DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed プリズンホテル〈1〉夏 - 浅田 次郎 のレビュー全16件 JUGEMブログ

>
[Amazon] プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)
プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

プリズンホテル〈1〉夏

おすすめ!3.8 [3.8](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:3199位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087473295(集英社)
プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.8 [3.8]

 JUGEMテーマ:小説全般昨年のたくさん読んで楽しんだ浅田作品。今年もできる限りたくさん読んでいきます『プリズンホテル』は任侠団体が運営する「その筋の方」も楽しめるホテル。中にはそれを知らずにやって… このレビューの続きを見る

極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は驚いた。たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵が温泉リゾートホテルのオーナーになったというのだ。招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用。人… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 極道小説「仁義の黄昏」シリーズがそれなりにヒットし、日記作家として名前が売れている木戸孝之介は、ある日、叔父であり、シリーズの主人公のモデルでもある仲蔵叔父から、自分が経営をはじ… このレビューの続きを見る

  任侠団体専用(?)の不思議なホテルに集まる人々の笑いと涙の傑作コメディ。泣けます。笑えます。癒されます。浅田次郎の初期を代表する大傑作シリーズ堂々の文庫化。(解説・草野満代) 夏 極道小説で… このレビューの続きを見る

浅田次郎すすめるならコレをすすめたい、大好きな作品。 集英社文庫から夏・秋・冬・春の全4巻。春が最後なので御注意を(巻数ついてるけどね)。 やくざの親分が旅館を経営しはじめた。 地元ではプリズンホテルと呼ばれているそこは任侠の団体様御用達のホテル。 つまりは普通のホテルに泊まれないようなわけアリの方が泊まれるわけで、そうなるとわけアリのお客様が泊まるようになるわけで・・・。

あーもう読んでからだいぶ経ってしまった。。。鉄道員に続いて2度目の浅田作品にして4冊シリーズの大作でした。けっこう読むの時間かかったけど、たっぷり時間があったら一気読みしたい本。===▼memo過去に母に捨て… このレビューの続きを見る

道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は驚いた。たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵が温泉リゾートホテルのオーナーになったというのだ。招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用。人… このレビューの続きを見る

プリズンホテル

00:59:By mariblo

何気に初めての浅田作品。おもしろいぞ。ヤクザが経営する温泉旅館に泊まるいろんな人たちの物語。春夏秋冬と4本立てなのに、なぜか順番は夏から。完全に間違えて最初は春を1冊だけ買ってしまった。悔しくて、こないだ下北沢で残りの3冊全部買ってやった。家に読む本のストックがあるって素敵。なんだか安心するのはなんでだろうな。

 極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は驚いた。たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵が温泉リゾートホテルのオーナーになったというのだ。招待されたそのホテルはなんと任侠団体専… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 今更読んでみた。そして、うわあ、これ、いいわ。自分なら映像化したいと思う。でも、映画を見たいとは思わないけど。  しかし、小説家のニンゲンが最低で何ともな。ホテルのオーナー、かっこいいけど、支配人の方がかっこいい。極道をいい人的に扱いすぎてるのかもしれないけど、そこはオトナのお伽噺ってところで

浅田次郎は文句なしに面白い。 何が面白いってそのバタくささが最高なんです。飾り気のない木訥な、けれどいたわりと愛情に満ちた文章と展開に一喜一憂・感動と涙の繰り返し。で、それが実はものすごい知識に裏打… このレビューの続きを見る

これは私が今まで読んできた本の中で1番大好きで 人に自信を持ってオススメしたい本です。 夏・秋・冬・春と4冊の本なんです。 タイトルだけ見るとイカちい感じで敬遠してしまいそうなんですが、 中身は本当にあったかーい物語でした。 これも何度読んでも泣いてしまう本。

極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は驚いた。たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵が温泉リゾートホテルのオーナーになったというのだ。招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用。人はそれを「プリズンホテル」と呼ぶ―。熱血ホテルマン、天才シェフ、心中志願の一家…不思議な宿につどう奇妙な人々がくりひろげる、笑いと涙のスペシャル・ツアーへようこそ。

全4巻のこの小説は1巻のみしか読んでなかったので、夏休み課題図書に自ら指定して残りの3冊を読んでみた。 全4巻共通して言えるのは、とにかく登場人物がみんな個性的。 みんな大まじめに一生懸命なんだけど、それがかえっておもしろい。 最初はなんてひねくれたヤツと思っていた小説家が 読み進んでいくうちにどんどんいいヤツに見えてくる。 何度でも読み返したいと思えるお勧め本でございます

ここ数日はずっと浅田次郎の『プリズンホテル』を読んでいた。私は全然知らなかったのだけれど、漫画や映画にもなって、著者の出世作になった作品なのだとか。文庫版で「夏・秋・冬・春」の全4冊。やくざの親分が… このレビューの続きを見る

.........................  極道小説作家の木戸孝之助は、父が死ぬ前に「仲蔵のオジとは付き合うな」と言っていたのを思い出した。  そのオジが「今度リゾートホテルを作ったから遊びに来い」という。  孝… このレビューの続きを見る

関連する商品