DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 白夜行 - 東野 圭吾 のレビュー全63件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 白夜行 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

白夜行 (集英社文庫)
白夜行 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

白夜行

おすすめ!3.9 [3.9](63件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:4046位
  • Amazon価格:¥ 1,080
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087474399(集英社)
白夜行 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(63件) 3.9 [3.9]

東野圭吾氏の『白夜行』を読了。 本作、十年以上前の刊行物である。 なぜ、今さら手に取ったか。 理由は明快。 分厚かったからである。 文庫で3センチ以上の厚みを誇る。 昨今の文庫本は高額なので、 これ… このレビューの続きを見る

3.9

百夜行

21:47:By Wonderful Days

またまた東野圭吾の作品。 850ページくらいある超分厚い文庫本で、読むのに相当な時間がかかった。 途中で登場人物のあまりの多さに混乱するも、何とか最後まで読み切った。 桐原亮司と西本雪穂が共に行動するシーンはまったく描かれていない。 他の登場人物の行動を通して、2人が裏で繋がっていることが読み取れる。 こうした表現方法は非常に巧みで、改めて東野圭吾の文才に触れた瞬間だった。

まあ、非現実的な話ではあるけれど、絶対にこういう人生は送りたくない、と強く思ってしまいました。悲しすぎるし。。。やっぱり、幼少期の経験って、人生に大きく左右するのかしら。。それは、私自身、実感するこ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般  いや、だって面白いじゃん。笑 ・・・と昨日(今日未明)ブログで宣言したように(?)、今日は午後1時起きで(結局寝たのは未明5時近く;)、シャワー浴びて、TSUTAYA行って、DVD3… このレビューの続きを見る

  こんばんわ。 本年12冊目のレビューです。 映画やドラマにもなった東野圭吾氏の大ヒット作品。 前評判もよく、期待して読み始めました。 800ページを超える長編ですが、それを感じさせないぐらい一気に… このレビューの続きを見る

少女はただ・・・幸せになりたかっただけ・・・ 少年は ただ・・大好きな少女を 守りたかっただけ・・・ 少女は 父に死なれ母親との貧乏な暮らしの中で お金に物を言わせた 大人の男達の身勝手な欲望に 身を… このレビューの続きを見る

やっぱりすごいわー、東野圭吾。この本はほんまにパーフェクトにおもしろい。読了後も全てはなんだかやっぱり霧に包まれてる感じなのも、すごい。東野圭吾のように大金持ちのスター作家の本だと、すぐに斜め目線で… このレビューの続きを見る

白夜行

13:03:By 鬼日記4

映画「白夜行」を観ました。 テレビドラマの第一話にどハマリして(子役の福田真由子ちゃんに) 毎回観ていたので…。 原作の小説も読みました。 映画は、掘北真希ちゃんと高良健吾さんです。 2人をずっと追いかけ… このレビューの続きを見る

3.9

殺したのは、心

01:42:By Aeonian MATRIX

白夜行から学ぶ統合知.桜の木になろうをみていると,10年後の松井珠理奈に雪穂役をやってもらいたいと思える.この映画版を見る限り.鉄板少女が悪女をやっているのがよいのかも.生で映画をみたときのクライマッ… このレビューの続きを見る

3.9

白夜行

01:39:By 嘔吐

えっと、感情の起伏が激しくてすみません!!!!!! 今日は死ぬほど楽しかったです。こんなに笑ったの本当に数ヶ月ぶりです。生きてるって感じました。ここのところずーっと落ちてたからその反動なのかも知れ… このレビューの続きを見る

3.9

百夜行とGANTZ

23:37:By Aeonian MATRIX

映画版 白夜行とGANTZをみてきました.白夜行の小説はまだ読んでません.ドラマも珍しくみていません.綾瀬はるか主演なのにチェック不足でした.というわけで,先入観なしでみれたはずのこの映画.高良ってなんに… このレビューの続きを見る

 もう少しで映画化されるらしいですね、この作品。だからと言って読んだわけじゃないんですが、この作品で初めて東野圭吾が面白いと思った。今まで何冊か読んだんだけど、どうも物語の深みが足りないというか、決… このレビューの続きを見る

今更ですが、読みました。「白夜行」東野圭吾。昔、「秘密」の映画を観ました。とても面白かったのですが、なんとなく最後がモヤッとして、原作の最後の章だけ読みました。衝撃でした。あのラストに勝る作品が他に… このレビューの続きを見る

幻夜も面白かったが この白夜行も引けを取らない面白さだった ストーリーの感じは似ているのだが 内容は全く異なっている しかし その展開の感じや時折出てくるワードに共通な感じがあることから 続編かと思ってしまうほどだった 27作目

