>
[Amazon] 不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)
不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)で自分のブログにレビューを書く

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか

おすすめ!3.5 [3.5](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:49462位
  • Amazon価格:¥ 778
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062879263(講談社)
不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3.5 [3.5]

 不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか  著者 : 河合太介、高橋克徳、永田稔、渡部幹

 今、勤めている職場の雰囲気が「何だか悪いなぁ」と思ったことはありませんか? そんな不機嫌な職場について書かれている本です。 何故、雰囲気が悪くなっているのか? その原因は何なのか? そして、その… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 自分の求めているのは小難しい話でなく、具体的な話だったので前半はいまいちだった。 後半の事例紹介は興味深かった。

能率を上げるには効果が直接見えない部分(見えないつながり)の必要性を認識する必要がある。これまでの習慣など無駄と思えるものでのそれなりの理由があって存在してきたことを認識する必要がある。 職場だけでなく社会全体もこのような見えない部分の必要性を認識する必要がある。

 『不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』  高橋克徳+河合大介+永田稔+渡部幹 講談社現代新書 2008年1月20日 第1刷発行 2008年4月4日 第8刷発行 友人に、そんなのを読んでも解決はしないよ! と言われても、あきらめきれないというか、だって居心地悪い場所のメンバーの1人ならあたしにだって責任はあるわけなのです。定価で購入。

・新しいことに参加してくれない ・熱意を込めて書いた提案メールに反応がない、あるいは冷ややかな反応ばかり返ってくる ・何回頼んでも誰もきちんと対応してくれない ・メールなどで一方的な指示を出してきて… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 最近、はっきり言って職場の雰囲気や人間関係が一部で悪化しているので、タイトルに惹かれてなんとなく読んでみた。この手のことをテーマにした本は往々にして導入部は共感を呼ぶのだが、どうし… このレビューの続きを見る

こんにちは。<ひ>です。 最近ちょっとブログのネタ切れ気味。久しぶりにおすすめ書籍のご紹介を。 少し前に話題になった本ですが、やっと読みました。 感想は・・・「ドキッ」としました。思い当たる現象… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般  先月購入。本自体は知って数回立ち読み。毎度の事ながら、数回の立ち読み後、 購入。  自分自身の働いている職場と比較して読み進めた。非常に面白い。 具体的な例が紹介されているので、説明にもうんうんと納得する。たぶん読み返すだろうな。

職場での人間関係がうまくいかず、ストレスを感じ、悩んでいる方は多いと思います。 人間関係の希薄化は個人のみならず、会社全体の生産性にも影響します。 そこで、本書では、問題点をあげながら、実際にうまく… このレビューの続きを見る

半年ほど御無沙汰です。 読書術の本を書いていたり、松岡正剛氏の編集学校・世界読書奥義伝・「離」のコースを受講していたりして、書き込みが滞ってしまいました。 また、ボチボチ書き始めたたいと思います… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 この本が出版されていることは知っていましたが、 なぜか、今まで買わないままでいました。 金曜は、所用で遠方へ行くことになったので、 本でも買うかと、駅中の書店で本を探してい… このレビューの続きを見る

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)

第一章を読んで、「そうそう、そうそう」と本当にうなづける。 最近の会社、組織は、そうなっとるなぁーと思う。 3社の事例を用いて、よりわかりやすく書かれているので、 最近、職場の人間関係が希薄だなぁと思ったり、 「私だけ」大変、がんばってるのにーと思う方は 解決のヒントがあると思う。 これは、いい。 さすがワトソンの方々だ。

経営者は自分の会社で働く人たちが日頃どう感じているのか? 常々真剣に考え見つめなおすことが大切だ。 その職場で働く人たちは活気にあふれ楽しく毎日を過ごしているだろうか? その組織は、血の通った組織… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 発売後すぐ購入して読んだのですが、とても面白かったので周りにもおススメしていたら、いつの間にかベストセラーランク入りしていました。 共感を呼ぶ本です。 今日は丸善の丸の内本店で… このレビューの続きを見る

「不機嫌な職場」読了。 現在の職場で陥りがちな状況を示して。 解決策を探った本。 陥る道筋ってのはよくわかるんですが。 解決策は簡単には見つからないものですね。 ま、とりあえず。 自分にできることをやるしかないってことで。 力尽きない程度に。 ところで。 何も示し合わせてないのに。 職場の同僚も同じ時期にこの本を買ってたことが判明(笑)。

JUGEMテーマ:読書  帯を読んで、「あ、うちの会社のことじゃない。」と思って、すぐに レジに持っていってしまいました。   たしかに、この本を読んですぐに「不機嫌」が直る、というたぐいの … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 昨日、東京に向かう新幹線の中で読んだ本。タイトルは大げさだが、実際どの会社も直面している問題だなあと感じた。 「部門間の連携がうまくできない」「挨拶がない」「自分の評価につなが… このレビューの続きを見る

3.5

book_2008_005

01:37:By meganeblog

普段はこういう本はあまり読まないんですが、 ちょうど来期の組織改変を考える機会があったので。 結局、当たり前のことしか書いてないんですけどね・・・。 JUGEMテーマ:読書