DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 永遠の0 - 百田 尚樹 のレビュー全95件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 永遠の0 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

永遠の0 (講談社文庫)
永遠の0 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

永遠の0

おすすめ!3.9 [3.9](95件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:2669位
  • Amazon価格:¥ 946
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:406276413X(講談社)
永遠の0 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(95件) 3.9 [3.9]

 地上波で映画版 永遠の0が放送されていたので録画しつつ追っかけ再生で観ました。 ちなみにぼくは映画版の前にドラマ版、須本 壮一作画のコミカライズされた一巻だけを読み、原作はノータッチです。  映画… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 すごい今更ですが、読みました。 実は映画もまだ見ていません。 映画見る前に読みたかったのでここまで我慢してきたと言ってもいい。 厚いです(笑) でも、アッと言う間に読めます。 … このレビューの続きを見る

*あらすじ* 「生きて妻のもとへ帰る」 日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた……。 人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎と… このレビューの続きを見る

分類は、本の紹介じゃないけれど、日本そのもののつもりではあるけれど、そんな所に私の考えが及ぶべくも無い。ただ、山本七平、大岡昇平を読んでも戦争のことは、何もわからない。ましてや、実際に兵隊に行った方… このレビューの続きを見る

何で志願したのだろう、もうそこまで来ていた、敗戦。でもそれは、後知恵というものだろう、後になって考えれば、何とでも言える。今、私の携帯には、あの3.11の前後のメールを残している。それは、何とも平和… このレビューの続きを見る

テレビでも何度も涙した。家人どころか子供にも嗚咽を・・・聞かれてしまった。何が・・・と考えたのだ。それは、多分、子供を思う気持ち、そして、守る気持ち、そう、小さくは、子供、家族だろうし、大きくは、日… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:大東亜戦争について 昨年夏に映画「永遠の0」を鑑賞していましたが、この夏ようやく原作である書籍を読み終えました。 この作品は放送作家である百田尚樹氏の作品で、太平洋戦争中に使用され… このレビューの続きを見る

 かなり今更ですが「永遠の0」観てきました。原作は読んでませんが、逆に読まないほうが映画に没頭できるかと思い未読のままです。いやー泣けた泣けたwまさに滂沱の涙。特攻隊で死んだお爺さんの足跡を辿る… このレビューの続きを見る

「永遠の0」

14:25:By moji*lib

国のために命を捨てるのは、日本人だけではありません。我々は天皇陛下のためという大義名分がありました。しかしアメリカ人は大統領のために命は捨てられないでしょう。では彼らは何のために戦ったのか。それは… このレビューの続きを見る

3.9

本「永遠の0」

17:49:By A cup of tea♪

 「永遠の0」を読みました。映画は見ていないので、初めて手に取ったのですが、分厚くて読み応えのある本でした。 率直な感想は、「あぁフィクションだな」ということでした。もちろんフィクションなのですから… このレビューの続きを見る

久々に号泣してしまいました +   +   + スタバのドリンク無料券が今月いっぱいまでだったので、 買い物か帰りに一息♪ バレンタインチョコレート プレッツェル モカ  フラペチーノ そう言えばサイズ聞かれなかったなぁと思ったら、 いちばんでっかいサイズが登場!! またまたお菓子のいただきもの…。  

ここ最近新聞の投書欄で「映画を観て感動した」という投書が多かったり、原作もあちらこちらで大変評判がよかったので、百田さんの小説は初でしたが「読んでみたい」と思うようになりました。 職場の利用者さんで… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般    太平洋戦争の終戦から60年後の夏。 司法浪人・健太郎は祖母の葬儀の際、今の祖父の他に、実の祖父がいたことを知る。 そして、ゼロ戦の天才的パイロットだった、今… このレビューの続きを見る

先輩から「ぜひ見て」とお勧めされた映画 「永遠の0」見てきました。 エンターテイメント系戦争映画は大好きですが ヒューマン系戦争映画は避けて来ました。 この類はハッピーエンドはありません… このレビューの続きを見る

浜松軍団は昨日・・・ お泊まり合宿!!! この人たちは どこまでも伸びていくと思います!(笑) 裸祭! 流石です♪ __________________________ _______… このレビューの続きを見る