ず〜っと以前に買った「白夜行」をいよいよ読み始めました〜 800ページ以上の本なので買ってからグズグズしていたらドラマ化しちゃったでしょう〜 ドラマでも見ちゃったら800ページを読む気力がなくなっちゃ… このレビューの続きを見る

 迷宮入りした事件に関わった二人の少年少女に十九年の間起こり続けた数々の事件と、発端になった事件の真相をずっと追っている刑事の話。  恐ろしく巧いなあと思うのは、登場人物にとっての偶然が読者には必然… このレビューの続きを見る

小説

22:26:By オタ記

小説を地味に書いているのですが(いわゆる二次創作)最近疑問に思うことがあってね。 なんていうんだろうか。 背景をうまくかけない。 というのも 直接的に表現してしまいがちなんだよなー もっといろんな表現方… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ 明日12/28 12:00〜 スカパー TBSチャンネルで、「白夜行」を一挙放送します。原作は、東野圭吾の小説ですが、主人公の心理描写をほとんど描かない構成の変わった小説で、心理を読者… このレビューの続きを見る

TV drama.

12:59:By

テレビドラマ、見る? 白夜行をうちの人に読んでもらってたんだけど 昨日読み終わったらしい。 なんか「はあ〜っ・・・」ってなるんだわ って感想を伝えてたんだけど、 やっぱり「はあ〜っ・・・」ってなったらし… このレビューの続きを見る

3.9

白夜行

00:13:By sablog8

この分厚い本を読んだ。それだけで満足! ドラマを見ていて、あまり気持ちの良い内容じゃないことはわかっていたので 驚きとかはなかったけど でも、話の進行の仕方(?)構造とでも言うのだろうか(?) それが特徴なのかな〜 とおぼろげながらに感じて そこらへんはなんかすごいなと思った。 これで、先月のお給料日に買った3000円分の本は 全部読み終わった〜。 次のスッテップに進むぞ!オー!

一気に860ページ読み終えてしまいました!! 私にとっては、かなり切ないお話でした・・・ やっぱり、究極の「純愛」「初恋」だったんだと思います。 「R&Y」は「亮司&雪穂」なんだよね!!(Rは養母@礼子だ… このレビューの続きを見る

  さんざん懲りたのにもかかわらず、またこの人。 でもこれは本当に、5年位前からずっと読みたかったの。 ドラマも好評?だったみたいだし。 で、期待に胸躍らせ読ませていただきました。 面白かったですよ。… このレビューの続きを見る

3.9

白夜行

23:09:By Monkey Walk

久しぶりに800ページを超える長編を読みました。 以前に東野圭吾さんの「幻夜」を読んでから、いつか読もうと思っていた一冊。 父親を殺された少年・桐原亮司、容疑者の娘・西本雪穂。 一つの事件を共通点に持つ… このレビューの続きを見る

  職場の人に薦められて読む。 とても久しぶりの東野圭吾さんの本。 好きなものもあれば ピンと来ないものもある。 まぁ、全部あたり!と感じる作家さんなんて そんなにいない。 それは、読み手である私の… このレビューの続きを見る

いい話。

08:59:By Exit

  これ大好きだったなー。 ドラマも良かった。 泣いて泣いての毎回だったけど、いい話だよね。 また見たいなー。

3.9

白夜行/東野圭吾

10:46:By

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂───暗い目をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、… このレビューの続きを見る

白夜行

21:10:By 受賞本

 白夜行               ドラマ化  著者 : 東野圭吾  受賞歴 : 第122回直木賞 ノミネート         2000年このミステリーがすごい! 2位         2000年本格ミステリ・ベスト10 9位         ベスト・オブ・ベスト 10位タイ         1999年傑作ミステリーベスト10 1位

3.9

『白夜行』

13:47:By betawave

 割と前に某Pに勧められた本。その時『手紙』は読んでて、「何か物足りねーんだよなー」とか言ってたら「お前はこっちの方が好きかも分からんね」というやり取りがあって。  今考えたら、スジは『テロリストのパ… このレビューの続きを見る

3.9

「白夜行」

13:53:By 未来報

JUGEMテーマ:ミステリ  こういった長篇ミステリーにありがちな、饒舌に書き過ぎているところもなく、辻褄に大きな破綻もなく、おもしろく読み終えた。 雪穂と亮司の二人に内面を語らせなかったところも、効… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:読書 先にドラマを見た。 しかも再放送で、あたま数話を見てない。 話の展開は何とかついて行けるが、どうしても全体像が気になってしかたが無いので本を買ってしまった。 設定、かなりいじ… このレビューの続きを見る

3.9

白夜行

23:45:By beyond my wish

「百夜行 / 東野圭吾」やっと読み終わりました。 1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と「容疑者」の娘・西本雪穂---暗… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 友達が東野圭吾大好きで、「白夜行」に関してはDVDBOXも買ってしまったというハマリ具合。 そんな友達がよく薦めてくれてたのに、私はイマイチ乗り気ではなく、「んー」って感じでスルーしていま… このレビューの続きを見る

 出版社/著者からの内容紹介 19年前の大阪の質屋殺し。 迷宮入りしたこの事件に関係した少年と少女が歩んだ道は…。 絶望の白い光の中、魂の荒野を行く男と女を、 叙事詩的スケールで描く傑作ミステリー長篇。 (解説・馳 星周) *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Novel Review:白夜行

16:13:By Sharp...

