>
[Amazon] 正義のミカタ I’m a loser (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

正義のミカタ I’m a loser (集英社文庫)
正義のミカタ I’m a loser (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

正義のミカタ I’m a loser

おすすめ!3.3 [3.3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:408065位
  • Amazon価格:¥ 792
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087465764(集英社)
正義のミカタ I’m a loser (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.3 [3.3]

正義のミカタ。 なぜカタカナで「ミカタ」なのであろうか。 「味方」じゃダメなのだろうか。 と、以前から気になっていた本を読んでみた。   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらす… このレビューの続きを見る

正義の味方 I'm a loser

12:09:By 形見箱

 正義について考えた。     なかなか面白かったが、入部の場面で天才的ハッカーとかプログラマーなど少し特異な才能を要求する感じを見せたのに、ほかのメンバーの能力がいまいち強調され… このレビューの続きを見る

  「正義とは何か?」 簡単に言えば、最終的には、それを考えさせられる本。 三浦春馬さんが感想を寄せていた通りだな、と思いました。 ----------- 主人公の観察力とギャグかと思う思考がツボです。 とっ… このレビューの続きを見る

平等な正義なんて存在しない。誰かを守るために、他の誰かを犠牲にするのもその人の「正義」だろうし、また別の大切なものを守るために、法を犯してしまうのもまた「正義」かもしれない。十人十色の正義があるはず… このレビューの続きを見る

高校時代、筋金入りのいじめられっ子だった蓮見亮太は奮起して、大学に入学する。履歴書に書くのも恥ずかしいとされる大学だが、新しい環境で人生を始める決意をしていた。ところが、こんなアホ大学にくるはずもな… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 いじめられっ子であった蓮見亮太は、念願の大学進学を機に、いじめられっ子から脱皮し、大学生活を謳歌しようと躍起になっていたのであったが、最悪なことに、いじめの張本人である畠田も同じ… このレビューの続きを見る

長編。 『元いじめられっ子、奮闘す!高校までいじめられっ子だった亮太は、  大学で「正義の味方研究部」に入部するが、果たして亮太は変われるのか?』 一気読み。コミカルで面白かった。もう一度は読まないけれど。

関連する商品

  • at Home

    at Home

    JUGEMレビュー件数:4

    Amazon評価平均:評価平均30

  • WILL

    WILL

    JUGEMレビュー件数:4

    Amazon評価平均:評価平均30

  • MOMENT

    MOMENT

    JUGEMレビュー件数:18

    Amazon評価平均:評価平均35

  • チェーン・ポイズン

    チェーン・ポイズン

    JUGEMレビュー件数:3

    Amazon評価平均:評価平均35

  • dele3

    dele3

    Amazon評価平均:評価平均40

  • FINE DAYS

    FINE DAYS

    JUGEMレビュー件数:20

    Amazon評価平均:評価平均35