>
[Amazon] 本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)
本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

本当はちがうんだ日記

おすすめ!3.3 [3.3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:88169位
  • Amazon価格:¥ 562
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087463532(集英社)
本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.3 [3.3]

穂村弘は歌人である。 私は短歌を読むのが好きです。 でもこの本はエッセイであって歌集ではありません。 このエッセイ、読んでいて居心地の悪い思いを何度となくしたのだけれど、 それは著者が自分のこと… このレビューの続きを見る

穂村 弘

12:42:By 花柄総レース

  よく見ているブログの人がおすすめしてたので読んでみた。 エッセイです。(ん?本当にエッセイって分類なのかな。よくわからん) 最初はね、なにいってんだこいつ って感じだけど、読み進めるとおぉってなること 書いてたような気がするようなしないような。 読んだの結構前だから忘れちったよー。 でもおもしろかったよ 自分じゃこういうの買わないから新鮮だったし。

関西行ってきた。台風に降られに行ったようなものでした。 初日に18きっぷで京都まで行って、むかし泊まったことのある二条城付近のゲストハウス(外に、キョウト・チーペスト・インとか書いてある。ほんとかな… このレビューの続きを見る

 最近は精神的な病気か、 他人と会って話すのが少し苦痛になってきた。 全く知らない他人や、店員さん、昔からの友人だったら 平気なのだが、たまに話す人がダメ そのときは良いのだが、家に帰ってからな… このレビューの続きを見る

どこまでもネガティブで小心者。考え過ぎで気にし過ぎで常に何かに怯えている。 エスプレッソが苦くて飲めない。主食が菓子パン。挫折する前に失望して嫉妬して。 惨めな人生を本当は違うんだと言い、人生のリ… このレビューの続きを見る

   前からちょこちょこ気になっていた歌人の穂村弘さんのエッセイを初めて 読みました。   エスプレッソの話からひきこまれて、一気に楽しく読んだわけですが、穂村さんの トホホ加減が自分と重なるとこ… このレビューの続きを見る

本屋で見つけて即購入。 「世界音痴」が2002年。 雑誌に紹介されていて興味を持ち読んだのがもう何年も前だ。 あの観察力と想像力(妄想?)。 これがたまらなくおもしろい。 でも、なんというか、不器用に生きながらも強いかんじ。 自分も不器用だからあの強さに憧れ惹かれるのかもしれない。 こちらも偶然見つけた。 クリスマススペシャル連載エッセイ。

関連する商品