>
[Amazon] 世界は分けてもわからない (講談社現代新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

世界は分けてもわからない (講談社現代新書)
世界は分けてもわからない (講談社現代新書)で自分のブログにレビューを書く

世界は分けてもわからない

3.2 [3.2](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:45858位
  • Amazon価格:¥ 842
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062880008(講談社)
世界は分けてもわからない (講談社現代新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.2 [3.2]

 世界は分けてもわからない  著者 : 福岡伸一

最近読んだ本

12:52:By 廃人日記

とりあえずメモ。

・あの映像作品は『パワーズ・オブ・テン』という名称だったのね! ・私の頭ではゆっくり読まなければ理解が進まない内容でしたが、  でもでもでも!今回も面白かったです!! ・『生物と無生物のあいだ』で頭… このレビューの続きを見る

やっと読み終わった。 読み始めると早いんだけどね。 やっぱりこの人の書く文章は上手いなぁと思った。 ニコニコ動画 修造動画はやっぱりいいね。 でも最近はランキング確認するだけで、あんまりニコ動見てないなぁ。

忘年会に行ってきました。 疲れた。 今、世界は分けてもわからない↓を読んでます。 生物と無生物のあいだも読んだが、この人の文章は上手いなぁ、と感心してしまう。

 福岡伸一さんの「世界は分けてもかわらない」を読んだ。前作?である生物と無生物のあいだを読んだので、そのままのノリでこの本にも手を出すことになった。相変わらずのエッセイっぽい文章は健在。前半は、… このレビューの続きを見る

暗転した視野の内に見えるもの。そしてその外に捨象されてしまったものの行方について、何かを語ることができればよいと私は願う。(p.43) 研究データねつ造事件をミステリー風に追いながら、分子生物学の発展と限界について語っている。

『 世界は分けてもわからない』読了。どきどきしてぎゅーーーーーーっとします。え、何これ恋?新書読んで感想が殆ど泣きそうってすごい←いや、単に自分自身が弱っていたときにクライマックスだったこともあるとは… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般<読書日記>  今年51冊目、「世界は分けてもわからない 」(福岡 伸一著)を読了しました。  福岡先生の本は、”生物と無生物のあいだ”、”できそこないの男たち”に続いて、3冊目です… このレビューの続きを見る

前著「生物と無生物とのあいだ」が売れていることは 知っていたのですが、なんだか生物学の小難しい ことが書いてあるのかぁ・・ぐらいで、あまり興味を 惹かれず手に取りませんでした。 ですが、今回の新著はタイ… このレビューの続きを見る

関連する商品