>
[Amazon] 幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))
幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))で自分のブログにレビューを書く

幻夜)

おすすめ!3.7 [3.7](51件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:7081位
  • Amazon価格:¥ 730
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087461343(集英社)
幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(51件) 3.7 [3.7]

<< あらすじ >> 1995年、西宮。父の通夜の翌朝起きた未曾有の大地震。狂騒の中、男と女は出会った。美しく冷徹なヒロインと、彼女の意のままに動く男。女の過去に疑念を持つ刑事。あの『白夜行』の衝撃が蘇… このレビューの続きを見る

3.7

幻夜

13:06:By my favorite

「白夜行」の続編と聞いていたこの小説、全然そんな感じがしなかったのは私だけでしょうか?私が初めて読んだ東野圭吾氏の小説が「白夜行」でした。今まで見た事もないくらいの厚さの文庫本でしたが、あっという間に… このレビューの続きを見る

白夜行

13:03:By 鬼日記4

映画「白夜行」を観ました。 テレビドラマの第一話にどハマリして(子役の福田真由子ちゃんに) 毎回観ていたので…。 原作の小説も読みました。 映画は、掘北真希ちゃんと高良健吾さんです。 2人をずっと追いかけ… このレビューの続きを見る

全3部作の「白夜行」。第2部にあたる「幻夜」を読みました。前作の舞台とは少し離れた兵庫県。阪神大震災の前夜から物語がスタートします。自殺した父の通夜を行っていた水原雅也。早朝に起こった震災のどさくさ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ 明日12/28 12:00〜 スカパー TBSチャンネルで、「白夜行」を一挙放送します。原作は、東野圭吾の小説ですが、主人公の心理描写をほとんど描かない構成の変わった小説で、心理を読者… このレビューの続きを見る

 今週はこの本をゲット!『白夜行』を読んだ後読むと面白いという感想をよく見るので。まだ全部読んでませんが、なんだか『白夜行』とリンクしますね〜。短編だとあっという間に読んでしまい、通勤にちょっとずつ、カフェでちょっとずつ読みたい方にはこの2作はおすすめです!

  コチラの話の続編。 中身の展開としては前作同様。 もー、ヒドイヒドイ。 自分がのし上るためには手段を選ばないったら。 物語の作り方や展開のスリリングさの部分では、ドキドキしながら あっという間に読み終わったけど、 読後感が最悪。 後半は本当に早く読み終わりたかった。 最後読み終わった瞬間に出た言葉は 「エーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ」

  人からすすめられた作品。 東野さんの小説は文章が合わないときがあるのですが これはぐんぐんと先にすすめて 結構ページ数の多い小説ですが、 さくさく読めました。 探偵と犯罪者…… どちらに焦点を置くか… このレビューの続きを見る

3.7

「幻夜」

00:20:By くだらないうた

東野圭吾 今日、図書館に行った以外はずっとこの本を読んでました 「幻夜」 700ページ程度の本なんだけど おもしろくって途中でやめることができなくって、ほとんどいっきに読みました。 阪神淡路大震災からはじ… このレビューの続きを見る

3.7

幻夜/東野圭吾

01:33:By

周りの人間を絶対服従させるために、レイプだってするし、邪魔な人間は簡単に殺したりする。しかも自分は一切手を汚さない。汚すのは一番側にいる男だ。男は女が愛してくれていると信じて、次々と犯罪に手を染めて… このレビューの続きを見る

[book] 東野圭吾 「幻夜」

18:26:By Eple

文庫で約800ページというボリュームに惹かれて買ってみました。読んでから知ったのですが、「白夜行」の続編だとか。「白夜行」を読んだのがもうだいぶ前なので、まったくあらすじを覚えておらず、続編と言われても… このレビューの続きを見る

3.7

著者の博識に圧巻

22:01:By ★chu

この本の出逢いは 東野圭吾さんが好きやから、『探偵ガリレオシリーズ』以外にも 挑戦してみよう思って借りてみました 感想 ネタバレ注意 うーん・・・今読み終えたばっかりでちょっと動揺 率直に感想言ったら… このレビューの続きを見る

幻夜

11:03:By 受賞本

 幻夜  著者 : 東野圭吾  受賞歴 : 第131回直木賞 ノミネート         2004年傑作ミステリーベスト10 7位

シェアブログdokkoisyoに投稿  JUGEMテーマ:読書  「白夜行」第二部。しかし前作とは対極で、今回は主犯格の美冬と実行犯の雅也の関係が濃密に描かれている。話途中まで、もしかしたら前作の雪穂と亮介の間にも… このレビューの続きを見る

幻夜

04:51:By

 最後のページの最後の行を読んだ瞬間、なんだよーと思わず声を漏らしてしまったのですが、読みながら感じた違和感をよーく考えてみたらいろんなことに納得がいきました。そうか、そういう繋がりだったのか。… このレビューの続きを見る

3.7

幻夜 / 東野圭吾

14:51:By beyond my wish

「幻夜」読みました。 幻の夜を行く男と女。息もつかせぬ傑作長編! 阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野心を実現していく。だが彼女にも恐るべき秘密… このレビューの続きを見る