  百夜行 / 東野圭吾:★★★☆☆ 実をいうと東野圭吾の作品を読むのがこの「白夜行」が初めて。知人が面白いというので興味本位で手にとってみたのが、なるほど面白い。 ミステリーの最大の定義である謎がこの本… このレビューの続きを見る

3.9

白夜行 (集英社文庫)

11:01:By 読書LOG

 

3.9

白夜行 (集英社文庫)

22:00:By 読書LOG

 

3.9

東野 圭吾/白夜行

23:11:By

(少しネタバレしています。これから読む方はお気をつけください。)

白夜行 (集英社文庫)

20:54:By えび天

逃避しています。 こんな分厚いの、読み出して少し重くて置いてたら、深夜にドラマ化された分の再放送が始まって、 話が、、、結論から始まってしまい、、、戸惑ってました。 失敗した。これは原作読まなきゃミ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review  ずーっと読もう読もうと思っていて、やっと読み終えることができたこの白夜行。何年か前、ドラマをやっていたんだけど、それを欠かさず見ては毎週号泣してた思い出の作品。ドラマを… このレビューの続きを見る

早いですねー(*´∀`*)もう11月 冬はおしゃれが楽しい季節です 先生のおすすめで「白夜行」を読みました! なんか胸がもやもやする感じw 大阪弁は慣れてないので、若干読みづらい部分もありました(・ω・) ストーリー的にはとても面白い

JUGEMテーマ:東野圭吾 ブックマン: WEBサイトに記事掲載!関連本レビュー: 東野 圭吾*『レイクサイド』*『探偵ガリレオ』*『容疑者Xの献身』*『夜明けの街で』 *『流星の絆』

3.9

白夜行

22:08:By 思いて学ばざる日々

ひとりよがりに寒い! といったらこの作品をおいて他にない! TVシリーズの方はどんな話かサッパリ知らないのですが、原作は本当に寒いです。 時代時代でうまく世相を捉えつつ、目に映るもの全てを貪欲に食… このレビューの続きを見る

大阪の廃墟ビルで殺人事件が起きた。 その事件は容疑者が確定しないまま結局迷宮入りとなる。 被害者の息子、桐原亮司と容疑者の娘、西本雪穂。 事件から19年。その間この2人は特に接点を持つこともなく別々… このレビューの続きを見る

★★★☆☆ 遅ればせながら読ませていただきましたよ。 おもしろかった〜! かなり分厚い本で読み応えがありました。 ジャンルは、人間の暗い部分を描く「ノワール」というものだそうで 終始ダークな感じ。 19… このレビューの続きを見る

3.9

白夜行

19:11:By Shima-cogi on the Masuroom

調にもらった本。 分厚すぎw でも面白いぞこれは!! 東野圭吾の作品は時生(トキオ)しか読んだことなかったけど人気出る理由がわかった。 ドラマも見たことなかったし、山田孝之と綾瀬はるかだから恋愛もの… このレビューの続きを見る

3.9

白夜行

01:23:By リトル・ミィのblog

読みました。854ページの大作。 おもしろかったです。 推理するのも、謎が解けては謎が生まれる展開も。 だんだん登場人物が増えていって、物語が拡散しているようで、 核心に近づいていく感じ。 ただ……!! (ここからは物語の内容に触れるので、  これから読む人は読まないほうがいいですよ!)

前作「秘密」で、温かくて切ない物語を紡いだ東野圭吾が、今回は読む者の心を冷え冷えと切なくさせる。 1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。最後に被害者と会った女がガス中毒死して、事件は迷宮入りする。物… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 初☆東野圭吾! 大阪の廃墟ビルでおきた殺人事件。 被害者の息子・桐原亮司と容疑者の娘・西本雪穂 工学知識を活かしパソコンショップを経営しながら、ハッキングや人気ゲームの海賊… このレビューの続きを見る

3.9

白夜行

00:25:By シネマラソンな日々

今世間では、「東野圭吾」「東野圭吾」と、彼の作品がまさに ”蔓延”していますね。 次から次へと精力的に執筆し、出版する東野圭吾。いつのまに あんなペースになったのか(笑)、デビューの直後はそうでも な… このレビューの続きを見る

