>
[Amazon] 日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか (講...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか (講談社現代新書)
日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか (講談社現代新書)で自分のブログにレビューを書く

日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか

おすすめ!3.6 [3.6](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:59869位
  • Amazon価格:¥ 778
  • ユーズド価格:¥ 314
  • ISBN/ASIN:4062879182(講談社)
日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか (講談社現代新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.6 [3.6]

 日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか  著者 : 内山節

JUGEMテーマ:読書 切り口が面白いなというか。 まあ、結論から言うと、高度経済成長の辺り、情報化が進んだ辺り、特に視覚化が進んだ辺りでキツネにだまされなくなったんだよね、という感じ。 でもなあ、だまされた頃の悠長な感じて、ちょっと憧れる。

上司に薦められ、貸してもらった本。 すみません、読みたい本が山積みなので、もう少し待ってください。 ちゃんと感想いいますからぁー。 

この前、どこかの裸祭りのポスターがセクハラだ何だと議論になっていたけれど、なぜ、何百年も続いている行事や伝統が、たかだかここ数十年に出てきた一部の人たちの意見によって、あそこまでとやかく言われたり、… このレビューの続きを見る

かつて、日本の各地で日常ありふれたこととして、キツネにだまされるという話があった。しかし、1965年(昭和40年)ごろを境にして、きつねにだまされたという話が無くなってしまう。それは一体何故か。という考察… このレビューの続きを見る

関連する商品