幻夜

20:10:By 虹までドライブ

『白夜行』の第二部だということは知っていた。 だけど、私がはじめこうだろう・・と思ってた予想とは違った。 そうきますか。だんだん解っていく過程はほんとおもしろい。 『白夜行』の二人が、全く自分の心… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review  とうとう読了。いやはや、もうすっかりこのクラスの厚さにに慣れたなぁ。何はともあれ、久々にbookreview更新できて嬉しい限り。 「 阪神淡路大震災の混乱の中で、衝動的に殺人… このレビューの続きを見る

最近読んだ中で一番の長編です。 物語は阪神・淡路大震災が起ったその日に衝動的に人を殺してしまった雅也が その現場に居合わせた見知らぬ女性・新海美冬と出会うところから始まります。 美冬と雅也の関… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 幻の夜を行く男と女。息もつかせぬ傑作長編! 阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野心を実現していく。だが彼女にも恐るべき秘密が。名… このレビューの続きを見る

東野圭吾「幻夜」。ドラマ化された「白夜行」の(一応の)続編という位置づけになっている本書は,のし上がろうとする女と,愛しているがゆえに女の言いなりになり罪を犯していく男の話です。ある意味では究極の献… このレビューの続きを見る

3.7

地震が怖い〜!

19:30:By ことなの森

「白夜行」に続く長編。どっしりと重くて暗ーい!物語の始まりは阪神淡路大震災から。被災地で出会った男女が生き延びるためにする様々な事件。ラスト、不死身の美冬が怖い。というか、伊藤潤二のマンガの「富江」みたい。余韻の残る終わり方。ぜひ続編を読みたい!

幻夜

19:38:By 不機嫌にっき

JUGEMテーマ:読書 阪神淡路大震災のさなか、瀕死の叔父にとどめをさした雅也。 しかしその行動はある女に目撃されていた。 女は雅也に手を組んで共に生きようと持ちかける。 上京し、彼女の指示のままに犯罪… このレビューの続きを見る

幻の夜を行く男と女。息もつかせぬ傑作長編! 阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野心を実現していく。だが彼女にも恐るべき秘密が。名作『白夜行』の興奮… このレビューの続きを見る

3.7

幻夜

00:12:By 幻想バイオレンス

結局、今日は片づけらしきことは出来なかったのでした。 殆ど睡眠と読書にあててしまった。 片付け途中で買うだけ買って放置してた本見つけちゃったんですね。

3.7

東野 圭吾【幻夜】

21:52:By

白夜行の続編(?) 後半である事実に気付き、愕然とした。 まだ読んでない人は白夜行から読んだ方が数倍楽しめると思う。 ストーリーは前作に輪をかけて憤り感が…。 読みながらやりきれない気持ちになるのは前… このレビューの続きを見る

3.7

幻夜

11:07:By 記録

JUGEMテーマ:読書

あの「白夜行」の続編、みたいに言われていたのだけれど、 結局、続編なの?そうでもないの? 読者にお任せだよ、ふふふ、ってわけなんですね。 白夜行、前に絶対買ったのに なぜかどうしても見つからない。 … このレビューの続きを見る

3.7

幻夜

11:12:By 氷河期世代からの主張

白夜行の続編的位置づけと認識のうえ購入。 『唐沢雪穂』らしき人物が、阪神淡路大震災で被災され亡くなられた方に『なりすまして』白夜行の時いじょうの魔性の女ぶりを現す。 中盤に差し掛かるころに『唐沢雪… このレビューの続きを見る

3.7

幻夜

23:27:By ただ本が読みたくて 

え!?何!?どういうこと?どういうこと_? って、気になって気になって読み進みました。 そして最後は、え!?なんで? なんでそーなるのーーーーでした。 読んでない人にはさっぱりわからないですよね(^^; 最… このレビューの続きを見る

3.7

幻夜

13:54:By

阪神大震災でなにがあったのか?ちゃんと知りたいな。

3.7

幻夜

14:28:By わたし日記

阪神淡路大震災の混乱の中で、出会った男女2人。 2人は、自分たちの幸せのため、悪事に手を染めていく。 しかし、その先に待っているのは、本当に幸せなのか? 800ページ近くある、長編小説ですが、3日間で読… このレビューの続きを見る

3.7

幻夜

16:55:By 後光の擦り切れ

悪女にさんざんこき使われて不幸になっていく男の物語。 惚れたらまけ。 男を手玉に取れる美女が羨ましい。 腹が立つけれど。

3.7

幻夜

20:32:By DQAC・?〜TO THE LEGEND〜

ついに? いやあっという間に読み終わりました。 読み始めから18時間ぐらいでしょうか。 800ページぐらいあったんだけど、、、。。。 『いつの間にやら本の虫』 とでも言いますか、本当に読み出したら寝る事… このレビューの続きを見る

3.7

幻夜

06:20:By 音楽と言葉

傑作、白夜行と対を成す物語です。 白夜行と比べると少し劣るかなといった印象ですが、 相変わらず素晴らしい出来です。

3.7

幻夜

13:36:By brilliant intellect

出版社/著者からの内容紹介 1995年、西宮。父の通夜の翌朝起きた未曾有の大地震。狂騒の中、男と女は出会った。美しく冷徹なヒロインと、彼女の意のままに動く男。女の過去に疑念を持つ刑事。あの『白夜行』の衝撃… このレビューの続きを見る

幻夜

18:23:By LIFE'S TOO SHORT!