映画を見て、そしてこの本を読みました。映画も良かったのですが、いやあ、この本、久々に感動が止まりませんでした。昨日、新年から仕事、その通勤の往復で半分、そして、今、残りを読みました。何とも言えません… このレビューの続きを見る

お晩です。もののけです。前日に封切られたばかりの、「永遠の0」を観て参りました凄く、勉強になりました。「ああ、映画の観方もこうなってしまったか・・・」の、職業病的鑑賞の仕方です(笑)あの時代に、あの戦… このレビューの続きを見る

3.9

永遠の0

21:17:By つれづれ読書日記

JUGEMテーマ:読書  重い一冊でした。(色々な意味で)話題の作家さんだし、映画化もするしちょっと読んでみようかと軽い気分で手にとってその瞬間から、重い一冊になりました。太平洋戦争の流れと戦場での… このレビューの続きを見る

話題の出版からかれこれ数年たちますが、 遅ればせながらやっと「永遠の0(ゼロ)」を読みました。 以前から読もう読もうとは思いながら、 あれもこれもと別なものばかり読んでいて、 最近になってやっと読了しま… このレビューの続きを見る

3.9

永遠の0

21:08:By 輝く星

今日やっと読み終わりました。こちらの作品。 やっぱり百田先生の作品は読みやすくて、2日で読み終わりました。 感想は以下ネタばれになりますので、気になる方は続きからお読みください。 ご一読する価値はあると思います!  

今日も元気イッパイ★ 忙しくしているように思われる私ですが、 時間を見つけては本を読んでいます。 人と話すことと同様に、本を読むことは相手(著者)の 言いたいことを混じりっ気なく知ることができ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:学問・学校   太平洋戦争(大東亜戦争)の歴史は自分の祖父や祖母が経験しているだけに一番身近な「歴史」だった。 300万人の犠牲者を出すこの戦争の意味は何だったのか? どうして… このレビューの続きを見る

今年の12月に映画が公開されると聞き、気になって図書館で予約して読みました! 実は、いつ予約したか全く覚えてないのですが・・・(笑) 百田尚樹著 /「永遠の0」 ※ネタバレ有り 放送作家なだ… このレビューの続きを見る

今回は岡田さんが今、語りたい読みかけの本のこと。百田尚樹さんの『夢を売る男』。岡田さんもブラマヨの番組を見ていたのね。僕もたまたま見てた。確かにあのキャラクターは興味持ちます。でも、読もう… このレビューの続きを見る

百田尚樹著「永遠の0(ゼロ)」講談社文庫自分では決して買わないであろうこの本。貸してもらいました。確かに面白い。確かに感動を呼ぶ。確かに涙なしでは読めないだろう。しかし、やはり戦争時代の話はしんどい… このレビューの続きを見る

3.9

「永遠の0」

17:33:By つぶやき手帳

 全体としてよく描けた小説だと思います。書店には平積みで並んでおり、映画化もされるようです。 母方の祖父が実の祖父ではなく祖母が再婚した相手であり、実の祖父は終戦の直前に特攻で亡くなっていた・… このレビューの続きを見る

 永遠の0 読み終わりました\(^o^)/いやこんなに元気な感じで読み終われなかったけど。泣きすぎて頭痛したわ(笑)永遠の0は、戦時中に特攻隊として亡くなった祖父、その名も宮部久三氏の軌跡を、当時彼と共… このレビューの続きを見る

 昨日、大橋さんとこの本の話になった・・・↓↓↓百田尚樹 永遠の0 あらすじ 今からほんの60数年前に起こった若き日本の侍たちが繰り広げた話、、、 - ユクダイの最新ニュース東京の部屋に置いたまま、ま… このレビューの続きを見る

戦争が終わって既に68年が経とうとしている。子供の頃、父母から戦争当時小学生だった父母の話をよく聞いたし昭和生まれの自分にとっては最もメモリアルな出来ごととは認識しているものの、やはり漠然としたこと… このレビューの続きを見る

なんとなくタイトルに魅かれた本。・・・・こういうことってあるよね〜?私は結構あります。

零戦イヤーなの?

