DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 夏と花火と私の死体 - 乙一 のレビュー全59件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 夏と花火と私の死体 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
夏と花火と私の死体 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

夏と花火と私の死体

おすすめ!3.5 [3.5](59件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:89995位
  • Amazon価格:¥ 454
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087471985(集英社)
夏と花火と私の死体 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(59件) 3.5 [3.5]

夏と花火と私の死体 乙一(著) 集英社(刊) 何時か読みたいと思っていた本。藤崎先生のイラストがカバーになってるのが、ナツイチのとこに並んでるのを、給料日に見ちゃって、そのまま衝動買いww← … このレビューの続きを見る

夏と花火と私の死体

21:44:By 屑紙

短編二本 文章が少し幼いと感じた ら 筆者が16、7歳の頃に執筆した作品でした 自分が十代だったら、この世界観にもっと酔えたかも 軽く読めるので学生の読書に向いてるかも かもかも 弥生ちゃんUZEEEEEEEEEEEEE!!!!!(すいません)

 2時間程で読み終えました。本作は1時間くらい古本市場の小説コーナーでうろうろしてて数冊手にとった一つです。乙一の作品は、『暗いところで待ち合わせ』が初読です。彼の作品にはとても引き込まれ、さく… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般    夏と花火と私の死体   乙一 著   ネタバレあります、ご注意くださいm(__)m

JUGEMテーマ:日記・一般  乙一は多分天才なのかもしれない。 なにしろ、乙一が16歳の時の作品で、処女作。 とにかく、表現力が素晴らしい、しかも、語る視点が「死体」である点がユニーク。 もう、10年… このレビューの続きを見る

高校生の天才作家と、解説でベタ褒めされてました。 確かに、高校生でこれはすごいなぁと思う。 この目線で書き続けて、書き通してるのがまずすごいし。 ただ、見つかりかけて見つからずに済むのがちょっとくどい… このレビューの続きを見る

友人にけっこう前から借りていたのに読んでいなかったやつを、昨日と今日で読んだ。普段全くと言っていいほど本を読まない俺でもスラスラと読めた。いやしかし、よくできてるなぁと思った。他の作品も、是非とも読みたいもんだ。俺のように普段本を読まない人にもオススメです。

本は読んでしまわないと片付けらんないんです!売る、あげる、永久保存どれかに分けねば!なので乙一さんのデビュー作読み始めました。16歳でこれ書いたってすごいです〜。どんどん読みたくて止まりません。読んでない本いっぱいあるから、次々に読まねば(*´・ω・`*)

九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。 こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。 次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及から逃… このレビューの続きを見る

九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく――。こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及から逃… このレビューの続きを見る

最初に読んだ乙一さんの作品がこれだったら私は他のに手を出していなかったかも(笑) 死体がストーリーテラーというのは面白かった。 おじいちゃんがおじいちゃんらしく「〜じゃ」と話すのには苦笑。 ただこれ… このレビューの続きを見る

あの夏、私は殺された。  9歳の夏休み、わたしは仲良しの弥生ちゃんに木の上から突き落とされて死んだ。その死体を隠そうとする兄妹の悪夢のような日々。のどかな田園地帯に起きた事件を、死体のわたしが語る… このレビューの続きを見る

あぁこれが原点か。と思った。物語に漂う不気味さ、淡々とした語り口、死体である私の自身を客観的に見つめる面白さ。荒削りながらも乙一作品に共通する魅力が沢山つまってる。言葉の組み合わせはまだぎこちないけ… このレビューの続きを見る

プレゼントで頂いた一冊。おお・・・ 16歳が書いたとは。殺された「わたし」に物語を語らせるなんてすごいなあ。夏休みに読みたいようなホラー小説。収録の「優子」はどこか江戸川乱歩・風な”怖いロマン”を彷彿させる。いるんだなあ (いたんだなあ)こういう非凡な少年が。10代だからこその薄情さと残酷さ・・・ なのかもしれないな。