会社の先輩からもらった本です。 阪神大震災の混乱の中で衝動的に人を殺してしまった男と、それを目撃した女。2人は共に手を組み東京へ行き、やがて悪の道へ手を染めて行きます。一言で言うならば『白夜行』の興… このレビューの続きを見る

東野圭吾『幻夜』 『白夜行』の“続編”。 『白夜行』では謎めいた人物が2人いた分,謎解きが明かされるまでに謎を解き明かすことができなかったけれど,『幻夜』では謎めいた人物が1人ということもあり,謎解き… このレビューの続きを見る

「白夜行」の続編と言う位置づけでよいのでしょうか?「白夜行」では、雪穂側からの絵は見えてきませんでした。雪穂に翻弄される、利用される、方面からの物語でした。今回はより美冬が近い存在。すぐに手が届く場所からの物語。

幻夜

22:37:By Random reading −濫読生活

「幻の夜を行く男と女。息もつかせぬ傑作長編! 阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野心を実現していく。だが彼女にも恐るべき秘密が。名作『白夜行』の興… このレビューの続きを見る

3.7

幻夜

08:17:By ★chocolate

東野圭吾の本は全て読みたい。 約800ページ。 文庫で1,000円は高いですw でも、 相変わらずの文章力で 一気に読めました。 「白夜行」三部作と呼ばれる第2弾。 「白夜行」よりさらに暗い暗い闇の中を … このレビューの続きを見る

最近読み終えたので、バッグの中の本を変えたら、バッグが軽く感じることったらない。 文庫とはいえ、京極夏彦バリの分厚さで、朝の通勤ラッシュ時には向かない本だ。 片手で読むのは辛かった。

3.7

幻夜

11:17:By Wonderful Life

これから読まれる方は, ここのレビューとか見ないで読んだ方がいいです。 白夜行を読まなくても楽しめますが, 白夜行を読んでからの方がさらに楽しめます。

3.7

幻夜

16:48:By ♪郵便箱♪

よみがえる「白夜行」の世界 この言葉に期待して、呼んでみました。 頁数は、白夜行と同じ位で読み応えはありました。 しかし、白夜行ほど面白くはなかったな〜っと感じました。 雅也と美冬の絆の強さがイマイチ納得できなく、 雅也が美冬の言うことを聞いて行動する理由が弱いかな〜っと思いました。 でもストーリーは、面白かったので頁数は多くても 飽きずに読みきることが出来ました。

「白夜行」の続編といわれている作品ということで、読んでみました。 3月に文庫本になった事で、本屋では白夜行の横に並んでおり気になってました。

3.7

幻夜

19:13:By Ocean Fruits

 かなり久しぶりに本読みました。またまた東野圭吾です。もう、彼の作品だと見境なく読んでる気がする。『幻夜』なんですが、『白夜行』のような感じです。続編と捕らえてもおもしろく読める気がします。僕はまっ… このレビューの続きを見る

ドラマ化されたりして人気のあった「白夜行」の続編ともいえる小説です。 ストーリーは、白夜行と似たような感じで、二人の男女が、 互いの過去を守るために、犯罪を犯し続ける…みたいな展開なので、 前作白夜… このレビューの続きを見る

白夜行との関連性がむんむんと 味わえる傑作。 一日で一気読み。 暗くて,怖かった・・ 主人公の美冬という人間がそれは 恐ろしくて・・ いろんなヒトが不幸な結果に。 東野さんファンサイトでも 共通点と矛盾点などを考察してるけど その真相は・・・?!

3.7

幻夜

21:11:By Lost in paradaise

「白夜行」の続編。 でも白夜行とどう繋がってるいるかは隠されてます。 読めば直ぐ「ああ…やっぱり」と思いますが。 以下ネタバレ含。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • 赤い指

    赤い指

    JUGEMレビュー件数:29

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 流星の絆

    流星の絆

    JUGEMレビュー件数:6

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 手紙

    手紙

    JUGEMレビュー件数:81

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 悪意

    悪意

    JUGEMレビュー件数:35

    Amazon評価平均:評価平均40

  • さまよう刃

    さまよう刃

    JUGEMレビュー件数:77

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 白夜行

    白夜行

    JUGEMレビュー件数:63

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 秘密

    秘密

    JUGEMレビュー件数:74

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 変身

    変身

    JUGEMレビュー件数:43

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 分身

    分身

    JUGEMレビュー件数:31

    Amazon評価平均:評価平均35