>
[Amazon] 娼年 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

娼年 (集英社文庫)
娼年 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

娼年

3.2 [3.2](29件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:1578位
  • Amazon価格:¥ 440
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087476944(集英社)
娼年 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(29件) 3.2 [3.2]

本当?直木賞候補作だったとか。 で 映画化になったのかな。 なんとなくタイトルを目にすることが多く 興味本位で手に取った 久しぶりの石田衣良作品。   感想 一言。 「女性向きコミッ… このレビューの続きを見る

何でか行ってきました。 仕事が詰まっているというのに! 前回から続けてのノンストップ修羅場3連目なので、ちょっくら休憩。 アウトプットだけじゃ枯渇するので、インプット大事! 「娼年」は原作は未読です… このレビューの続きを見る

秋の読書

19:24:By Remedy

1ヶ月に本を読む冊数が減ってるそうですが 雑誌より漫画より 活字がスキなので あたしは平均5冊くらいかなー 第一に本を読むのに必要なのは本を読む時間ですね 時間に余裕があるので本を読みたくなる … このレビューの続きを見る

*娼年

22:39:By 本のなる木

女性の欲望の果てを見てみたい 『娼年』 石田衣良 ふとしたきっかけで娼夫として働くことになった20歳の大学生、リョウ。 娼夫として働く中で、彼はその才能を開花させ、 女性の欲望の果てを見てみたいと考… このレビューの続きを見る

娼年

19:56:By 書架の箱 

 高校2年の頃に読んだ小説。 最近、思い出して古本屋で早速入手。 主にはセックスの話だけど、なんか素敵なんだよな〜 真性のマゾヒストが痛すぎて読んでてあわあわなってしまった…あれはマジで怖い。 … このレビューの続きを見る

娼年/石田衣良

22:27:By bocchi no kobeya

久しぶりに石田衣良。 なんか読んだ事あるなぁと思ったら、 どうやら漫画化されて連載されてました。 でも、雑誌なんてどこで読んだんだろ?? まったく記憶にないなぁー。

この本についての話ではないんだけど、この本を読んでおもったことをまとめに 主人公が「その人が表を飾るなら僕はその表面だけが見たい」(ちょっと原文と変わってるかも)、みたいなことを言っていて、うんうん… このレビューの続きを見る

優柔不断な私とは違い、だんなさんの選択肢はいつもはっきりしてます。全く迷うことがない。不思議で仕方ない。この人の本が好きらしい。私の本のコレクションの中に数冊並べてあったので、読んでみた。ふうん。こ… このレビューの続きを見る

べーこんれたす。

22:02:By

最近読んだものたち。 というか統一性があまりない気がしたり。 ヴィクトリーロード。 結構おもしろかったです。 グロリーは読んだのがまだプレイ前だったので、ネタが分からなかったりしたのですが、 今回はわか… このレビューの続きを見る

   恋愛にも大学生活にも退屈していたリョウは、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に誘われ「娼夫」になった。 戸惑いながらも、さまざまな女性のなかに潜む、欲望の不思議に魅せられていく・・・。 「売春」をキレイに描き過ぎじゃないか!?と思いつつも、不思議と惹かれる優しさを感じた。 自分らしく生きるってどんなことかな〜とか、ちょっと考えてしまうわー。 (15日読了)

3.2

見て

04:42:By world without word

「乙一/ZOO」、「石田衣良/娼年」読了。ひきこもりでなくなった私は、精神的にちょっと弱い普通の人間なんだってそう考えると世界が遠のいていく気がする。私にも他人が人型ロボットのように感じて、その人型ロボッ… このレビューの続きを見る

 石田衣良さんの作品を読んだのは、実は2回目。 初めて読んだのは「アキハバラ@DEEP」。 (レビュー書いてなかったので、後で書きます。) 「娼年」は… ちょっと予想していた物語と違っていて、いい意味で期待を裏切ってくれたという感じ。 こういう物語好きです。 最近活字中毒の症状が戻ってきたので、夏の間にいろいろ読みたいと思います。 ジャンルも広げよう。

娼年

16:09:By 受賞本

 娼年  著者 : 石田衣良  受賞歴 : 第126回直木賞 ノミネート

3.2

娼年 (集英社文庫)

17:06:By 〜k.k.k〜

恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ、欲望の不思議に魅せられていく…。いくつものベッドで過ごした、ひと夏の光と影を鮮烈に描きだす、長編恋愛小説。

