を続けて読んだので 今回もそのジャンルかと思って読み始めたら 「雪山山荘」系になり 「そしてだれもいなくなった」になり ホラーになって ・・・最後、青春ドラ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般 あんまり更新しないまま 6月になってしまいました・・・ パソコンが戻ってきたら mixiに入りびたりで(^^; 後、本を読み出すと 止まらなくなって 時間があれば本を読んでました 辻村美月… このレビューの続きを見る

 辻村深月2作目。風邪引いて薬を飲んでいるせいか何となくぼんやりしながら読む。むむむ。まずかったか。しんしんと雪が降りしきる中での冷たく儚い物語。ラストの温かな季節のなかで向かう榊くんへの道のり… このレビューの続きを見る

上下約1100ページくらい スピーディ読了。するくらいひきこまれました。分けてゆっくり読むつもりだったのに。なるほどメフィスト賞。受験前の1月、高校3年の主人公たちが雪の中登校してくると、あれ?他の人いなく… このレビューの続きを見る

辻村さんの作品は、比較的分厚めなものが多いんですがそれでも面白くてスラスラ読めてしまいます。 この作品もとても面白くて、「次は次は?」と、ページをめくる手が止まりませんでした。 主人公は受験を控えた… このレビューの続きを見る

21

01:08:By すみれ色ソーダ

上下で1000ページ 読み終わるまでが長かった でも苦にならないくらいおもしろかった でも痛かった 次から次へとページをめくりたくなるあの感覚はすき 辻村深月の作品はどれも少し長いけど機会があればどんどん読みたい 以下ネタバレ注意

奇しくも大雪の日に読破したので、寒さは臨場感たっぷりでした。 そして上巻読了後、怖くてゆっくり風呂に入れませんでしたwある意味ホラー小説。 概要。 雪の日の学校に登校したクラス委員八人は、なぜか校… このレビューの続きを見る

 冷たい校舎の時は止まる  著者 : 辻村深月  受賞歴 : 第31回メフィスト賞 受賞

3.7

冷たい校舎の時は止まる

17:44:By

最近レビュー書いてなかったので再開。相変わらず読み漁っててレビューを書くのが億劫で。もう本が好き過ぎなので図書館に住みたい!そして近所の子どもたちの噂になりたい!!さて、このところハマり気味の辻村深… このレビューの続きを見る

 バイト先の元スタッフに薦められて気になったので購入した本。 他にも文庫化している作品を読みましたが どれもスラスラと読みやすく、私はこの方の作品が好きです。 登場人物に共感する部分も多いし。 著者と年齢が近いせいもあるのかなぁ。 何かね…切なくなるんですよね。 「あぁ…うん、そうだよね」という感じで。

センター試験も近いある雪の日、登校したのは8人だけ。休みだったか? 他のクラスも誰もこないし、教師も現れる様子がない。一人が帰ろうとしたとき、彼らは学校に閉じ込められたことを知る。 10月の学園祭の日… このレビューの続きを見る

  予め言っておくと、 あたしは辻村深月作品を『子どもたちは夜と遊ぶ』〜『ぼくのメジャースプーン』 まで、文庫で読み終わって、漸くデビュー作の『冷たい校舎の時は止まる』 を読んだ訳です。 だから何… このレビューの続きを見る

『お前ね、自分の痛みより先に他人の痛みに気付くようだとなかなか幸せになれねぇよ』 いろんな痛さを知って人は生きていくのだなあ、とつくづく。 そして何度も何度も失敗する。 「子ども」がゆえの痛さ… このレビューの続きを見る

辻村深月さんのデビュー作(第31回メフィスト賞)で、中の登場人物から作家名をとられたようです。 雪の多いある日、男女8人の生徒はは学校に登校しますが、そこは誰かの強い想いが作り上げたまぼろしの世界でした… このレビューの続きを見る

冷たい校舎の時は止まる

22:16:By kb

いままで、何冊かの小説を読んできた中でも、 伊坂幸太郎氏、乙一氏の作品は、 物語としての巧妙さが好きで、大変気に入っている。 ―そんなある日、書店で彼女の作品を見つけた。 『ぶ厚っ!!』 ○第一印象 『… このレビューの続きを見る

わりと分厚めな文庫ですが、長さは全然気にならなかったです。 続きが気になって上下巻一日ずつで読みました。 そして夜中に読むのは怖いいい(((((((( ;゚Д゚)))))))) あの日に自殺したのは誰だったのか? あ… このレビューの続きを見る

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその… このレビューの続きを見る

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその… このレビューの続きを見る

冷たい校舎の時は止まる(上) 辻村深月 講談社ノベルス/文庫 文庫版上巻読了。 雪の日に校舎に閉じ込められてしまった高校生たちの話。 彼らを閉じ込めた犯人は数ヶ月前に自殺した生徒らしい。 何故か顔も… このレビューの続きを見る