00:24:By 00000

超今更ですけど「永遠の0」を読みました!面白かったです(率直)

永遠の0

16:38:By 金魚のアレコレ

 だいぶ前に人に薦められて読んだ。 祖父の記憶をたどるインタビューのところは抜群に面白かった。 著者が丹念に調べたと思われる裏づけがあるからかな。 最後のところはあんまり感心しなかった。

3.9

永遠の0

16:08:By Bottle Ship

JUGEMテーマ:読書「一つだけ聞かせてください」とぼくは言った。「祖父は、祖母を愛していると言っていましたか」伊藤は遠くを見るような目をした。「愛している、とは言いませんでした。我々の世代は愛などという… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:叫び!JUGEMテーマ:戦争・紛争       こんにちは、中年男子です。   ようやく『永遠の0』を読了。   とまれ、昨年のamazonベスト10に名を連ねるだけあって面… このレビューの続きを見る

3.9

永遠の0

23:17:By 気分は上々で

JUGEMテーマ:読書  読み始めて、戦争ものでちょっと重いので止まってしまうかな・・・と思ったけど。最後まで読めました。ただ、最後は・・・。個人的には、ちょっと・・・。

『永遠の0』本屋大賞受賞作家・百田尚樹さんのデビュー作にして大ベストセラー作品です 「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終… このレビューの続きを見る

 ミーハーですが、TVの某番組で紹介されていたので 図書館ではなく、久しぶりに本屋さんにて購入。 全くの予備知識がなかったので 正直、戦争の話だと分かった時は「うわ、どうしようかな」と読むのをた… このレビューの続きを見る

永遠の0

11:38:By かきなぐりR

感動する、もしくは泣ける本で、よくこの作品が登場していたので、気になっていました 本屋サンでも、目立つところに並べてあったので購入 帯やPOPの「感動」「涙」「切ない」の言葉に何度騙されたか(苦笑) 眉… このレビューの続きを見る

短く 靖国参拝 理解求める考え強調4月30日 13時12分 菅官房長官は、30日午前の記者会見で、韓国が国会の本会議で安倍政権の閣僚による靖国神社参拝などを非難する決議案を採択したことについて、「外交… このレビューの続きを見る

3.9

泣けた!

21:44:By 雑記帳

 去年、王様のブランチか何かで取り上げられたときに購入したまま、今年まで眠っていました。 これを読んでいたとき、ちょうど著者がテレビで紹介した&映画化らしく、今でも取り上げられている作品です。 読… このレビューの続きを見る

************************************************ あらすじ 司法浪人を繰り返し、壁を越えられず悶々と日々を過ごす青年。 彼の祖父・宮部久蔵を調べることになり知る事実。 臆病者などと言われながらも生き抜く… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 投資・資産運用とは関係ないエントリです。(うん、そのはず)今週はなかなかにキツい仕事で出張してました。その道中に読んだ一冊です。文庫本ですが、かなり分厚いです。物語の本体が575頁。… このレビューの続きを見る

  今さっき永遠の0を読み終えました。

友達のゆきんこちゃんがすごいオススメしていたので、 戦争ものが嫌いな私ですが、読みました!! いやぁ~すごかった・・・・ 重かった・・・・辛かった・・・ でも読んでよかった。 そんなお話でした。 太平洋戦… このレビューの続きを見る

本日読了。電車の中で3回ほど泣いてしまった。凄かった。参った。噂に違わぬ迫力と展開。最近では多くの経営者のバイブル的な本になっているらしい。「死」を突き詰めると「生」が輝く。そりゃあ「精一杯生きてや… このレビューの続きを見る

 話題沸騰中。

ずっと積読状態だった本。どんな内容の本か知らずにそのままにしてありましたが、この本をもっと早く読むべきだったと思います。 これまでも何冊か戦争の本は読んできましたが、なぜ日本が負けたのかこれほど分… このレビューの続きを見る

永遠の0 (講談社文庫)百田尚樹講談社発売日:2009-07-15ブクログでレビューを見る»奥さんから借りた本。賛否両論あるようですが、戦時中の本をほとんど読んだことがない私にはおもしろく読めました。陳腐とい… このレビューの続きを見る

前評判

22:26:By F-note.