JUGEMテーマ:読書  死体視点、かつ非常に淡々とした語り口がユニークで斬新なお話です。登場人物(死体を含めて)の心情がいまひとつわかならいというか、あまりに冷静すぎてできたらもう少し掘り込んでくれたらもっと色々考えさせられたのに・・・と思いました。しかし、作者の年齢を考えたらこれは間違いなく「鬼才」ですね。恐るべき子供たち。

内容(「BOOK」データベースより) 九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。次々に訪れる… このレビューの続きを見る

【粗筋】九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及… このレビューの続きを見る

乙一さん! すきー! そして本の最後によくある 解説みたいなの読むのも 好きなんだけどさ、 たまになにもないのとかあるよね! この本、 「私」は死んじゃうんだけどね 「私」目線で語られてるの それ、… このレビューの続きを見る

評価:★★★★★ 【あらすじ】 【夏と花火と私の死体】 9歳の私は殺された。一瞬の出来事だった。。。 だが犯人たちにとっては本当に長い4日間の始まりだった。相談できる人もいない犯人たちは私を必死で隠そうと… このレビューの続きを見る

これは読んどけ!私の愛読書ベスト3!2009〜小説編〜 乙一さんの小説は読んどけよ。 読んどけよ。

 【あらすじ】 9歳の夏休みのある日、私は、親友の弥生ちゃんに 木の上から突き落とされて殺されてしまった。 しかも、私の死体は、私が好きだった、弥生ちゃんの お兄さんの健くんと弥生ちゃんが連れ去って… このレビューの続きを見る

夏と花火と私の死体 この物語で乙一と出会いました 偶然にも著者の処女作でしたー   らっきー 16歳で書いた作品だなんて恐ろしいです 結果は簡単に予測出来ると思いますが とにかく終始「不気味」… このレビューの続きを見る

乙一スキーとしては、ほとんどの作品を読んでいるんですが。 このデビュー作から全ては始まったわけですね! 執筆時は若干16歳って・・・すごいよなぁ。 そして個人的に、帯の言葉が小野不由美っていうのがね。 … このレビューの続きを見る

  本日4つめ(4冊目)の更新! 最近、本読みまくってます(´`) 欲しい小説がいっぱいあって 大変だー! これも朝子の弟に借りて、 読みました(ω)♪ 2作入ってます。 「夏と花火と私の死体」 乙一さんはこの… このレビューの続きを見る

3.5

夏と花火と私の死体

23:26:By Y U P P Y

 乙一氏デビュー作。 小説の常軌を逸した、物語の数ページ目にして主人公が死に、死んだ「わたし」が一人称で語り続けるという手法。16歳でこんな小説書くなんてやっぱりただものではないと思います。 ストー… このレビューの続きを見る

3.5

BOOKs

21:46:By まりものまりも

   海の向こうでは、大統領選でオバマさんが大勝利を収めたようですね。  初の黒人の大統領ですね。このことで日本にどんな影響を及ぼすのでしょうか?  それにしても、なぜあんなに政治に熱くなれるんで… このレビューの続きを見る

第一人称が死体って、凄く斬新。 これを16歳のときに書いたなんて…!!

 こんばんは。  今日の感想文は、乙一さんの『夏と花火と私の死体』です。  また著者が偏っている気がします……。  本作は、『夏と花火と私の死体』と『優子』という、二つのお話が入った本です。が、文庫… このレビューの続きを見る

解説の小野不由美も書いていた(我孫子武丸と法月倫太郎との会話として)けれども、『わたし』の一人称なのに神の視点なのがすごい気持ち悪くてもやもやした。 映像ならあんまり違和感ないんだろうなーと想像しつつ読みましたが、主要な登場人物全員倫理観ぶっ飛んでいてついていけん!!!と思いました。 逆にもう一編の優子は可能だとしても映像では見たくない…無数の人形怖いよう(泣)