 IWGPの勢いのまま、石田作品を読んでいきたいと思い、とてもキャッチーなタイトルにひかれてついつい借りてしまった。 弟に借りた「チェチェンやめられない戦争」がまったく読み終わらないのにな・・・ … このレビューの続きを見る

cheap talk

02:04:By トミ★ブロ

就活始めたあたりから石田衣良をよく読むようになった。 けっこう東京では働きたくないって言う人いるけど あたしは東京嫌いじゃない。 なんかすべての人や植物やコンクリートやビルがパワーを放っててそれ… このレビューの続きを見る

3.2

娼年 (集英社文庫)

19:53:By きぶんや

JUGEMテーマ:読書 最近のお供はもっぱら石田衣良小説。 文章が巧いうえに読みやすいので、参考にするためでもある。 『娼年』というタイトルがまず素敵。 「しょうねん」という響きが危うくて好きなのです。… このレビューの続きを見る

3.2

娼年

20:49:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 娼夫リョウ、20歳の夏の光と影を描く物語。 虚ろな日々を送る大学生のリョウは、ボーイズクラブのオーナー御堂静香と出会い、娼夫となる。様々な女性が抱く欲望の深奥を見つめた20歳の夏を鮮烈… このレビューの続きを見る

娼年 (集英社文庫)

16:28:By 本棚

タイトルにつられて買いました。 初めて読んだ石田衣良さんの本でした。 なんか・・・面白かったんだけど微妙。 面白いんだけどね。 これを読んだときは、まだ感じなかったんだけど 次に買った短編集を読んだ… このレビューの続きを見る

3.2

娼年 (集英社文庫)

12:29:By ANESA

JUGEMテーマ:読書 主人公リョウ、20歳。つまらない生活を送っていたが、娼夫という決して表に出ることのない世界に入り込む。女性の果てしない欲望に気づき、仕事に没頭する。 わたしの生きている世界とはか… このレビューの続きを見る

まぁ〜〜なんとも過激な性描写が続いて東スポの中面読んでいるみたいな感覚。 人間の嗜好や感覚的な多様性、特に女性の欲望的なところにスポットを当て、モラル/インモラル、ノーマル/アブノーマルの境界なんて… このレビューの続きを見る

3.2

娼年

15:21:By pensiero!

バーテンダーの青年が、女性に喜びを与える仕事に楽しさを見つけ 色々な女性やその性癖に関わることで、自分の過去や内面を 改めて見直す・・・というような内容なのだけど 正しいことを言っている人が、必ずしも優… このレビューの続きを見る

3.2

娼年

21:19:By

リョウはとても魅力的だ。 とても清潔な娼年。 あたしの隣にも、リョウがいたら、 なにかが変わる気がする。

残り1ページを残し、眠ってしまった 一昨日。(最後の最後ってとこなのに!) そして昨夜、ようやく最期の1頁を 読み終え、読破。 ぅ〜〜ん。なんでしょ〜この読後感…。 (↑長嶋監督風) 今回、初… このレビューの続きを見る

3.2

娼年

23:05:By memo

2時間弱で読み終わりました。恋愛長編小説…やっぱ石田さんはミステリーとかのがあっている気がするけど、こういう娼婦とかそういう人を書くのは上手いなぁと思う。特に、語り口だか主人公の思いとか考えが… このレビューの続きを見る

大学生の男の子が娼夫を経験する中で成長して行く物語。 わりときれいな描写なので淡々と読めました。 変な言い方だけど、なんだか爽やか。 でも石田衣良は、エッセイのほうが好きかも。。

娼婦…ではなくて、娼年…ってことで、男の子の娼婦のお話。 けっこう生々しく書かれてるなぁ…ってな印象でした。 娼婦のお仕事ってのも色々大変なんですね^^;

この本と最初に出会ったのは生徒会室の机の上。ひと月位前の話です。 私の可愛がってる後輩の男の子が読んでいたので 「何読んでるのー」 とちょっかいかけたら、彼 「や 先輩は読まない方がいいッスよ」 な… このレビューの続きを見る

3.2

娼年

23:38:By DILLYDALLY'S OASIS

僕の目指すところです(笑。 これはすごく面白い本で 読んでいて ワクワク・ドキドキ・プリプリします。 ハードボイルドです。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品