 映画はよくありますよね。 前評判が良かったから期待したのにラストががっかり!みたいな。 私は映画はあまり観ないのでそういうことはあまりないのですが、本の場合はよくあります。 今日ご紹介する[永遠の… このレビューの続きを見る

いい本を読んだ、そんな心地よさが先ず第一の感想だ。特攻隊員であった祖父の事を、祖父を知っている人たちに話を聞いて行くという「壬生義士伝」的構成であるが(壬生義士伝もオススメです)感情のピークが波の様… このレビューの続きを見る

 なんと先日読んだ”永遠のゼロ”が 映画化されるらしい・・・・ 公開は2013年・・・・ 主人公の”宮部 久蔵”を演じるのは V6の 岡田准一くん・・・ 宮部の妻の松乃役に 井上真央ちゃん 宮部の孫の佐伯健太… このレビューの続きを見る

百田尚樹さんの『永遠のO』を読みました。 ストーリーは「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。 そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。 終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ… このレビューの続きを見る

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物… このレビューの続きを見る

戦争で亡くなった祖父は、自分の妻を本当に愛していたのか?   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は… このレビューの続きを見る

―内容(「BOOK」データベースより)― 「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べてい… このレビューの続きを見る

永遠の0

01:17:By 掌にダイヤモンド

2011年最後に読んだのがこの本で本当に良かったです。     志願兵として戦地に赴きながら「生きて帰りたい」と言い続けた祖父は、終戦の一週間前に特攻で亡くなっていた。 国のためならば命をも厭わないという軍… このレビューの続きを見る

3.9

永遠のゼロ

22:59:By 五臓六腑

主人公の宮部久蔵。 すごい男です。 男の中の男。 こんな男になりたいね。 この本を進めてくれた友人に感謝。 背筋がピンとしました。 久々に五臓六腑にしみました。 ありがとう。

3.9

永遠のゼロ

20:46:By Wonderful Days

10日間かけて600ページの小説をちょっとずつ読みました。 フィクションとはいえリアリティのある描写で、各々の場面を想像できて面白かったです。 太平洋戦争下の日本の様子、航空隊の最前線の過酷さが痛いほど伝… このレビューの続きを見る

3.9

永遠の0

22:40:By くねくね式

本屋で推されているのを見るたびに気になっていたのですが、いかんせん戦争ものでしかも特攻隊のお話ということもあり手が出ず・・・ でも、やっぱり思い続ければ?どこからか手元にやってくるわけで。 太平洋戦争… このレビューの続きを見る

 いやいや。。。かなり辛かったぞ 読み切るまで。太平洋戦争の現実を知らされる。それが辛い。あまりなことで辛い。でも 小説としてすごい成立のさせかたをしている。これがデビュー作だなんておどろきだ。意味のある小説。日本人としてこれが現実であった、と知っておくべき事実が書かれている。久しぶりに「読んだ!」とココロにずっしり来る。

 八月のこの時期にこの本に出会えて良かった。****終戦60年の夏,健太郎は死んだ祖父の生涯を調べ始める。生まれる30年も前に亡くなったからか特に特別な感情も無く,また戦争経験者も歴史の舞台から消え… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 大好きだったおじいちゃんが、自分達と血の繋がった祖父ではなく、本当の祖父は戦時中に亡くなっていたということを知らされた慶子と健太郎の姉弟。自分達の本当の祖父である「宮部久蔵」が一… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ 祖父の生涯を調べていた。天才だが… このレビューの続きを見る

3.9

語り継ぐバトン

13:48:By HoliHoliday

  久しぶりに戦争モノを読みました。 正直、戦争関係の本は苦手で避けてきたけれど これは戦争そのものズバリというより、 現代を生きる孫が、戦争で亡くなった祖父について、 戦時中、特攻隊などで戦った友人… このレビューの続きを見る

あらすじ: 謎の多い祖父の戸籍、沈黙が隠した家族の過去。すべての家庭の床下には、戦争の記憶が埋まっている。新宿角筈『翡翠飯店』クロニクル。 中華料理店を営む一家のお話。 満州移民だった祖父母の過去パー… このレビューの続きを見る

