DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 新世界より(上) - 貴志 祐介 のレビュー全19件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 新世界より(上) (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

新世界より(上) (講談社文庫)
新世界より(上) (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

新世界より(上)

おすすめ!3.5 [3.5](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:12893位
  • Amazon価格:¥ 788
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062768534(講談社)
新世界より(上) (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.5 [3.5]

 1000年後の日本。人類は「呪力」と呼ばれる超能力を身につけていた。自然豊かな「神栖66町」で平和に暮らしていた渡辺早季も12歳で「呪力」を手に入れ、「全人学級」で「呪力」の訓練を行うことに。学校の夏季… このレビューの続きを見る

 拝啓 Tommy毎日、死ぬほど暑いよね。会社着くと汗が噴き出す。夏ってさ、どうも苦手。生まれた季節なのに。(ウマレタキセツダカラ?)まあ、どうでもいいんだけれど。「新世界より」っていう本を昨日読み終… このレビューの続きを見る

SFものは読みなれてないのでめっちゃ時間かかってる。 なかなか読み進められない。 「新世界より」何か起きそうな予感むんむんなのに、読むのが遅くてまだなにも起きてない笑 タイトルで世界ってついてるだけあっ… このレビューの続きを見る

強さってどういうことなのか、「あなたは強い人ね」っていう言葉とか。 強い人って、どんな辛いことでも耐えられる人のことだってずっと思っていた時期があります。 辛いことがあるたび、心に傷を負うたび、痛く… このレビューの続きを見る

千年後の日本。すべての人間は念動力を持っていた。能力は人によって大きさやできることやなんかも違うが基本的に子供の時代に、それぞれのタイミングで目覚め、コントロールの仕方を覚えていく。そして人間同士は… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  始まりはレトロで少し風変わりな村。それはとんでもない世界の、表向きの一面でしかなかった。価値観、道徳観、なにからなにまでこの世界とは異質で、じわじわ真相に近づいていく行程は… このレビューの続きを見る

やー・・・すごい小説だった。ため息しか出ない 読んでる最中、ドヴォルザークの『新世界より』が頭の中でエンドレスに鳴り響いてて、 この交響楽に負けないスケールの作品でした。 恐怖と緊張でこんなに手に汗握る… このレビューの続きを見る

裸 出っ歯 鼠

22:02:By xx0013xx

一流のグラップラーになると敵を想像して戦うことで強くなることができます。 あの刃牙は等身大のカマキリと戦っていました。 等身大のこいつとは戦いたくないな。 ハダカデバネズミ 貴志祐介「新世界より」に登場するアレです。 でも大丈夫。 俺グラップラーじゃないから。 ほっ。

 貴志 祐介による小説「新世界より」が面白かったです。 呪力という万能の力をもった人間の社会や冒険を描いたファンタジー作品であると同時に、世界に隠された秘密を少しずつ暴いていくというSF作品でもあり、と… このレビューの続きを見る

 豊かな自然の中にある神栖66町という集落。夕方になると「家路」が流れ、外で遊んでいた子供たちは帰宅の途につく。周囲を八丁標(はっちょうじめ)と呼ばれる注連縄で囲まれた郷に暮らす人々は、「神の力… このレビューの続きを見る

足をですね、とぅるんっとぅるんっにしたいって記事を、しばらく前の写メ日記にあげました。 あれ酸のシートが入っていて、しばらく浸かっていると、足の皮がべろんべろんになるって美容グッズなんです。 ところ… このレビューの続きを見る

 長大な3冊に渡る物語でも集中力が途切れることなく、前評判通りとても面白く引き込まれた。よく描けたドラマだ。しかし、日本SF大賞を受賞したということも読む一つのキッカケだったが、これがSFかと問われれば… このレビューの続きを見る

この作者の、別の本を買おうと思ったらなかったので、じゃあ前回の本屋大賞の候補作を、と思って買った本。これがまた、最初の世界観説明のだるいところを過ぎたら、怒濤のような展開で、中巻を読み終わったあと、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 めんどうくさいと、 本を読むことすら、できなくなってしまう。 その上、震災以降は、本を落ち着いて読む、という気分には程遠く そんなわけで、ここ2ヶ月くらい、本を読んでいなかったんだ… このレビューの続きを見る

「新世界より」上中下巻読み終わったー。 上巻の前半読むのに2ヶ月かかったけど、上巻後半からは俄然面白くなって4日ほどで読了。 ひさびさに読み応えのある長編小説でした。

1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力」を得るに至った人類が手にした平和。… このレビューの続きを見る

3.5

『新世界より』

10:51:By 男爵日記

 『新世界より』(貴志祐介著,講談社,2011年)を一気に読み終えました。文庫本3冊分,上中下巻に分かれていましたが,あっという間でした。  今から千年後の,未来のお話です。しかし,現代の文明は様々な理… このレビューの続きを見る

 『新世界より』(貴志祐介著,講談社,2011年)の上巻を,昨日と違う本屋で見つけました。平積みの棚に1冊だけ。新品なのにカバーがボロボロです。想像するに,平積みになっていた本の一番上に置かれていた本で… このレビューの続きを見る

 第29回日本SF大賞受賞作。ハードカバー出た瞬間読んで、めちゃぶっといノベライズ出た瞬間2回目、先日3回目を読んだ、何度も読みたくなる徹夜本です。骨太なSFと、ホラー的な手法でグイグイ世界観に引っ張… このレビューの続きを見る

関連する商品