>
[Amazon] アイスクリン強し (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アイスクリン強し (講談社文庫)
アイスクリン強し (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

アイスクリン強し

3.2 [3.2](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:212229位
  • Amazon価格:¥ 596
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062770768(講談社)
アイスクリン強し (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.2 [3.2]

JUGEMテーマ:読書 

病院の待ち時間は長い。予約していても、予約通りの時間になったためしがないのは、大学病院のせいだろうか。待ち時間が長いのを見越して、1冊鞄に忍ばせた。本当は、読みたい本は山ほどあるのだが、自宅にいると… このレビューの続きを見る

可愛い表紙とお菓子のにおいのするタイトルに一目ぼれ。 維新後まもない明治時代を舞台に、西洋菓子屋を営む主人公と幼なじみの巡査、成金のお嬢様などが次々に起こる事件に巻き込まれていきます。 目次は チ… このレビューの続きを見る

アイスクリン強し。

22:29:By #ff8c00*

江戸が明治に変わった維新の真っ只中の時代。 居留地育ちの皆川真次郎は西洋菓子屋を開店させるが…という話。 女学校に通う幼馴染の小泉沙羅や元旗本出身の巡査「若様組」等と、 時代の間を必死で生きていく若… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】江戸時代が終わり、新たに明治の時代が幕を開けた頃、「東京」に一軒の洋菓子屋・風琴屋が誕生した。居留地で孤児として育ち、菓子作りを学んだ皆川真次郎という男性が、店を開いたのだ。物珍し… このレビューの続きを見る

関連する商品