19年前(1973年)、大阪で起きた殺人事件。 何人もの容疑者が捜査線上に浮かぶが、決定的な証拠がないまま事件は迷宮入りに。 被害者の息子・桐原亮司と容疑者の娘・西本雪穂は、その後別々の人生を歩んでいくか… このレビューの続きを見る

悪い女は、世にはびこる・・・? ここに出てくるのは、本当に心底悪い女。 この世から抹殺してやりたいような、許せないくらい悪い女なのですが。 最後にちゃんと、警察の手からも逃げて(?)また、したたかに… このレビューの続きを見る

主人公2人の絡むシーンが描かれていないにも関らず、たくさんの伏線が張られていることにより、ふたりの絆を想像することが出来ます。 このあたりはさすが東野圭吾。面白かったです。 全ての発端が「ある事」に… このレビューの続きを見る

白夜行 ですよ。

21:54:By ユノコヤ

かなり、はまりました。 文庫なのに、この価格、そしてこの厚さ、そして重さ。 腱鞘炎になるっつの。 でも、いい。 腱鞘炎になって、治療代に500円くらいかかってもいい!!(安いな) 途中から、自分がどっ… このレビューの続きを見る

【白夜行 】

12:12:By T * Dogs

分厚かったぁぁ〜 やっと読み終わった。 最近は東野圭吾ばかりです。笑 深いんだなぁ〜、と思いますよ。1回読んだだけじゃ分かりきれない。本では、一度も、主人公の亮司と雪穂は接触しないのです。ドラマ… このレビューの続きを見る

3.9

白夜行

22:21:By くねくね式

この小説は凄いですね。 主要の人物達の心理描写がほとんど・・・?いや、全くないの。 彼らの周りで起こる不幸な出来事の数々。 人々の関わりや調査などによって、次第に浮き上がってくる真実らしきこと。 で… このレビューの続きを見る

3.9

白夜行

06:13:By 音楽と言葉

ミステリーとして最高峰ではないでしょうか。 ある事件が、その後の未来にまで深く影を落とす長編小説です。 時間の流れが大きく、主人公の成長と事件の影響が呼応していきます。

白夜行

10:21:By PLUS+NEKO

殺人事件の被害者の息子と加害者の娘の物語。 彼らはそれぞれの人生を歩んでいるように見えていたが、 ふたりの周囲ではさまざまな事件が起こっていく。 一度ついてしまった嘘のために、嘘に嘘を重ねていき、 … このレビューの続きを見る

先日、読んだ本です。これ、最近ドラマやってましたよね。 私は本を読んでいなかったから見ませんでした。 原作を見ずにドラマを見るのが好きではないのです。文章での表現と映像とが全く別物の場合があるし。 … このレビューの続きを見る

◆白夜行(東野圭吾) ◆内容 前作「秘密」で、温かくて切ない物語を紡いだ東野圭吾が、今回は読む者の心を冷え冷えと切なくさせる。 1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。最後に被害者と会った女がガス中毒… このレビューの続きを見る

ドラマやってましたね〜山田君。 実はドラマ始まる前に読んでたので、桐原のイメージに合わなくてショック。 もっと細面なイメージがしてたんだけど。 雪穂は綾瀬ちゃんでぴったりだったんだけどな、残念。 そ… このレビューの続きを見る

当時小学生だった殺人事件の被害者の息子と容疑者の娘。なんの関係もないと思われたふたりの人生は、ひそかに交錯していく。 たしかにこれは東野さんの最高傑作だなあと思いました。 これを、ドラマで「純愛」… このレビューの続きを見る

あの「手紙」の著者、東野 圭吾の「白夜行」をmomocoさんに借りて読みました。 単行本を借りたのですが、上下巻に分けたほうが良いのでは?というくらい分厚かったです。 実際こんな事があったら、怖いよなぁというような話でした。 ドラマ「白夜行」は見てなかったのですが、ドラマの方が分かりやすくなってるのかな。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • 手紙

    手紙

    JUGEMレビュー件数:81

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 分身

    分身

    JUGEMレビュー件数:31

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 容疑者Xの献身

    容疑者Xの献身

    JUGEMレビュー件数:141

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 幻夜)

    幻夜)

    JUGEMレビュー件数:51

    Amazon評価平均:評価平均35

  • マスカレード・ホテル

    マスカレード・ホテル

    JUGEMレビュー件数:6

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 時生

    時生

    JUGEMレビュー件数:33

    Amazon評価平均:評価平均40

  • さまよう刃

    さまよう刃

    JUGEMレビュー件数:77

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 流星の絆

    流星の絆

    JUGEMレビュー件数:6

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 秘密

    秘密

    JUGEMレビュー件数:74

    Amazon評価平均:評価平均40