>
[Amazon] さくらん (KCデラックス イブニング)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

さくらん (KCデラックス イブニング)
さくらん (KCデラックス イブニング)で自分のブログにレビューを書く

さくらん

おすすめ!3.9 [3.9](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:83180位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4063348296(講談社)
さくらん (KCデラックス イブニング)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.9 [3.9]

だそうです、お近くの方は応募するのもいいんじゃないでしょうか。いや、不純な動機じゃないですよ(笑)それもあればうれしいでしょうが、「普通の人」がモニターになったら、よりよいなあと思いまして。締め切り… このレビューの続きを見る

「さくらん」

15:38:By cafe mizutama

安野モヨコは、漫画も執筆作品もほとんど読んでます。 作品が好きなのもあるけれど、この人の、ものをつくる姿勢とか 心意気みたいなのが、すごく好きなのです。 特に最近、今までの女性誌の枠を超えて、いろんな雑… このレビューの続きを見る

3.9

さくらん

01:51:By ブラックブロッグ

ずっと読みたかった本・・・というかコミックです。 この間映画が地上波でやってました。 吉原で花魁の道を選び、成長していく姿を書いた作品です。

安野モヨコ作品は「ハッピーマニア」「働きマン」を読んだくらいですが、この人は何でもかけるという印象。様々なソースに飛んで飛んで毎回ガラっと作風が移るのに、内容も伴っている。広く浅くではなく、ひとつひ… このレビューの続きを見る

3.9

さくらん

15:48:By たまねぎ通信

江戸吉原を舞台にした花魁のストーリーです。 内容はもちろんですが、カラー扉が美しいです。着物や帯の柄・髪型・カンザシ等とにかく丁寧でキレイです! ハッピーエンディングではなかったのが残念ではありま… このレビューの続きを見る

さくらん

00:23:By よそゆき

「この世は苦界にございますよ」 安野モヨコが描く、吉原絵巻。 もー、かっこいい! 主人公のきよ葉がねー、かっこいいんですよ。 女郎ってのは徒な商売。 着物や簪に櫛、華やかな見た目とは程遠い暮らし。 … このレビューの続きを見る

3.9

さくらん

17:01:By BOOKSHELF

映画のCMに心惹かれて原作買ってみたですよ。 良かったです。吉原といえば私の中では未だに女は競ってこそ華な陽暉楼なんですけども、あの世界を思い出しつつも、あれとはまた違った空気のある漫画でした。 上手く説明できませんけど。 2部、早く読みたい。

============================== その他のお勧め本を集めてみました「おもしろ倉庫」 ============================== お笑いタレントの小梅太夫… このレビューの続きを見る

さくらん

21:34:By 読めば読むほど

長いこと借りていた漫画(~_~;; Sさん、ごめんね〜 昨日一気に読みました。「働きマン」に比べると読みやすかったのは何故なんでしょう? 映画のパンフレットも一緒にお借りしてたのだけど、この主役の子、土屋アンナさんに 激似ですな〜当たり役ですね。

3.9

さくらん

19:17:By HanasinoMusi

いや〜。映画化されましたね。見てきましたよー!!流石、蜷川さん!て感じで場面場面がすごく綺麗でした。ちょっと、映画っぽく無かったですが、そこは初監督作品なので…。 DVDの発売はまだ先なので、今回は原作… このレビューの続きを見る

3.9

さくらん

20:19:By Today’s happiness

映画を見てみたいと思っていたので、原作を読んでみました。 2話以降の方が当時に忠実でしょうが、1話のきよ葉が一番よかった。 近所の映画館は午前中1回しかさくらんが上映されないのでなかなか見にいけません。

やっと漫画のほう読みました。や、映画もまだなんですが。 安野モヨコが描くと、ちょんまげもカッコイイなー。 花魁のんとは比べられんけど、また着物が着たくなってきた。 こないだ先輩から着物いっぱい譲って… このレビューの続きを見る

旦那が買っていた男性漫画雑誌に連載されていたので読んでいた。何度か見逃してしまった部分があったので後に購入した。 少女が廓に売られて、数々の悲しく辛い経験をしながら花魁になっていくまでが描かれている… このレビューの続きを見る

3.9

さくらん

22:15:By X-day

原作と映画。 どちらがいいといわれたら迷ってしまう。 どちらもホント好き。 まぁということで映画の感想を。 蜷川監督凄いね。 びいどろのなかの金魚とか。 特に大門の上のとこのびいどろがいいbb … このレビューの続きを見る

今日のソロモン流は写真家蜷川実花だった。 最近のカメラマンはデジタルカメラでの撮影が多いのに フィルムで撮り続け印刷所まで出向いて色の仕上がりに こだわる姿勢があるからあの独特の色彩感ができるのだろう。 原作を今一度読みかえして映画館に足を運びたくなった。

近々映画を見に行こうと思っているので、 原作を読んでおこうと思い購入。 モヨコ女史は本当に上手だなぁ、と感心することしきりです。 どうも後半がスキになれないが。 でもコレが映画・・・綺麗だろうなぁ・・・とうっとりしてしまうね。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品