去年、昔の日記帳を見つけてしまい 破って捨てた。 中学から高校にかけてつけていた日記は 読み返す勇気がないくらい こっぱずかしくて、破って捨てた。 表に出している感情とか態度とかと 内側で思っていることが… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 もう何回も読んでるのに、読むたび胸が切なくなる。 この小説の魅力は辻村先生の巧妙な伏線とストーリー、 それと素敵な登場人物たちだと思います。 登場人物たちの心情がそれぞれ章ごと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:趣味 校舎に閉じ込められた8人 なぜ8人だけなのか? 担任の榊は? そんな疑問があがる この8人のなかに学園祭での自殺者がいるのか? そして徐々に消えていく仲間 5時53分に消えていく

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 今日は給料日なので、仕事帰りに漫画版「とある魔術の禁書目録」の最新巻を買いに駅前のセルバへ。アニメが大人気のせいか?あと3冊しか残ってなかったので、さっさと買う。それと先週、訪れた時に気になった… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 雪の朝、登校してきた深月たちを待っていたのは、 妙に片付いた、誰もいない校舎。 時計が止まり、閉じ込められた校舎の中で、ふと気づく。 文化祭のあの日、自殺したクラスメートが誰だっ… このレビューの続きを見る

メフィスト賞受賞作。 ちょっと厚めの上下巻だったけど、一気に読んでしまった。 雪の中集まった8人の生徒たちが、無人の校舎に閉じ込められる。そして彼らは、自殺したクラスメイトの名を、どうしても思い出せな… このレビューの続きを見る

ある雪の日、学校に閉じ込められた男女8人の高校生。どうしても開かない玄関の扉、そして他には誰も登校してこない、時が止まった校舎。不可解な現象の謎を追ううちに彼らは2ヵ月前に起きた学園祭での自殺事件を… このレビューの続きを見る

辻村さんのデビュー作

いやはや。久しぶりの投稿がレビューとは本当に申し訳のない気持ちでいっぱいです。 とりあえずレビューに入る前にちょっと言い訳をさせていただきます。 本当に、聞き苦しいことこの上ないのですが。 今、創… このレビューの続きを見る

第31回メフィスト賞受賞作。 冷たい雪の降るある日、 彼らはいつも通りに登校したはず… “扉が開かない” 無人の校舎に閉じ込められる8人。 何が、誰が彼らを閉じ込めたのか。 2ヶ月前に自殺した同級生… このレビューの続きを見る

名前を使ったトリックが肝なのかも知れないが、結構あっさりホストと某キャラの正体は判った。 でも逆に早く判ったから自殺した同級生の正体を思い込みから見誤って結局は著者の掌の上で踊らされてた。 そりゃ、… このレビューの続きを見る

  閉じ込められた8人の高校生 ―――雪はまだ振り止まない 「ねえ、どうして忘れたの?」 弟に薦められて読んだんですが、こ‥これは、ツボだ(爆)久々に休みとって続き読もうかと本気で迷いました。(サボり… このレビューの続きを見る

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫) 大雪の日、校舎に閉じ込められた8人の高校生。 誰が閉じ込めたのか、どうして閉じ込められたのか。 その謎を探していくミステリー…ではないような気もするけど、 … このレビューの続きを見る

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその顔と名前がわからない。どうして忘れてしまったんだろう―。第31回メフィスト賞受賞作。

仲のいい高校生の男女8人が、異空間の校舎に閉じ込められ、 一人ずつ消されていくというホラーっぽい青春ミステリ。 変な世界に学校ごと行ってしまった学園モノということで、 雰囲気はちょっと漂流教室に似… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 第31回メフィスト賞受賞作 私立青南学院高校の3年生の生徒が飛び降り自殺をした。  雪の中、数人の生徒は登校したが、担任教師は教室に現れず、他の生徒も登校してこない。休みなのか?… このレビューの続きを見る

ああ、面白かった。やっぱり私はミステリーが好きだ。こんな良いミステリーを読むと、心から思う。良いミステリーは、タネ明かしの瞬間に「どうして分からなかったんだろう、あんなにヒントがあったのに!」と数々の… このレビューの続きを見る

■上下巻(文庫) 初めて読んだ作家さんでした。 でも、この出版社・このレーベルはわりと信用していますので(自分的外れが少ない、という意味で) きっと大丈夫。しかもメフィスト賞受賞作なら安心。 と… このレビューの続きを見る

いろんな方から薦められて手に取ってみました。が、主人公の名前が作者と同じなことにドン引き……。しかもか弱くて守られまくりな主人公。「うーわー」と思いながらも、とりあえずページを捲ってみる。と、意外にも… このレビューの続きを見る

この本、本屋さんで「何か面白そうな本ないかなー」と探してて何気に手に取った一冊でした。 始めのうちはギャル(笑)とか男っぽい口調(男勝りではない)の女の子とか『いかにも小説』な登場人物に感情移入できな… このレビューの続きを見る

雪降るある日、いつもどおりに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。 開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。 凍りつく校舎の中、2ヶ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出… このレビューの続きを見る

関連する商品