>
[Amazon] 新世界より(中) (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

新世界より(中) (講談社文庫)
新世界より(中) (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

新世界より(中)

おすすめ!3.3 [3.3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:16981位
  • Amazon価格:¥ 676
  • ユーズド価格:¥ 47
  • ISBN/ASIN:4062768542(講談社)
新世界より(中) (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.3 [3.3]

 1000年後の日本。人類は「呪力」と呼ばれる超能力を身につけていた。自然豊かな「神栖66町」で平和に暮らしていた渡辺早季も12歳で「呪力」を手に入れ、「全人学級」で「呪力」の訓練を行うことに。学校の夏季… このレビューの続きを見る

強さってどういうことなのか、「あなたは強い人ね」っていう言葉とか。 強い人って、どんな辛いことでも耐えられる人のことだってずっと思っていた時期があります。 辛いことがあるたび、心に傷を負うたび、痛く… このレビューの続きを見る

やー・・・すごい小説だった。ため息しか出ない 読んでる最中、ドヴォルザークの『新世界より』が頭の中でエンドレスに鳴り響いてて、 この交響楽に負けないスケールの作品でした。 恐怖と緊張でこんなに手に汗握る… このレビューの続きを見る

 貴志 祐介による小説「新世界より」が面白かったです。 呪力という万能の力をもった人間の社会や冒険を描いたファンタジー作品であると同時に、世界に隠された秘密を少しずつ暴いていくというSF作品でもあり、と… このレビューの続きを見る

(これは津波の前に書いた記事です)  町の外に出てはならない―禁を犯した子どもたちに倫理委員会の手が伸びる。記憶を操り、危険な兆候を見せた子どもを排除することで実現した見せかけの安定。外界で繁栄… このレビューの続きを見る

 貴志祐介の『新世界より』という本が気になっていまして,今日別件で本屋に立ち寄ったついでに棚を見てみたら,なぜか文庫版上中下巻の中と下だけしか置いてありません。店員さんに確認したところ,上だけ売り切… このレビューの続きを見る

関連する商品