永遠の0(ゼロ) 百田尚樹:著 零戦パイロットの話。平和な時代の若い人こそ読むべし。 ※上記は海軍の事だけど、下記は陸軍パイロットの話です。 http://ncode.syosetu.com/n5303f/

0201. 1103. 永遠の0

22:07:By Cool Mouse

泣ける──。そしてやり切れない思い。 感想書くためにパラパラめくっていても鳥肌が立ち泣きそうになります。 まだ映画になっていない。いつ?期待を裏切らないで…。 優れたゼロ戦を作れたところまでは良かったんで… このレビューの続きを見る

3.9

今、読んで

02:12:By 路地裏書庫

 「永遠の0」 百田 尚樹 著 姉からの話で、司法試験浪人生の青年が、祖父のことを調べていく――― その祖父は、自分たちの母すら覚えていない。戦死した男性だった。 祖母は1番目の夫を亡くし、今、自分たち… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書太平洋戦争を戦った、腕前は天才的だが臆病者と噂された零戦パイロット・宮部久蔵。 終戦から60年後、主人公はふとしたきっかけから祖父・久蔵のことを調べはじめる。 かつての戦友や教え子たちの… このレビューの続きを見る

永遠の0

18:35:By ぶくわむ

なんというかもう、ため息ですよね。ため息を出して、自分が息を詰めていたことに気づかされるんです。 『永遠の0』とは何ぞや、というと、『0』は零戦を表しています。太平洋戦争中に使われていた日本海軍の零式戦闘機のことです。 そして本書は、その零戦を駆り特攻戦死した一人の男――主人公の祖父を追いながら戦争というものを見つめ直す話なのです。

司法試験に4度も落ち、目的を失ってニート生活を謳歌していた健太郎はフリーライターの姉にバイト代わりに彼らの実の祖父のことを調べないかと持ちかけられる。 祖母が亡くなった時、その身体にしがみついて号泣し… このレビューの続きを見る

 ちょこちょこ色々読んでいますが、久々涙した作品「永遠の0」と、再度確認のため手に取ってみた本、「赤ちゃんからのシュタイナー教育」。 「永遠の0」は、ベストセラー本。読むのが遅い私でも2日あれば読… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本先の大戦の受け止め方については、左翼を中心とした自虐史観や、民族派の主張するアジア解放史観などが存在するが、私はその双方に違和感を感じ続けていた。 一方的な否定も肯定も、とも… このレビューの続きを見る

若い世代の日本人には特にこれを読んで欲しいと思う。平易に読めるので、こういった本をドアオープナーとして、日本のために戦った英霊たちが何をし、何を考え、生き残った人も含めどのように苦しんだのかを肌身で感じるようになればと思います。どう生きるのかが問われる一冊だと思います。

  久しぶりに本を読みました。 最後まで読んだのはいつ振りだろう……(考えると怖いものがあるね!!← 色々と、他の方のレビューも見て思ったのですが、脚本作家とかって言うを抜きにしても、 読んでいてすごく映… このレビューの続きを見る

3.9

永遠の0

22:23:By Every dog has his day

読み終わったあと余韻に浸りすぎて、涙が頬をつたってきました。 こんなにも どしん と心に響く小説、しかも二次世界大戦を描いたものに出会えてよかったです。 帯には大好きな児玉清さんが絶賛、の文字。でも… このレビューの続きを見る

3.9

今度はユーロ暴落

00:19:By

JUGEMテーマ:FXをやってみよう! 今度はユーロですか?107.795で買値を入れていたら約定しているではないですか これが底であがってくれたらいいのですが・・・ AUDも76.084で約定しそのままあがってくれ 総資産-60000円

 夏前から、のんびり読み始めている本です。 この年になって、自分の知らない世界に生きた人たちのことが、少し知りたくなりました。 この季節は、よくテレビでも、終戦の番組って多かったけど、メディアで与… このレビューの続きを見る

最後はぐいぐい引き込まれ一気に読んじゃいましたが・・・気になるところ。 ★みんな登場人物泣きすぎ。感動した、感情を揺れ動かされた=泣くっていう表現方法ばっかりは稚拙、つまらん。特にジジイの話に感動して… このレビューの続きを見る

