DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 永遠の出口) - 森 絵都 のレビュー全19件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 永遠の出口 (集英社文庫(日本))

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

永遠の出口 (集英社文庫(日本))
永遠の出口 (集英社文庫(日本))で自分のブログにレビューを書く

永遠の出口)

おすすめ!3.5 [3.5](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:23222位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087460118(集英社)
永遠の出口 (集英社文庫(日本))のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.5 [3.5]

永遠の出口

02:14:By T_plus!

 これとランが読んだ中だと割りと重めだった印象…。 カラフルもそういう系のはずなのにあんまり重かった印象がないです(笑)

 これを書いてるのは2006年ではないですが2006年の総括をしておきます。2006年に読んだ本は55冊でした。このうち★5個のオススメ本は、9冊でした。イン・ザ・プール(奥田 英朗)陰日向に咲く(劇団ひとり)ZOO(乙一)被害者は誰?(貫井 徳郎)東京タワー(リリー・フランキー)コールドゲーム(荻原 浩)神様からひと言(荻原 浩)永遠の出口(森 絵都)噂(荻原 浩)

JUGEMテーマ:学問・学校 先生、母さんが間違えて2冊買ってきちゃったから1冊あげる。 そう言われてもらったブックオフで100円の文庫本。 入試に出るからと言われて読まされた子と、2冊間違って買っちゃっ… このレビューの続きを見る

   どこにでもいる普通の少女・紀子の小学三年から高校三年までの九年間を、70年代、80年代のエッセンスをちりばめて描いたベストセラー。 ちょっと上の世代の女性を懐かしい気持ちにさせるんだろうな〜と思いつつ、わかるわかるって部分もあって可笑しかった(笑) (1日読了)

永遠の出口

21:50:By

 女の子が成長してく小説って 中学とか高校らへんでたいていぐれますよね。 もうちょっと色恋ごとを取り入れてほしかったです。 シゲキ足りないのようっ! 青春モノ読みたさに森絵都さんにたどり着きましたw

   obiword  あの頃の私、〈永遠〉という響きにめっぽう弱かった。  青々とした10代。翔けぬけた少女の季節は、想い出がいっぱい  『カラフル』の感動から5年。初めて描く《大人への物語》  「永… このレビューの続きを見る

一人の女性の、少女〜大人になるまでを描いたお話が好きです。 ファンタジーや古典をいれるとそれはもう膨大な数に上るテーマだと思うのですが・・・ 主人公が女性 作中で主人公が1年以上年をとるもの 現実世界を… このレビューの続きを見る

3.5

永遠の出口

08:38:By 世界樹の葉裏

図書館利用が多いので、積ん読というのはほとんどないのですが……。 珍しく積まれていた文庫本を思い出し、読んでみました。 これたぶん、ナツイチのおまけ欲しさに買ったんだわ。 お話としては、普通の女の子の普… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  ある女の子の小学校から高校卒業までを描いたお話。多感な少女時代がびしびし伝わってきた。親への憤りとか、先生への恐怖とか、友達への感謝とか、淡い恋心とか。 私は親にきちんと… このレビューの続きを見る

たまたまこれの前に読んだのが山田詠美「学問」でぐうぜんにも少女の青春・成長記タイプが続くこととなった。同類なテーマでも書き手がかわるとこんなに違うんだなーとあたりまえなんだけどしみじみと実感。まあ こ… このレビューの続きを見る

永遠の出口

16:31:By 受賞本

 永遠の出口  著者 : 森絵都  受賞歴 : 2004年本屋大賞 4位

三日連続嫌な夢をみて、それがべったりはりついているからなんだか鬱陶しい。煙草が不味い。でも本は読むよ。*+ 『クールス』Kiss only one Ladyで、KOOLなのか。ふーん。って思って調べたら、Kick out old Lady、… このレビューの続きを見る

3.5

永遠の出口

21:20:By

 第一回本屋大賞で第4位でしたが,私は気に入っています。 いわゆる児童文学に入るのかと思いますが,著者の感性がそのまま伝わってくる, 筆力がすごいなぁと改めて感心させられます。 小学3年から高校3年ま… このレビューの続きを見る

3.5

永遠の出口

19:55:By Phantasmagoria

(集英社文庫(日本))って何? (日本)って。 小5?から高校卒業するまでの紀子のお話。 面白くなかった。 地の文がつまらない! わたしが求めているものはこれじゃない。

夏休みの前に買ってこの前読み終わりました。 買ってもしばらく読まないで放置っていうの多い;; 70-80年代の話らしいのでそのくらいの世代の人は共感できるのかなー? けど前髪気にしちゃうのとか紀子(主人公… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;永遠の出口 森 絵都 「私は、という響にめっぽう弱い子供だった。」 友人同士の些細な亀裂、黒魔女のように恐ろしい担任との闘いのあった小学校時代。 ぐれかかり、不良と化した中学時代。 … このレビューの続きを見る

小学三年生から高校三年生までの「ふつう」の少女のナイーブでしたたかな内面を描き出す。 小学生の彼女が冒頭で語りだし、最後には高校三年生、その後の大人としての人生までを独白していく。 こういう成長を… このレビューの続きを見る

主人公紀子の小学3年生から高校3年生までの物語。 森絵都さんの小説は初めて読んだんですが、 なんか暖かくなるような雰囲気なので読みやすくていいですね。 しかも、この作品は小学3年生から少しずつ主人… このレビューの続きを見る

 評価は定価通り。  同じ人間とは思えないほど主人公の性格がコロコロ変わって違和感を覚えた。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品