DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 獣の奏者 2王獣編 - 上橋 菜穂子 のレビュー全19件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)
獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

獣の奏者 2王獣編

おすすめ!3.8 [3.8](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:7474位
  • Amazon価格:¥ 751
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062764474(講談社)
獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.8 [3.8]

ここで一度終了だったのね。個人的には続き早ぅ!ですよ。 どうなるの?ねぇ、これからどうなるの?だもん。 王獣はペットではない。というのを身をもって知ったエリン。 代償は小さくとも精神的には大きいわ。左の指2本失ったし。 その前には耳と肩とを縫ってるし。

3.8

大人の階段

21:38:By 六角形の日記帳

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 3月に来て欲しくない(涙目 もう新人レポートとか勘弁して欲しいのですが…… さて続きですね。 獣の奏者 上橋菜穂子 講談社文庫 エリンの成長物語第二… このレビューの続きを見る

カザルム学舎で獣ノ医術を学び始めたエリンは、傷ついた王獣の子リランに出会う。決して人に馴れない、また馴らしてはいけない聖なる獣・王獣と心を通わせあう術を見いだしてしまったエリンは、やがて王国の命… このレビューの続きを見る

 自分の身体能力を遥かに凌駕する「獣」と、その生命に責任を負ったことがある。私が以前飼っていたのは、グレート・ピレニーズ(ピレニアン・マウンテン・ドッグ)という超大型犬だった。この犬は、もともと… このレビューの続きを見る

3.8

「獣の奏者」

19:30:By A cup of tea♪

 現在教育テレビでもアニメを放映中の「獣の奏者」!ミントが読んでいたので読ませてもらったら、おもしろかった!とにかく一気に読み終わってしまいました。ファンタジーの世界の中にも、リアリティーがあって、… このレビューの続きを見る

こんな人間になったことを、母は悲しむだろうか。成長したエリンの物語、続編。 『獣の奏者 ?王獣編』 上橋菜穂子 あっという間に2巻まで読んでしまいました。 アニメの内容はこの王獣編までですね。 エ… このレビューの続きを見る

 うーん。 さすがというか何というか… 展開が気になって気になって気になって…∞ 珍しく会社の帰り道、ちょっとだけと思って歩き出しながら さらっと冒頭だけ読んじゃえ、と読んでたら、 いつの間にか立ち止ま… このレビューの続きを見る

 『獣の奏者』 読みました。王獣編までですが、おもしろかったです。ファンタジーとか少女とか獣とか言うから、どうせ十二国記の二番煎じだろうとあなどっていたがそうでもなかった。人間が自分たち以外の動… このレビューの続きを見る

いやー、強烈に面白くて、ページを繰る手が止まりませんでした。まさにノンストップの面白さ。 止められなくて、寝不足になってしまいました。 この作品への思いは何とも複雑で、エリンと王獣リランとの、心を通わ… このレビューの続きを見る

あらすじカザルム学舎で獣ノ医術を学び始めたエリンは、傷ついた王獣の子リランに出会う。決して人に馴れない、また馴らしてはいけない聖なる獣・王獣と心を通わせ あう術を見いだしてしまったエリンは、やがて王… このレビューの続きを見る

この小説はエリンとリランとの物語りだ。 上橋菜穂子さんの小説はファンタジーだけど物語りの中の世界には しっかりとした歴史や決まりがあって、実際にある世界のような気さえする。 その上、登場人物が魅力的な人… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 王獣リランの世話をし続けたエリン。彼女の運命を変える出来事が起こり…感想は?と聞かれたら「泣けた!」と返す。ここで終わっていい。だけど続きが欲しいと思うのもある。なるほどという終わりに涙した。

獣の奏者

19:59:By longlongcake

終章は昼に食堂で読んでいて危うく涙がこぼれるところでした。3、4巻はいつ文庫になるのかなぁ。待ち遠しいです。

3.8

獣の奏者 ...上橋菜穂子

23:55:By

おもしろすぎて、一気に読み終えてしまった。これも後輩がふと貸してくれた本。オススメらしい。とにかく借りた本を返すことに執念を燃やしていてふと手に取ったのだけど、あっというまに読み終えてしまってびっく… このレビューの続きを見る

獣の奏者 ?王獣編 上橋菜穂子 講談社/講談社文庫 獣の奏者第2弾。 絶対に理解しあうことが出来ない人と獣がそれでも歩み寄ろうとする話。 一歩間違えたら王獣がただのペットになってしまうと思いつつも… このレビューの続きを見る

3.8

62、63冊目

13:55:By ただの日記

 

 10月は上橋菜穂子月間な感じの私の読書でしたが、『神の守り人』に引き続いて『獣の奏者』も読みました。単行本では同時期に完結編まで発行されましたが、まずは文庫になった「闘蛇編」と「王獣編」を。やっ… このレビューの続きを見る

獣の奏者

02:15:By 象亀庵(仮)

この本はファンタジーが苦手、という人にはオススメの一冊(二冊)。 読んだ後で知ったが、最近3巻、4巻が出たそうで、それを作者が書いた経緯は、 2巻の巻末にあるので、ここでは割愛。 (1)闘蛇編 エリンは母… このレビューの続きを見る

あらすじ: 獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母は処刑されてしまう。孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、山… このレビューの続きを見る

関連する商品