>
[Amazon] I'm sorry, mama. (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

I'm sorry, mama. (集英社文庫)
I'm sorry, mama. (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

I'm sorry, mama.

3.1 [3.1](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:259334位
  • Amazon価格:¥ 649
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087462307(集英社)
I'm sorry, mama. (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.1 [3.1]

体調優れず

22:21:By 諦念爺日記

風邪具合、昨日と変わらず。 しんどかったが、約束通り、ハスラーで息子をショッピングタウンまで連れて行くことが出来た。 ほっ。 帰り道で立ち寄ったラーメン屋のラーメンが旨かった。 昨夜、夜食に… このレビューの続きを見る

 「I'm sorry,mama.」 桐野夏生 狂気の中年女性を描く問題作。(自分的には) 孤児院で育った稔と教師だった美佐江夫婦の話から物語は始まる。結婚20周年記念で訪れた焼き肉店で2人は同じ孤児院にいた松本… このレビューの続きを見る

児童福祉施設の保育士だった美佐江が、自宅アパートで25歳年下の夫と焼死した。その背景に、女の姿が浮かび上がる。盗み、殺し、火をつける「アイ子」。彼女の目的は何なのか。繰り返される悪行の数々。次第に明… このレビューの続きを見る

3.1

I'm sorry, mama.

22:28:By holiday

この話が面白いと思ってしまった私は変態なのかなあとか考えてしまう。 誰でも少しは知ってみたい、世の中の裏の世界の話、という感じ。 桐野夏生の作品にしては文章がとてもポップだった気がする。 全然清潔でも… このレビューの続きを見る

人はどこまで邪悪になれるのか。 児童福祉施設の保育士だった美佐江が、自宅アパートで25歳年下の夫と共に焼死した。 事件の背景に盗み、殺人、逃亡を繰り返す女、アイ子の姿が見える時、更なる事件が引き起こ… このレビューの続きを見る

自分の愚かさに気づかないほど愚かなことは 幸せなのかもしれない、なんて思っていたのだけれど それにも限度がある、と思った。 主人公のアイ子やその周りの人たちの それぞれの視点から語られていくのだけ… このレビューの続きを見る

3.1

I’m sorry、mama.

03:42:By 180°

何しろ主人公の名前が自分の名前と同じなので前から気になっていたのですが ハードカバーで買うのはもったいないので、文庫になるのを待っていました。 とりあえず、自分と同じ名前の主人公が次々と悪事を働い… このレビューの続きを見る

最近これほど読みづらい小説もなかったなあ。 何を目的に読めばいいのかわからんかった。 主人公に何らかの感情移入が出来なくては、なかなか読むのが辛いものだとよくわかった。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • OUT 下

    OUT 下

    JUGEMレビュー件数:9

    Amazon評価平均:評価平均35

  • リアルワールド)

    リアルワールド)

    JUGEMレビュー件数:13

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 緑の毒

    緑の毒

    JUGEMレビュー件数:1

    Amazon評価平均:評価平均30

  • だから荒野

    だから荒野

    JUGEMレビュー件数:2

    Amazon評価平均:評価平均35

  • グロテスク 下

    グロテスク 下

    JUGEMレビュー件数:3

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 錆びる心

    錆びる心

    JUGEMレビュー件数:6

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 残虐記

    残虐記

    JUGEMレビュー件数:13

    Amazon評価平均:評価平均35