>
[Amazon] ZOO〈1〉 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ZOO〈1〉 (集英社文庫)
ZOO〈1〉 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

ZOO〈1〉

おすすめ!3.8 [3.8](32件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:25067位
  • Amazon価格:¥ 497
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087460371(集英社)
ZOO〈1〉 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(32件) 3.8 [3.8]

いつか読もうと思っていた乙一を遂に読みました。 やっぱ面白かった。 ・カザリとヨーコ ・SEVENS ROOMS ・SO-far そ・ふぁー ・陽だまりの詩 ・ZOO の5つの短編が入ってます。… このレビューの続きを見る

3.8

ZOO 1

16:36:By 無罫線自由帳

グロテスクなだけでない。 全ての物語が「死」について否応なしに考えさせられる。 我々は「生」についてはよく考えるけど、「死」からは逃げがちだ。 その点では、非常に不快な内容だ。

JUGEMテーマ:小説全般  ふぅ。怖かった〜。シュールです。 乙一っていう名前は知ってたけど、本を読むのはこれが初めて。ぞくぞくっと背筋に悪寒が走るかんじ。でもそれが病みつきになりそうでもあるっていう不思議な魅力。 「陽だまりの詩」は唯一和み系でほっとできたけど、その他はやばぃ!こぇぇ。うぅ。でもどんでん返しがおもしろい。 今度は「ZOO(2)」も買ってしまいそうです。

 どちらの作品も、似た雰囲気を感じました。とても面白かったです。  今日はキーボードのレッスンに行ってきました。  明日は会社休むので、練習しようと思ってます。  寝すぎないようにしないとな…。丸一日平気で寝れてしまいます(笑)。  なんでこんなに眠いんだろ…。

ZOO

12:27:By 受賞本

 ZOO  著者 : 乙一  受賞歴 : 第17回山本周五郎賞 ノミネート         2003年傑作ミステリーベスト10 8位

3.8

乙一【zoo1】

15:19:By

 なにこれ……おもしろすぎ。という感じで仕事の合間にサクサクと1日で読破。読者を引きつけて離さない展開。暗いないようなのにどこか漂う寂寥感。敢えてなのか、ひらがなが多かったけれど、文章は簡潔で、は… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 まず、「受け入れる」こと、から始めないと。

読者をどんどん引き込む奇妙な話がいっぱい。設定が奇抜だけど不思議な世界観があり、似た様な話は今まで読んだ事が無い。zooも読まないと〜。作者は1978年生まれ。17歳の時に「夏と花火と私の死体」で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞しちゃうんだから、天才ですね。「夏と花火と私の死体」も面白かった。

 

二冊読破。 「ガリレオ」シリーズの新作、長編のほう。 『完全犯罪を解く鍵は「虚数解」』ってかんじでコピーつけると 分かりやすいしこのシリーズっぽい。 いつも通りしっかりと練りこんで作ってあるなぁと思う… このレビューの続きを見る

読んだ本

17:45:By 日記/更新記録

 まとめてUP1

ZOO?゜*。○。*まりん 乙一キタ―(・∀・)―!!!!ktkrキタ―(・∀・)―!!!!キタ―(・∀・)―!!!!ktkrktkrキタ―(・∀・)―!!!!ktkr もうこれはネ申でつね。はい。 短編集ってところがまた好きvvv 某サイトの管理人様は… このレビューの続きを見る

3.8

ZOO〈1〉

23:16:By Y U P P Y

ホラー、というジャンルなんでしょうか?乙一氏の本は以前から大好きですが、ちょっと久々に読んだらめちゃくちゃ面白い!!やめられない止まらない♪短編なのですぐ読み終わるし、もう先が気になって仕方ないという… このレビューの続きを見る

3.8

ZOO〈1〉 / 乙一

15:59:By 読書録

「カザリとヨーコ」 「SEVEN ROOMS」 「SO-far そ・ふぁー」 「陽だまりの詩」 「ZOO」 美容院に行った時に美容師さんと乙一の話をした事で、改めて乙一に手を出してみようかと購入した二冊の内の上巻。短編… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 やっぱり茂木氏の本は進まない。 彼は自分の文章に陶酔してるのでは、 という気さえしてきた。つらい。。。 ので、ライトノベルに逃避。 乙一の文章は、簡潔で短く、まさにライトノベル… このレビューの続きを見る

もう1作。 乙一さんで「ZOO」 2冊ありますが、私は「ZOO 1」のほうが好きです。 せつなさから、はらはらどきどきまで、何でもありなこの本。 実は映画化もされていたようです。

