>
[Amazon] ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)
ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

ブラックペアン1988(上)

おすすめ!3.7 [3.7](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:485112位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:406276525X(講談社)
ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.7 [3.7]

 「イノセント・ゲリラの祝祭」が今ひとつだったこともあって、しばらく遠ざかっていた海堂尊でしたが、この本にだけはかなり食指が動いていました。たまたま妻が日本に一時帰国した折に買って帰ってくれまし… このレビューの続きを見る

●本日の読書 ・「ブラックペアン 1988(上)(下)」海堂尊/講談社文庫  うん、今回も面白かったです。宝島社文庫「チーム・バチスタ」シリーズでお馴染みの高階病院長の若き日のエピソードです。学生時代の田口… このレビューの続きを見る

3.7

読書の秋

15:22:By むにめも

 ちょい前ぐらいに読み終わったかな? これの20年後が現在の話になってるみたいですね。ジェネラルの速水やらが研修生でちょろっと出てくる。 人の好みはあるだろうけど、下手なミステリーより面白いって思うw 今読んでるやつも、もうちょいで終わりそう。 通勤に読むか!wって思ったんだけど本がデカいからカバンに入れるのがめn(((ry

1988年、「神の手」をもつ佐伯教授が君臨する東城大学総合外科学教室に、帝華大の「ビッグマウス」高階講師が、新兵器を手みやげに送り込まれてきた。「スナイプAZ1988」を使えば、困難な食道癌の手術が簡単に行え… このレビューの続きを見る

よーし(^^)b

00:25:By Tutto bene

今日のバイトはそりゃあもう 人手が足りなくて大変でした(苦笑) どうしてこうなった? ってくらい困りましたよ。 学生なんだからもっと出ようよー!! うちなんて土日固定なんだぞwwwww そういえば明日は鎌倉… このレビューの続きを見る

海堂さん続きで読んでみました。 ミステリーではあるけど、ヒューマンというのか群像劇みたいな感じもします。 今回は医療ものだということで、思っていたとうり馴染みの人物もたくさん登場します。 若き日の方々… このレビューの続きを見る

ブラックペアン1988

10:47:By T_plus!

  というわけで、ブラック・ペアン。チームバチスタ〜の病院の過去編。グッチーたちも出てくるよ!  化かし合いというか何と言うか、若い時はなるほどこーなるのかって言うか(笑)  基本的におもしろかったです。でもそろそろ違うタイプの主人公も見たいかな。

一九八八年、世はバブル景気の頂点。 「神の手」をもつ佐伯教授が君臨する東城大学総合外科学教室に、帝華大の「ビッグマウス」高階講師が、新兵器を手みやげに送り込まれてきた。 「スナイプAZ1988」を使えば、… このレビューの続きを見る

3.7

『ブラックペアン1988』

08:08:By B*C

 どうしても白い巨塔なんかを思い浮かべてしまうが。しかし読み応えある医療ミステリー。単独でも十分、また、海堂尊作品の伏線探し?としても楽しめる。

チーム・バチスタの栄光で舞台となった東城大医学部での過去の話。の上巻。 天才外科医・渡海、佐伯教授、天下の帝華大学からの刺客・高階講師の間で行われる駆け引き。 新人研修医・世良がその間を奔走していく… このレビューの続きを見る

ブログに書くの、この作品がはじめてとか意味わかりませんが(笑)いちおう「チームバチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」「ジェネラル・ルージュの凱旋」「螺鈿明細」は読んでいます。後で……感想書けるかな…(… このレビューの続きを見る

実は2010年一発目の読書です。確か、文庫発売は年末だった気が・・。版元は講談社ですが、舞台はもちろん桜宮市、東城大学医学部付属病院。例のバチスタよりずっと前のお話です。 研修医となった世良は、東城大… このレビューの続きを見る

 渋かった。バチスタシリーズを読んでからこれを読むと、その人物の深さが分かってさらに面白い。医療の世界は白黒ではっきりできないことも多いよな、とこれを見ると思う。個人的には医者は高給取りでいいと… このレビューの続きを見る

あのハサミのような医療器具のことをペアンって言うんですね。初めて知りました。おなじみの人物も登場してくるので、イメージが広がります。この辺は上手ですね。

海堂尊『ブラックペアン1988(上)(下)』あらすじ(上)一九八八年、世はバブル景気の頂点。「神の手」をもつ佐伯教授が君臨する東城大学総合外科学教室に、帝華大の「ビッグマウス」高階講師が、新兵器を手みや げに… このレビューの続きを見る

関連する商品