3.9

永遠の0

21:42:By

 - 人間の恐ろしさと美しさ - 永遠の0というタイトルは、宮部の遺志を継いだ人々の物語ともいえる。 彼の強い気持ちは周りの彼を慕う人々に乗りうつり、生きつづけた。 そういう意味で永遠の、なんじゃな… このレビューの続きを見る

永遠のゼロ

10:27:By naturot

戦争で亡くなった祖父の生涯を調べ始める孫(姉・弟)が軸になり、ストーリーは進みます。姉の結婚相手(女の人生は男で決まる)を決める箇所など盛り込まれており、読み応えがありました。靖国神社で展示されてい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般 久しぶりに、一気に読めた。 本書を戦争の悲惨さをテーマにした小説ではない。 もちろん、戦争小説でもない。 特攻や人間魚雷・・。 こんな馬鹿馬鹿しい不幸をアメリカもドイツも経… このレビューの続きを見る

誰が戦争なんて始めたんだろう。お国のためにとたくさんの若者の命が無惨に奪われた。たかだか65年前。。あたしにはもう両親はいない。祖父母ももちろんいない。戦争の話を直接聞いたことがない。戦争は教科書で教… このレビューの続きを見る

「フィリピンで読もう」と成田空港の本屋で買った小説のうちの一冊。 平積みされていたので、きっと売れているのだろう程度で内容も吟味せず買ったのだが 途中まで読んで後は帰国してから読んだ。 フィリピンで… このレビューの続きを見る

3.9

永遠の0

00:40:By SSF読書部

 どーも新入部員です。初めての本なのにかなりヘビーなチョイスですが、通勤電車で読むには涙腺によろしくないです。現代に生きる私なんかと同年代くらいの青年が特攻で亡くなったという自分の祖父の歴史を辿… このレビューの続きを見る

3.9

百田 尚樹 【永遠の0】

01:58:By

戦争を知らない世代(自分を含め)には是非読んで頂きたい。とても分かりやすく戦争の悲惨さが伝わってくるし、生き残った者たちの語る無念さというのも胸に響く。ただ、小説としてはどうなのかなーと思った。いろい… このレビューの続きを見る

永遠のゼロ

15:19:By

人と待ち合わせをして、1時間ほど暇をつぶさなければいけなかったので、本屋でおもしろそうな本を探していました。 オビにあの児玉清が「号泣した」と大絶賛していたので、思わず購入したのがこのご本。。。 死ん… このレビューの続きを見る

超一級の飛行技術を持ちながら、生に執着する戦闘機乗り宮部久蔵。 終戦から60年、孫の健太郎は当時の祖父を知る人達から話を聞きながら、彼の人物像と真実の愛へと近づいていく。 久しぶりに大泣きしてしまった。… このレビューの続きを見る

永遠の0

09:13:By duffer日記

 亡き本当の祖父の姿を追って、元特攻隊の兵士たちに話を聴き、それらの話をまとめる作業を引き受けた孫。見えてきたのは、凄まじい時代に生きながら、人として、男としての自分を貫いてきた宮部久三という男… このレビューの続きを見る

日本にいる間になるべく本を読んでおこう(仏語の事前勉強しろ自分。。)作戦発動中のため、2ちゃん読書スレを漁る。そこで見つけたこの本、「永遠の0」。スレッドの中でかなりの絶賛ぶりだったので買ってみた。 … このレビューの続きを見る

「今の私の一番の夢が何かわかりますか」「何ですか」「生きて家族の元に帰ることです」先の大戦。生きる事に誰よりもひたむきだった青年。妻と娘に再び会うために、過酷な戦場を生き延びてきた男が、自ら特攻に志… このレビューの続きを見る

「永遠の0 / 百田尚樹」読みました。 日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた…。人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎と… このレビューの続きを見る

 こういうまじめな(?)小説って苦手だけど。いろいろ思うことがあった。でも、素直には書けない(苦笑)。それでも死ぬ必要があったのか、はやっぱり少し疑問。

「人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。元戦友たちの証言… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品