ZOO〈1〉

20:25:By 日記っ気

パソコンが壊れてたうちに読んだ本第一弾。 乙一ワールド炸裂の短編集の1作目。「カザリとヨーコ」「SEVEN ROOMS」「SO-far そ・ふぁー」「陽だまりの詩」「ZOO」 の5作品が入ってます。

乙一さんの小説は必ずしもハッピーエンドとは限らないので、色々と読みながら考えさせられます。私的に一番良かったのは「陽だまりの詩」。不思議な雰囲気がとても好きです。

ZOO

19:50:By milkbar

噂には聞いていたけれど読み始めると引きずり込まれてやめられません。 読みやすい文章で若者受けしそう(してる)な小説です。 漱石とかカポーティとかディケンズとかを読む人ではなくて、ゲームや漫画が好きな… このレビューの続きを見る

「SEVEN ROOMS」が一番スキだとZOO2に書いてしまったが、一番スキな話なのでまだ書く。 犯人が何故に犯行を起こす気になったのか、7つの部屋がある場所はどこなのか、詳しい説明がなされないからこそ私の想像は暴… このレビューの続きを見る

●カザリとヨーコ 一卵性の双子なのに何故かヨーコだけが母親に虐待される。 双子が交換するネタは確かGOTHにもあったなあ。 ●SEVEN ROOMS 目が覚めるとある部屋に閉じ込められていた姉と弟。 毎朝扉の隙間… このレビューの続きを見る

出先で、急遽購入した文庫。 何故か、目にとまったの。 帯の“何なんだこれは”という言葉が気になったのかも。 読み初めて本当にまさしく“何なんだこれは”ですよ〜 作者の経歴みてみたら、 ファンタジー・… このレビューの続きを見る

ZOO 1/乙一

01:24:By tamayura日記

 とにかく恐い。  5つの短編が収められているのですが、どれも恐い(あ、「陽だまりの詩」はそうでもないか、、、)。  スプラッタ的な恐さではなくて(若干そういう要素があるものもありますが)、精神的に… このレビューの続きを見る

ZOO〈1〉

20:32:By ぶくわむ

まだ乙一氏を知る前、友達がハードカバー版を借りて読んでいて気になっていたのですが、この度とうとう文庫版を購入いたしました。 うん。よかった。 陰惨でグロテスクな内容を笑い混じりに書き上げちゃうとこ… このレビューの続きを見る

ZOO〈1〉

12:08:By ほ  ん

−あらすじ− 双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され… 「カザリとヨーコ」 謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは? 「SEVEN ROOMS」 −同時収録− SO-far そ・ふぁー 陽だまりの詩 ZOO

3.8

ZOO〈1〉

02:18:By えんぴつと再生紙

数年前にハードカバーの頃に、友達にめっちゃ勧められていた本。 短編集。初めの話「カザリとヨーコ」で一目(読み)惚れ。 (でも買わないまま、本屋で見かけなくなって、そのまま。) 最近ビレバンに行ったら… このレビューの続きを見る

3.8

ZOO〈1〉

05:11:By 音楽と言葉

乙一の短編集です。 SEVEN ROOMSという殺人鬼に監禁された兄弟の話がおもしろかったです。 ミステリーとも、ホラーともいえない乙一ワールドを味わえます。

3.8

ZOO〈1〉

21:12:By YOU

多分乙一に出会った最初の作品。 結構人気があったとのことで読んでみたけど、…乙一ワールド勃発!見たいな。 確か、「言い表せない作品」見たいな、ジャンル分け不可能って書いてたから、てっきりもっとピュアっ… このレビューの続きを見る

元々は10個の短編小説だったのを5個づつに分けて文庫化した1作目。 「カザリとヨーコ」「SEVEN ROOMS」「SO-far そ・ふぁー」 「陽だまりの詩」「ZOO」 の5作品が入ってます。 「カザリとヨーコ」は双子で同じ… このレビューの続きを見る

3.8

ZOO〈1〉

16:19:By はりーあっぷ、

とりあえず[1]から$$$ 1番すきなのはやっぱり「SEVENROOMS」かなあ 怖い上に感動もんだよ! お姉ちゃんすごいなあ あとは「陽だまりの詩」も良かった これはまた白いー あたしを埋葬してくれるのは誰だろう やっぱり素敵だ

3.8

ZOO〈1〉

20:52:By

はい、初めてのレビューということで、 乙一さんのZOO1という本について書こうと思います。 私が乙一さんの本に出会ったのは、 姉が学校の図書室から借りてきたのがきっかけでした。 その時や… このレビューの続きを見る

3.8

ZOO〈1〉

16:35:By

+ 何なんだこれは!天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分れて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけ母から虐待され……(「カザリとヨーコ」)、謎の犯人に拉致監禁された姉… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品