>
[Amazon] アヘン王国潜入記 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アヘン王国潜入記 (集英社文庫)
アヘン王国潜入記 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

アヘン王国潜入記

3.2 [3.2](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:36597位
  • Amazon価格:¥ 724
  • ユーズド価格:¥ 380
  • ISBN/ASIN:4087461386(集英社)
アヘン王国潜入記 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.2 [3.2]

本書は、著者がミャンマーの北部ワ州でケシを栽培し、アヘンを収穫するというノンフィクションである。この地域に滞在するのは難しいのだが、著者はそれをやってのける。村人達と共に寝起きをし、畑で農作業をする… このレビューの続きを見る

ゴールデン・トライアングルと呼ばれるアヘン生産地域に住みこみ、一緒になってアヘンを作ってみたというレポート。 麻薬がたやすく手に入るところへ行って溺れてみたレポとか、社会問題としての麻薬(=他人事)… このレビューの続きを見る

ケシの花、綺麗です… 【あらすじ】 ミャンマー北部、反政府ゲリラの支配区・ワ州。1995年、アヘンを持つ者が力を握る無法地帯ともいわれるその地に単身7カ月、播種から収穫までケシ栽培に従事した著者が見… このレビューの続きを見る

トラックバック企画のお題が「ありがとう」なんですが、 いやいや、今年はいっぱいの「ありがとう」があるんですが、 写真でうまく表現できるかなー。うーん。 というわけで、前の写真をひっぱりだし… このレビューの続きを見る

読みました。 高野さんはやっぱり凄い方だと思います。 1995年当時のミャンマー北部で、 蒔種から収穫まで単身7ヶ月、ケシ栽培に従事した日本人なんてこの方ぐらいです。 アヘン中毒にもなるし(笑)。 … このレビューの続きを見る

辺境探検家・高野秀行さんのビルマ旅行記が文庫化していたので、さっそく購入。で、一緒に買っといたラノベとどっちを先に読もうか考えつつ最初の1ページを読み比べた結果、どう考えてもその辺のファンタジーより… このレビューの続きを見る

関連する商品