>
[Amazon] へうげもの(1) (モーニング KC)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

へうげもの(1) (モーニング KC)
へうげもの(1) (モーニング KC)で自分のブログにレビューを書く

へうげもの(1)

おすすめ!3.6 [3.6](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:11025位
  • Amazon価格:¥ 566
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4063724875(講談社)
へうげもの(1) (モーニング KC)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 3.6 [3.6]

9/26(水) 頭で考えているうちは悶々として一向にはかどらないのに、思いきってやってみるとうまく行ってしまうことが多々ある。昔の人はそれを「見る前に跳べ」とか、「百聞は一見に如かず」という言葉で… このレビューの続きを見る

 書名タイトルの「へうげもの」は「ひょうげもの」と読み、おかしな人物、おかしげな人物を指す。  それはすなわち、主人公の古田織部(重然)を指している。  数寄者、つまり芸術のわかる人物としての評価… このレビューの続きを見る

仕事は朝から資料まとめて、朝の会議でプレゼンみたいのやらせられて、いろんな上司から電話がかかりまくって、まじで僕の仕事はネジ回しなのに、電話とプレゼンだけで終わるとか全然仕事した気がしない。つか、今… このレビューの続きを見る

「へうげもの」1

11:06:By moji*lib

時は織田信長が天下布武を果たそうとしている戦国時代。 羽柴秀吉や明智光秀が頭角をあらわしてきて不穏な空気も漂い始めている中、信長の使い番として17歳のころからずっと忠義一筋に仕えてきた武者、古田織部… このレビューの続きを見る

 『へうげもの』 1巻 山田芳裕・著 講談社 戦国時代よりは幕末派な私ですが、 これはっ!面白い!! 戦国時代なれど、話の題材が「モノ」に焦点をあてている。 主人公の古田佐介が大の数寄者で、「名物… このレビューの続きを見る

突然、会社のひとが貸してくれたこの漫画。めちゃくちゃおもしろいっっっ。歴史には超うといし興味もないのにずぶずぶのめりこんで読んでおります。だいたい戦争ものとかほんとキライだから戦国時代とかまるでダメ… このレビューの続きを見る

へうげもの

02:26:By icono pic

NHKのアニメで見た。 結構面白そうかも。 JUGEMテーマ:漫画/アニメ 

3.6

Hyougemono

19:33:By 1,2,3!

「へうげもの」に今ハマっている。戦国時代の戦乱にもかかわらず、武士でありながら数寄の道を極めんとする実在した古田織部の話。画とかとっつきにくい所もあってなかなか読み進めないでいたが、ふと読み出したら… このレビューの続きを見る

実写じゃなくアニメとな!? 歴史ヒストリアでも取り上げられていたし 妥当な流れなのでしょうか? ↓TVが面白かったので 戦国鍋TV、浅井三姉妹で「AZAIZM」 戦国女の悲壮をテクノポップに歌い上げてます… このレビューの続きを見る

マンガ

00:11:By ぱるちゃんぶろぐ

ずっと気になっていたけど古田織部にはあまり惹かれなかったので、読まず嫌いでした。 じっくり一冊一冊丁寧に読んでます。 読んでいると、物欲がなくなるから不思議。本当に本当に欲しいと思うものだけ欲しくなる。でも、まあ身分相応と自分の物に対する扱い方をわきまえて欲しがることにします。

いいかげん簿記の勉強やらなと寝ぼけ眼でベッドを起きたら 手に取ったのはふと目に付いた本棚の「度胸星」だった。 僅か4巻で打ち切りになった、知る人ぞ知る傑作マンガ! 何回読んでもおもしろい。 よし気分… このレビューの続きを見る

ちょっちゅねー戦国物だけど、茶道メインの数寄道だから江戸までいきそうな気配。時代もサクサク進行中。主人公が心奪われた時の感動を表わす擬態語がオカシイwなんだよ、それ!でも擬態語・擬音語日常会話な大坂… このレビューの続きを見る

へうげもの

14:38:By opposite DAY to DAY

へうげものが面白い。 モーニングを毎週買うようになった頃にはへうげものは始まっていて、 面白いんだけど、話の始まりをしらななかったので、なんとなく面白さ半減のような気がしていた。 この時代は信長、秀吉、家康の時代で日本史の中でも一番思い白い時代の1つだと思う。 次は時代小説ものにでも移っていこうか。ネットサーフィンならぬブックサーフィン。本乗り。 にしても利休って怖っ。

己の 物欲 について考えてみた 結構 怖かった・・・・・よ 三百里弱離れた遥か南の地で生まれる 一丁の鋏 今いちばん欲しいもの へうげもの 1〜7

織田信長の家臣、数奇者の古田左介を主人公にしたマンガ。 テーマは美の持つ狂気か。 度胸星が面白かったので、最新作を読もうと考え、3巻まで購入、読んだわけだが、度胸星よりはやや劣る気もするものの、面白… このレビューの続きを見る

 かなり前から気になっていたマンガ。一部から結構面白いという噂は聞いていたのですが、僕の周りにこのマンガを見ている人はいなかったようで。というか、普段あまりマンガの話はしませんなぁ。  そもそも気に… このレビューの続きを見る

−これは「出世」と「物」、二つの【欲】の間で日々葛藤と悶絶を繰り返す戦国武将【古田織部】の物語である 最近はこのマンガのためにモーニング本誌まで買っています。なんかもう色々と最高です。戦国マンガのは… このレビューの続きを見る

「風林火山」は、武田家を中心とした戦国小説ですが、こちらはそんな武勇や知略による成功よりも茶道をメインに美の世界を追求するユニークな漫画。 主人公は古田左介、のちの古田織部です。 しかし一筋縄では… このレビューの続きを見る

関連する商品