JUGEMテーマ:小説全般  乙一著『夏と花火と私の死体』を先日読了。  「わたし」の九歳の夏休みに起きた事件。友人の弥生ちゃん、その兄の健くんは大人の目をかいくぐり、なんとか「わたし」を隠そうとする――  同名の中編(かな?)と、『優子』という短編が収録されてます。  ホラーらしい。  以下、ネタバレありの感想。 JUGEMテーマ:読書

九歳の夏休み、わたしは友達の弥生ちゃんに殺される。 そんな死体のわたしを、大好きだった弥生ちゃんのお兄ちゃんと弥生ちゃんの手によって、隠されるのだ。 殺してしまった友人の女の子を、二人の兄弟が必死… このレビューの続きを見る

乙一のデビュー作品らしい。 これも暗黒童話同様ジャケとタイトル買い。 内容は斬新。 死体がストーリーを客観的に語っています。 主人公を殺しちゃった(不可抗力でしたが)女の子と そのお兄ちゃんが死… このレビューの続きを見る

ホラーだと思って読むとそうでもないのかもしれないけど、私はどうしても主人公に感情移入してしまうから色々と怖かった。でもこれが乙一さんの世界なんだと思う。何だかんだ言って、引き込まれるように一気に読んでしまった。

今更ながら読んでみたり。 以下ネタバレ。

我が道を往く人、乙一。 本来、そうであって当然の世界をあっさり無視して自分の世界を広げる。 五月(さつき)が死ぬことは誰もが想像する。タイトルで死んでるし。 それでも五月が死んだとき、ちょっと驚いた… このレビューの続きを見る

○夏と花火と私の死体  この物語の語り手、五月ちゃん。  彼女の死体を巡る話。  一番特殊なのはやっぱり物語を語っている主人公が  死体ということだと思います。  死んでいる、ではなくて、死体。   … このレビューの続きを見る

九歳の夏休み、私は殺されてしまったのです……。少女の死体をめぐる兄妹の暗黒の冒険。斬新な語り口でホラー界を驚愕させた、天才少年・乙一のデビュー作、ついに文庫化。 乙一さんの作品で一番最初に読んでいた… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 なぜか妹に先に読まれてしかもややネタバレされてしまったので、先入観なしに読むことはできませんでしたが、異色異色と言われてただけはあって結構面白かったです。 ただ二番目の話は話を… このレビューの続きを見る

こんにちは、乙一が結構好きな、水戯です。 さてその乙一さんのデビュー作(だったはず)「夏と花火と私の死体」です。 タイトルから解るとーり、これを書いたのは黒いほうの乙一さんです。 白いほうだったら… このレビューの続きを見る

初めて読んだ乙一さんの作品。 小説読み終わった後に表紙を見ると「あぁ」って納得できる物語です。 小学生の兄妹が殺人を隠蔽するべく、必死に切り抜けていく一夏。 兄と妹と妹の友人。 この中で死体にな… このレビューの続きを見る

 やっぱ眠いので感想は省略。さすがに16歳の時に書いたとだけあって、読みにくいことこの上なかったです。なんかひぐらしっぽい。でもサスペンスっていう視点から見たら面白いのかな?

9歳の少女が友達を殺してしまい、死体を隠すために奔走する4日間の話。 びっくり情報1。これを執筆したのは乙一さんが16のとき。 ってすごすぎるよ! びっくり情報2。そりゃあもちろん、この本の結末。… このレビューの続きを見る

夜道、車に乗ってジャンはどこかに行こうとしていました。 ふと、道を見るとライトに照らされて何かが道の上に横たわっていました。 近づくとそれは人のようでよく見ると死んでいるのです。 ジャンは踏まないよ… このレビューの続きを見る

九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及から逃れ… このレビューの続きを見る

まだタイトルにある「夏と花火と私の死体」しか読んでないけど、この話は個人的にすごく好きなので、ちょっとお勧めしてみようと思う。 これは「私」が殺されて、その「私」視点で描かれるお話。表現の方法が独特… このレビューの続きを見る

