>
[Amazon] へうげもの(9) (モーニング KC)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

へうげもの(9) (モーニング KC)
へうげもの(9) (モーニング KC)で自分のブログにレビューを書く

へうげもの(9)

おすすめ!4.8 [4.8](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:86215位
  • Amazon価格:¥ 586
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4063728013(講談社)
へうげもの(9) (モーニング KC)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4.8 [4.8]

 『へうげもの』 6巻〜9巻 山田芳裕・著 講談社 古左から古織へ。 あいも変わらずぶっ飛ばしています。 利休は己が犯した大罪に気づき、秀吉との確執が深まっていきます。 ついには、切腹となる訳ですが、そのシーンたるや見ものですぞ。 9巻も終わりに近づくと、古織が御茶頭に! 顔に豊麗線が! にしてもBSで放送しているアニメの宗匠の声たるや!ナイスキャスティング! ★★★★★

4.8

へうげもの

10:58:By GOOD VIBRATION !

  このマンガは古田 織部を主人公にした茶道や茶器の世界を通じて見た、 戦国時代の物語です。 これほどまでに茶道や茶器の影響力が本当にあったのかどうかはわかりませんが この漫画を読んでいるとそういう気がしてきます。 出てくる人物の業の深さはみな計り知れないです。 特に利休の描かれ方は凄くて、清濁併せ飲むとはこのことだなと思わせます。

 明日からでかけてしまうので、7月のおすすめマンガもアップしておきますね。『おかめ日和』6巻/入江喜和:講談社のレディコミ『BE・LOVE』連載の子育てほのぼのファミリーマンガ…のようだが、実は主人公が勝… このレビューの続きを見る

うおおおお、表紙がむっちゃカッコいい〜。  利休をイメージさせる深い黒です。短冊のように切り取られた中央の部分とコントラストをなしていて、ハデな色じゃないのに、とても目を引きますね。9巻の目玉は… このレビューの続きを見る

関連する商品