DB Error: connect failedDB Error: connect failed 裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 - 山口 絵理子 のレビュー全23件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)で自分のブログにレビューを書く

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記

おすすめ!3.9 [3.9](23件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:76925位
  • Amazon価格:¥ 798
  • ユーズド価格:¥ 6
  • ISBN/ASIN:4062820641(講談社)
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(23件) 3.9 [3.9]

3.9

Mother House

21:59:By Make impacts

カテゴリーをフェアトレードとしましたが、山口さんが考えるのはフェアトレードではなくマザーハウストレード。 自分も実際に名刺入れ買ってみましたがとてもおしゃれで”一商品として”気に入っ… このレビューの続きを見る

裸でも生きる

23:07:By Potatomato

 バッグの会社「マザーハウス」創設者の自伝?エッセイ?とにかく波瀾万丈、天真爛漫な実話。笑エネルギーもらえたし、自分にもなにかしらできそうだなって思える本。山口さんとは同郷だからそれも手伝ってするする読めてしまった。ω色んなことが起こる人生だけど、人生は何でもアリなんだろうなぁ。

 この著者は本当に凄い。工業高校で柔道めっちゃ頑張る慶応大日本人初のバングラデシュの大学院というはちゃめちゃな人。こういう人にこそ我武者らひたすらという言葉がふさわしい。でも自分がここまで頑張れるかと聞かれると今はイエスと答えれない。昔のオレなら答えれたと思う。でも元気をもらえる一冊。100作目

こちらの本も、もとこちさんからのお薦めでした。23歳で起業した女性の号泣戦記。子供のころのことから、起業して2年くらいまでが描かれていました。そして息子の大学の先輩でした。息子より6歳上みたいなので… このレビューの続きを見る

 これまた、濃い〜人だ。 とても自分の人生の参考にはできそうにないけれど、 このパワーには激しく感心する。 多少方向性に無理があっても、無理やりねじ伏せてしまうような 強力な力。 元気を吸い取られそうです。

25歳という若さで「マザーハウス」という企業を立ち上げた山口絵理子さんの奮闘記です。 本当に、読み始めてすぐ感動涙感動涙の嵐。笑 壮絶な人生です。 その生き方に感銘を受けることは勿論、感動するだけでなく… このレビューの続きを見る

泣けるビジネス書といえば、これもオススメ。 最貧国発のブランドを立ち上げる25歳女性企業家の話です。

単行本: 263ページ出版社: 講談社 (2007/9/22)言語 日本語ISBN-10: 4062820641ISBN-13: 978-4062820646発売日: 2007/9/22商品の寸法: 18.8 x 13 x 2 cm

先程の授業でお話した本です。3冊の中で読みたいものを一つ選んでメールしてください。一番多数の本を次の読み物として選びます。メールの締切は金曜日(4日)の17時です。よろしくね。 一番上の本は高校野球の女… このレビューの続きを見る

ども。きゃずひさです。 今回紹介するのは、この一冊。 『裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記』 山口 絵理子 講談社BIZ 社会を変えるための仕事を探す中で途上国援助のあり方に疑問を持った著者が、 単身… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書面白い。 この本を読んで初めてマザーハウスというバッグの会社を知りました。 努力・根性・根気・執念の起業サクセスストーリー。 サクセスストリート言えば、それまでですが。 そうたやすいもの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本 バッグのブランドmither houseが、ネパールプロジェクトを立ち上げました。  http://www.mother-house.jp/news/maitigharinfo1.php 政情不安の中、山口社長と山崎副社長、ともに2… このレビューの続きを見る

 前回の更新からかなり間が空いてしまいました〜。ごめんなさい。 やっと、時間ができたので、久しぶりに書いてみようと思います。 『贈り物』・・・ということなんですが、最近いろんな方から素敵な贈り物… このレビューの続きを見る

 バングラデュの特産物のジュートを使用したバッグを現地で生産し輸入販売する株式会社マザーハウスの社長である山口氏が起業し、ビジネスを軌道にのせるまでを書いたノンフィクション。山口さんの活動は、自… このレビューの続きを見る

3.9

今週のいちおし

07:54:By Blog Soleil

              ★ベストセラーBEST10★            [パリ滞在記]           子供のハプニング・・・(1)  NO.105            <アゼ-・ル・… このレビューの続きを見る

 「25歳女性企業家の号泣戦記」とサブタイトルにある通り、若い彼女の半生と「途上国発のブランド」を作るまでの奮闘期。 彼女は、世界最貧国のひとつであるバングラディッシュで、誇りの持てる製品を作り、… このレビューの続きを見る

今日はDas Family co.をスタートしてから 初めて手渡しでTシャツをお売りいたしました。 サンプルとして置いてあった 以前ブログにも掲載していた ロゴTですが、 コメントをいただいていた beanさんが わざわざ… このレビューの続きを見る

マザーハウスという会社を作った人の自伝(?)。 こういうのが好きな人は好きでしょうから、まぁいいでしょうと。 「信念」という言葉。 複数の会社の人に言われた言葉でもあるのだけれど、これはなかなか難しい… このレビューの続きを見る

情熱と信念

23:20:By CO STYLE BOOK

友達に薦められて読んだこちらの本の著者、山口絵理子さんは途上国(バングラデシュ)でバックを生産し、輸入販売されているマザーハウスを起業された方で、本の中で現在までの”号泣戦記”が書かれているのですが、… このレビューの続きを見る

※レビューというか、日記調の感想文です。 先月、仲間内で話題になった本です。 仲間というのは、今年3月からやっている自主セミナー仲間です。 今やっている「セルフコーチング〜自分を哲学する」をテーマ… このレビューの続きを見る

一歩を踏み出せるかそうでないか。 違いはそれだけである。 より主体的に。 周りに流されるのではなく。

JUGEMテーマ:オススメの本 久しぶりに本を読んだのですが大変おもしろかったです。 若さゆえの無謀とも思える挑戦から栄光を勝ち取っていく様は読んでいて大変痛快です。 成功者の経験談というとなんか説教くさいか自慢話のオンパレードといったカタチになりやすいですが、筆者は大変巧緻な文章を書かれているせいか読後にさっぱりとした清涼感が残りました。 おすすめの本です。

若干25の女性社会起業家の号泣戦記。 情熱大陸でも取り上げられた途上国発ブランドであるマザーハウスを経営されている山口絵理子さんのいままでの歩みが綴られている一冊です。 私はこの本から生きる力、バイタ… このレビューの続きを見る