>
[Amazon] 空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

空飛ぶタイヤ(上)

おすすめ!4 [4](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:9058位
  • Amazon価格:¥ 745
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062764520(講談社)
空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 4 [4]

池井戸潤さん、まだまだ続く〜。 +   +   + 朝からベッドに放りっぱなしになっていた携帯電話。 夜8時に気がついたら、お誘いメールが2件。 ランチが1件 飲みが1件。 嗚呼、今日は1日暇だったのに気がつかずめっちゃ残念〜 しかも旦那さんも忘年会でいないのに〜  

運送会社でトラックのタイヤが飛び歩行者が死んでしまうという事故があった。当初その運送会社の整備不良という流れになったが、運送会社の社長は自動車自体のリコール隠しが原因だと突き止める話。物語が運送会社、自動車会社、被害者、警察 の4つの立場で展開していくので登場人物が多く正直名前が出てきただけだと「誰だっけ」状態になるが面白い。事故の犯人に仕立て上げられ苦境に立たされた運送会社が救われるオチは痛快。

 まだ、日中は暑いですねwJEEPで走るにはいい感じの季節です。さて、ロスジェネの逆襲をあっという間に読破して、火がつきましたwで、池井戸作品にはまりましてw空飛ぶタイヤという作品を読みました。実際… このレビューの続きを見る

*あらすじ* 走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論… このレビューの続きを見る

  Amazonでの内容紹介(あらすじ) トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、 通りがかりの母子を襲った。 タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも…。 自動車会社、銀行、警察、週刊誌記者… このレビューの続きを見る

あまり馴染みがない企業小説というジャンルだけど、 ドラマのDVDが面白かったので、原作も手にとってみました。   あーよかった!! 読み終えたあと、思わず笑顔になってしまった。   「町の運送屋なめんなよ」―… このレビューの続きを見る

【あらすじ】 中小運送会社・赤松運送のトレーラーのタイヤが突然外れ、近くを歩いていた母子を直撃し、母親が死亡するという事故が発生した。トレーラーを販売しているホープ自動車の調査によると、赤松運送の「… このレビューの続きを見る

 昨日、日帰り韓国に行ってきました。韓国にいる患者さんの治療兼 お見舞いを兼ねて行きました。まずは、羽田空港。 今月の21日に新しい国際空港へと生まれ変わります。ようやく海外の人に胸をはれる空港が… このレビューの続きを見る

 昨日、日帰り韓国に行ってきました。韓国にいる患者さんの治療兼 お見舞いを兼ねて行きました。まずは、羽田空港。 今月の21日に新しい国際空港へと生まれ変わります。ようやく海外の人に胸をはれる空港が… このレビューの続きを見る

 昨日、日帰り韓国に行ってきました。韓国にいる患者さんの治療兼 お見舞いを兼ねて行きました。まずは、羽田空港。 今月の21日に新しい国際空港へと生まれ変わります。ようやく海外の人に胸をはれる空港が… このレビューの続きを見る

この本のおかげで寝不足です。個人的には『果つる底なき』より断然面白かったです。止まらない・・・。

JUGEMテーマ:読書感想文 この作品を読んだのは恐らく、去年のG.W.だったと思います。単行本を借りたのですが、とにかく「分厚い」本でしたが、読むのを止められなかったですねぇ。それくらい、引き込まれました。… このレビューの続きを見る

大企業が苦手だ。 嫌い、とか思うわけではないけれど 大企業では働けないな、と思う。 新卒で就活してたときも、母親が 「なんだかんだ言っても寄らば大樹よ」 なんて言ってるのを右から左に聞き流し 「小さいと… このレビューの続きを見る

関連する商品