>
[Amazon] なつのひかり (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

なつのひかり (集英社文庫)
なつのひかり (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

なつのひかり

3 [3](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:479449位
  • Amazon価格:¥ 626
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087470482(集英社)
なつのひかり (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3 [3]

なつのひかり

23:35:By 読書家宣言

 

「私」は来週21歳。ウェイトレスとバーの歌手という、2つのアルバイトをしている。「年齢こそ三つちがうが双生児のような」兄がいて、兄には、美しい妻と幼い娘、そして50代の愛人がいる…。ある朝、逃げたやどかり… このレビューの続きを見る

   パッセジャータで花をもらいました。  オープン3周年記念だとか。    最近少し気疲れしていたのでかわいい花束に癒されました。  すごく居心地の良い空間です。  ソファ席でくつろげて、考え事をし… このレビューの続きを見る

なつのひかり

01:14:By アマの脳みそ

この前読んだやつね。 つーか、他にも読み終えた本とか観終わった映画とか、色々あるんだけど、多すぎてとてもレポートしきれねぇ!! それでもこういう眠れなくてヒマな夜にちまちま紹介していくつもりだけどさ。 … このレビューの続きを見る

 「私」は来週21歳。ウェイトレスとバーの歌手という、2つのアルバイトをしている。「年齢こそ三つちがうが双生児のような」兄がいて、兄には、美しい妻 と幼い娘、そして50代の愛人がいる…。ある朝、逃げた… このレビューの続きを見る

なつのひかり

14:09:By

不思議な雰囲気の話。雰囲気っていうか不思議な話。一体なんなんだかよくわかんなくて、でも先が気になっちゃってぐいぐいと読んでしまう。これは、執着なのか、なんなのか、それともそういうものなのか。でも最後にはなんだか納得する結末だった。どう、ときかれるとこまるけどなんだか納得。江国さんの小説ってもっとリアリティのあるものが多いんだけどこれはなんだかもっとファンタジックだったなー。とゆうか境界的な。

以前、村上春樹を読んだときに今までにない作風でおもしろかったけどもうしばらくは「I Love me」な文章を欲していなかった。(という話しが会社でも話題に出た。すぐにお腹いっぱいになるということで)ただ、 … このレビューの続きを見る

3

なつのひかり

07:50:By Phantasmagoria

不思議な話。あんまり好きじゃない。解説流し読みして、少し分かったような……

「私」は来週21歳。 ウェイトレスとバーの歌手という、2つのアルバイトをしている。 「年齢こそ三つちがう双生児のような」兄がいて、兄には、美しい妻と幼い娘、そして50代の愛人がいる・・・・・。 ある朝、逃げたやど… このレビューの続きを見る

3

なつのひかり

00:57:By *本*わずらい

完全に異世界で現実主義のわたしにはとてもハードな内容でした。 なんとなく面白かったで済めばいいのですが、私にはとても難しすぎてそうも思えず、何となく撃沈。。。 江国さん作品が怖くなりました。

江國版、『ふしぎの国のアリス』、だと思った。 前半は、しごくリアルに物語が進んでいくのだけど、 だんだんおかしなことになってくる。 あの、ナポレオンというやどかり。 どんどん不思議なことが起… このレビューの続きを見る

とっても不思議なお話なんだけど読み終わると何だか爽やかな気分になる小説です 久しぶりに本を読んで新鮮な気持ちになりました やどかりさんがお茶目で可愛いですょ

20歳から21歳になる直前の一週間に、栞(しおり)は不思議な世界に迷いこむ。 やどかりを探しにきた隣室の少年。うす昏い階段で、壁を背にくすくす笑う意地悪な双子の姉妹。置き手紙をのこして姿を消した美… このレビューの続きを見る

ザルガニのナポレオン。 なんだかとても不思議な話。 多分それは最近あまりにもリアルというか、現実に近い本ばかりを読んでいたからこういう独特の世界観を持ったお話を読んだのが久しぶりだったからかな。彼女の文章が上手で現実と非現実を混ぜた世界をとても上手に表現したからだとも思う。 読み終えて、なんともいえない安心感があったともに久しぶりに再読したいと思った一冊です。

関連する商品