>
[Amazon] 鬼舞 見習い陰陽師と百鬼の宴 (コバルト文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

鬼舞 見習い陰陽師と百鬼の宴 (コバルト文庫)
鬼舞 見習い陰陽師と百鬼の宴 (コバルト文庫)で自分のブログにレビューを書く

鬼舞 見習い陰陽師と百鬼の宴

おすすめ!3.8 [3.8](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:542501位
  • Amazon価格:¥ 555
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4086015374(集英社)
鬼舞 見習い陰陽師と百鬼の宴 (コバルト文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.8 [3.8]

百鬼夜行が楽しそうでwww 一条って名前、そこからきたのか? と今さらながら思った。

<あらすじ> 融のために、宴を催すこととなった道冬達。 ところが、その宴の最中に現れた百鬼夜行に融と畳が巻き込まれてしまい・・・。 さて、鬼舞3巻です。 シリーズものですので、ネタバレにご注意ください。 これまでの感想はこちらです。 鬼舞 見習い陰陽師と御所の鬼(1巻) 鬼舞 見習い陰陽師と橋姫の罠(2巻) では、感想です〜。

鬼舞 見習い陰陽師と百鬼の宴 瀬川貴次 集英社コバルト文庫 鬼舞シリーズ第3弾。 道冬の秘密がわずかながら明らかに。こうなると晴明との因縁が気になってくる。行近が陰陽寮に対して何か思うところがあり… このレビューの続きを見る

 シリーズ三巻目。もうヒロインは畳でいいんじゃないかしら!  主人公の出生の秘密が明かされたりしました。行近もなにかありそうだなと思っていたら、やっぱりなにかあった。詳細はさすがにわかりませんが、だ… このレビューの続きを見る

京の都に現れた百鬼夜行の目的は──!? 後宮に現れた鬼を倒した噂が伝わり、陰陽寮の学生たちに少し受け入れられ始めた道冬。そんな中、屋敷で吉昌や綱、付喪神や幽霊たちで月見の宴を催す。そこに安倍晴明に恨みをもつ百鬼夜行が突撃!?

関連する商品