>
[Amazon] 笑う招き猫 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

笑う招き猫 (集英社文庫)
笑う招き猫 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

笑う招き猫

おすすめ!3.4 [3.4](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:168484位
  • Amazon価格:¥ 596
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087460061(集英社)
笑う招き猫 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.4 [3.4]

                                  JUGEMテーマ:読書感想文 … このレビューの続きを見る

 作家別マイベスト16回目です。今回は、山本幸久さんです。個人的に結構好きな作家さんなんですが…映像化作品はまだない…のかな?一般的な知名度はどのくらいなんでしょうね?皆さんのオススメもよかったら… このレビューの続きを見る

駆け出し若手女芸人の青春物語です。 さくっと読めるし、凹まないし、難しくもないのでこういう話は好きです。 予想通り漫才の部分はさぶい。 文字にしちゃやっぱダメだな。 その他の文は普通な感じ。 松尾スズキとかそういう劇団出身の人が書いたものの方が笑えると思う。この表現うまいなあってのもあんまなかった。 そんな理由もあってか200ページ弱くらいで飽きちまいました。残念。

あらすじ: 人前で話すことが苦手な女子が、なぜか漫談家に―「コトリ」という芸名をもらって仕事を始めたものの、芸も、そして恋も苦難の連続。自分を見失いかけた時、師匠の一言から転機が…現役芸人ならではの語り… このレビューの続きを見る

あらすじ: 小春は漫才師になるのが夢の高校生。何をやってもカンペキにこなす梅太郎とコンビを組んで、お笑いコンテストに挑戦したけれど高飛車な美少女審査員にけなされ、散々な結果に。それでも憧れの紅実ちゃん… このレビューの続きを見る

笑う招き猫

12:37:By 受賞本

 笑う招き猫  著者 : 山本幸久  受賞歴 : 第16回小説すばる新人賞 受賞

笑う招き猫

20:14:By *SYK*

  男と並んで愛誓うより、女と並んで笑いを取る、それが二人のしあわせなのだ!駆け出しの漫才コンビ、『アカコとヒトミ』。超貧乏で彼氏なし、初ライブは全 く受けずに大失敗。おまけにセクハラ野郎の先輩芸… このレビューの続きを見る

面白かったです。いよいよ自分も、小説雑誌の掌編読んだだけで合う作家が見つけられるようになったのかぁ。……勘違いかもだけど。【粗筋】男と並んで愛誓うより、女と並んで笑いを取る、それが二人のしあわせなのだ… このレビューの続きを見る

(204/03/10) “人生において夢を持つこと”はとっても貴重なことである。 この作品を読めばそれが実感できる。 第16回小説すばる新人賞受賞作。 とってもテンポが良く爽快な小説。 すべてにおいて目新しさが目立つ作品である。 特に、“女性の友情”を取り上げてる点が印象的だ。

やっと読み終えました! 電車の中や色んな待ち時間を利用してちまちま読んでましたが、 まあまあ面白かったです! ドキドキ感とか、爽快感とかいうんじゃなくて ただ色々と絡み合って、読んだな。ってかんじです。

男と並んで愛誓うより、女と並んで笑いを取る、それが二人のしあわせなのだ!駆け出しの漫才コンビ、『アカコとヒトミ』。超貧乏で彼氏なし、初ライブは全く受けずに大失敗。おまけにセクハラ野郎の先輩芸人を殴り… このレビューの続きを見る

 あなたの愛よりお客の笑い  それがあたしのしあわせなのよ  28歳のヒトミとアカコは駆け出しの漫才コンビ。デビューを飾った小さな劇場での初舞台は散々な結果に終わり、日々の暮らしもカツカツだ。それでも… このレビューの続きを見る

3.4

笑う招き猫

16:41:By poco a poco

夏に買って、やっと一昨日読み終わる(笑) 読み始めるとぐんぐんと読み進める方なのですが、 その読み始めるまでに時間がかかるあたし。 この本は、何ページか読んで、 忙しさもあり放置してしまっ… このレビューの続きを見る

2人の若手漫才師コンビアカコとヒトミの物語。 正直あんまり期待しないで読んだんですが… うーん。思った以上に面白かったです。 お笑いがテーマということで、コメディタッチで書かれているので、 気軽に… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品