>
[Amazon] 帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)で自分のブログにレビューを書く

帝国の娘〈前編〉―流血女神伝

おすすめ!4 [4](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:756799位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:408614607X(集英社)
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 4 [4]

須賀しのぶさんというラノベ作家さん(今は一般誌の方が多いですが)を、それこそ小娘の頃から追っかけてるのですが、代表作「流血女神伝」のご本人による補完本が同人誌で出されていて、即行ゲットしました。 最近… このレビューの続きを見る

明王朝の時代、無実の罪で投獄された父を救うため、 科挙でトップ合格し、男装して出仕する少女のお話。 男装女子の中華もの、といえば彩雲国があるけれど、 設定、展開的に(今のところは)共通点が多い。 この手… このレビューの続きを見る

4

光来たる島

21:32:By ふみの日々

流血女神伝、砂の覇王のラストで「待て!!!!」となった方に朗報です。(笑) まさかカリエとエディアルドの話がもう一度読めるなんて思っても見なかった。 商業誌や書き下ろしという形ではありませんが、同人誌… このレビューの続きを見る

あらすじ: 遂に祖国へと帰還した、少女フェン。自らに無実の罪を着せた兄に真実を問うため、死すら覚悟の上、王城へ潜入。因習に囚われた王族たちや、かつての師との再会を果たす…!城内に渦巻く邪な陰謀とは!?フェ… このレビューの続きを見る

 あらすじ: 血しぶきが飛び散る。12歳の少年はその時、真の戦場にいた―。鼓動が高まり、足がすくむ。自分は無力だ―。だが、あの少女だけは護らなければ。未来につながる命だけは。そして、少年―アレスは決め… このレビューの続きを見る

久しぶりのコバルト須賀しのぶ初体験〜面白い、これー!コバルトの印象は恋愛重視の軽くて可愛くてするんと読める物語が多い感じ。(一部BLもありるけど、これも一種の恋愛だよね)これは読みやすいけど、世界とか… このレビューの続きを見る

盛大で壮大な、序章ですね。

突然、見知らぬ男にさらわれた少女カリエ。なんと、彼女を皇子の影武者に仕立て上げるのだと言う。訳もわからぬまま、様々なことを仕込まれていくカリエだが。陰謀渦巻く王宮ロマン。 先日、最終卷を読み終… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  天翔るバカの作者つながりで借りてみた。  主人公は猟師の娘。ある日いきなり、誘拐されて、病弱な皇子の身代わりに、他の皇子達と共に次期皇位継承者として生活する事に。  髪の毛を切られて、男になりきるしかないわけなんだが、どうも、この辺、色々事情があるらしく、ただの猟師の娘じゃない所はバレバレの伏線。  皇子べったりの側近のエドが、何とも。

関連する商品