乙一氏の作品を久しぶりに読みました ・・・と言っても、彼の作品は映画がキッカケで「暗いところで待ち合わせ」を一作読んだだけなのですが・・・。 とても独特の雰囲気のある作家さんだな〜と思いましたよ この作品… このレビューの続きを見る

乙一が16歳の時に執筆したデビュー作 死体が語って話が進んでいくなんて不思議でした

今更ながらデビュー作読了です。しかし、読みやすい。評判通りの満足の出来。 9歳の夏、わたしは死んでしまう。そして死体を処理しようとする幼い兄妹。大人たちの目を掻い潜って死体を運び隠し続ける緊張感溢れ… このレビューの続きを見る

二人の子供が死体を隠す、隠すと見つかりそうになる、発覚を恐れて死体を移動させる、という一連のサスペンス演出がすごい。スリリングな展開で読者を飽きさせないような工夫と、緊張感を煽る描写と、余計なものが… このレビューの続きを見る

−あらすじ− 九歳の夏休み、少女は殺された。 あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。 こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。 次々に訪れる危機。彼らは… このレビューの続きを見る

晴耕雨読という事で、雨の間に沢山本を読みたいです。 乙一さんの作風はやっぱり好きです。簡潔なんだけど描写が凄く細かくて、現実的じゃないのに現実的で、さらさらと読めちゃう。独特の雰囲気を持ってますよね。 最近自分の本の好みがわかってきました。

乙一のデビュー作なんだそうな。 好きな人を取られたくない。好きなものを取られたくないという気持ちは 子供のほうが素直に、時に残酷なまでの意思表示をする。だから私は子供が嫌い そして子供は純粋な者だ… このレビューの続きを見る

私は同学年の弥生ちゃんに殺された。木の枝で私と弥生ちゃんは健くんを待っていた。健くんは弥生ちゃんのお兄さんだ。私は健くんが好きなことを弥生ちゃんに告白した。そのとき、弥生ちゃんの掌が私の背中を押した… このレビューの続きを見る

死んでしまった「私」が語り手の物語。 子供が主人公なのに、殺人事件がテーマってのが面白い。 大人が主人公なのと比べて、全体的にアバウトな計画なのがユニークで、 ハラハラドキドキさせられて楽しめた。

すごい・・・。 それしか言いようが無いよ?だって16歳で書いたんでしょう?! あぁその才能を耳掻き一さじ分けてもらいたい。 本当、乙一さんの頭の中覗いてみたいですね。 殺された私の死体を、私の好き… このレビューの続きを見る

そうそう。昨日は静岡で夏日だったらしく。春なのに夏かよってね。で、夏と言えば海外だよ(いきなりなにさー)。っていうのも私の学部、海外1か月ぐらい行かないと単位もらえないんだよねー。ってか卒業できない。ど… このレビューの続きを見る

このブログにレビュー機能があることを知らなかった。 という事で感想文三回目にして初のレビュー機能初挑戦。 夏と花火と私の死体 ★★★★★ 九歳の少女が同級生に殺され、 殺人者とその兄が死体を見つからないように隠し続ける。 ネタバレ含むため、未読の方は注意。

3.5

夏と花火と私の死体

16:46:By T_plus!

インパクトはあった記憶があるんだけど、実はあんまり覚えてない…(笑) 初めて読んだ乙一作品。 生理的嫌悪とか、そういうのを感じるホラー。幼い子供たちによる殺人劇とその他諸々。 見る視点がおもしろくて、… このレビューの続きを見る

関連する商品

  • 平面いぬ。

    平面いぬ。

    JUGEMレビュー件数:15

    Amazon評価平均:評価平均35

  • ZOO〈2〉

    ZOO〈2〉

    JUGEMレビュー件数:22

    Amazon評価平均:評価平均35

  • ZOO〈1〉

    ZOO〈1〉

    JUGEMレビュー件数:32

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 失はれる物語

    失はれる物語

    JUGEMレビュー件数:37

    Amazon評価平均:評価平均35