>
[Amazon] 鉄の骨 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

鉄の骨 (講談社文庫)
鉄の骨 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

鉄の骨

おすすめ!4 [4](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:5202位
  • Amazon価格:¥ 940
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062770970(講談社)
鉄の骨 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 4 [4]

【本】鉄の骨/池井戸潤 を読む。 銀行ものでなくても池井戸さんの本は面白い。テーマはゼネコンの「談合」。中堅ゼネコンの内部の対立、談合を通じて、ゼネコン間の対立、談合の調整役のフィクサー、議員。談… このレビューの続きを見る

大石圭の文庫本を買った。 『地獄行きでもかまわない』という、何ともまあ身も蓋も無いタイトル。 昨日、池井戸潤の『鉄の骨』を読み終えた。 650ページの大著で、かなりの日数かかるだろうと思っていた。 確… このレビューの続きを見る

日曜の朝。 ゆっくり目に起床。 まずはトイレ。 うん? 何となくおしっこの出が悪い。 普通、おしっこは、朝起きてから最初の1回目が一番多く出るのだが。 外は明るく柔らかな陽射しに包まれている。 空気も… このレビューの続きを見る

 「下町ロケット」以来の池井戸潤の小説です。 「池井戸潤の小説にハズレはあまりないよ」との知人の言葉を信じ、図書館からやってきた「鉄の骨」。内容まったくわからず借りたら、、ゼネコンの談合の話だった… このレビューの続きを見る

第31回(2010年) 吉川英治文学新人賞受賞談合。謎の日本的システムを問う感動大作!建設現場から“花の談合課”へ。若きゼネコンマン富島平太は、会社倒産の危機に役立てるか。大物フィクサーとの出会いの真相は――こ… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】中堅ゼネコン会社に勤める若手社員富島平太。現場で働く彼は、ある日、何故か本社からの抜擢により、通称「談合課」と揶揄される部署に異動することになった。悪いことだと思いつつ、会社のため… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品